アーロン・ヒューイ

歴史

1890年ウーンデッドニー虐殺の真実とその後の影響

ラコタ族の歴史と苦難を語る講演。1851年からの条約違反、1890年のウーンデッドニー虐殺、現在のパインリッジ予約地の厳しい現状に焦点を当てる。失業率85~90%、貧困、健康問題など、植民地化の影響が続いている。条約を尊重し、ブラックヒルズを返還するよう提唱。
スポンサーリンク