カーラ・E・ヤー・カーン

社会

遺伝性疾患を持つ女性が語る勇気で恐怖を持つことの大切さ

私は小さい頃から国連で働くことを夢見ており、その夢を実現しました。しかし、20代半ばに遺伝性インクルージョン体ミオパチー(HIBM)と診断されました。勇気を持って診断後も国際キャリアを続け、アンゴラやハイチで活動しました。グランドキャニオンの底まで降りる冒険を通じて、恐怖と勇気のバランスの重要性を学びました。
スポンサーリンク