ジュリアス・マーダ

政治

クーデターから民主主義へ:シエラレオネのリーダーシップの物語

1996年、ジュリアス・マアダ・ビオはシエラレオネで政治権力を掌握し、市民の生活を改善することを目指しました。しかし、民主主義が繁栄するためには、人々の意志に基づく基盤が必要であることをすぐに悟りました。彼は選挙を手配し、自発的に権力を放棄してアフリカを離れました。20年後、シエラレオネの大統領に民主的に選出された彼は、民主主義への道のりの遅さ、全ての人への教育の重要性、そして若いシエラレオネ人が成功するための支援に焦点を当てています。
スポンサーリンク