デビッド R. リュー

医療・医学

遺伝性疾患治療に革命をもたらすベースエディティング

この記事は、遺伝子編集技術の最新進展を紹介しています。ベースエディターと呼ばれる新技術は、CRISPRを利用し、単一のDNA塩基を別の塩基に直接変換する能力を持ちます。これにより、遺伝子疾患の原因となる点突然変異を修正することが可能になり、先天性疾患の治療に革新をもたらすと期待されています。研究は急速に進み、実用化に向けた可能性が広がっています。
スポンサーリンク