トニー・ルシアーニ

人間関係

認知症の母と過ごす毎日 カメラが繋げた親子の絆

91歳の母エリアとの共同生活を通じ、認知症の進行と老いを受け入れる過程で、カメラを使ったポートレート撮影を始めることで親子の絆が深まる。写真を通じて母の過去の記憶を共有し、日々の生活に新たな意味を見出す。エリアは現在介護施設におり、写真撮影は控えているが、母との時間を大切にしている。
スポンサーリンク