パトリック・シャパット

エンターテインメント

風刺画家の視点:20年の世界政治を振り返る

私たちは空気を必要とするのと同じようにユーモアを必要とすると、風刺画家のパトリック・シャパットは言います。独裁者やイデオローグから自撮りやソーシャルメディアの暴徒までを風刺するキャリアのハイライトを紹介しながら、シャパットは風刺の必要性について強調し、しばしば笑いを誘います。「政治漫画は民主主義とともに生まれ、自由が脅かされるときに挑戦される」と彼は言います。
スポンサーリンク