マイケル・ボティチェリ

医療・医学

依存症とLGBTQの苦悩を乗り越えた28年の回復の歩み

28年前、依存症とLGBTQの苦悩に苦しんでいた私は、法との関わりから回復の道を歩み始めました。オバマ政権下で薬物政策のディレクターに就任し、依存症の治療と公衆衛生の改革を推進。依存症に対する偏見と闘いながら、多くのアメリカ人が回復の道を歩むことを目指しています。依存症への理解と支援が、社会全体で求められています。
スポンサーリンク