マヌエル・リマ

歴史

人類の知識体系を進化させるネットワークメタファーの台頭

知識はどのように成長するのでしょうか? 時には1つの洞察から始まり、多くの枝に広がっていきます。情報グラフィックスの専門家であるマヌエル・リマが、情報の木を使って、言語から王朝までの1000年のデータマッピングの歴史を探ります。これは視覚化の興味深い歴史であり、人類が知っていることを地図にするという衝動を探るものです。
スポンサーリンク