モニカ・バーン

人生

永遠の命から永遠の愛へ:時を超えた発見

318歳の私は、永遠の命を追求し続けてきました。しかし、パートナーのナヴィードが私に教えてくれたのは、制約があるからこそ生命に意味があるということです。ナヴィードの死を受け入れ、彼女と共に地球に戻る決断をしましたが、触れ合いの感覚を失うことは耐え難いものでした。永遠の命を実現するために様々な試みをしましたが、最終的に理解したのは、命の終わりがあるからこそ、その間に意味が生まれるというパラドックスでした。
スポンサーリンク