インドの砂漠における16世紀以来の伝統的な雨水収穫技術の紹介

Anupam Mishra talks about the amazing feats of engineering built centuries ago by the people of India’s Golden Desert to harvest water. These structures are still used today — and are often superior to modern water megaprojects.

アヌパム・ミシュラは、何世紀も前にインドの黄金砂漠の人々が水を採取するために築いた驚くべき工学技術の偉業について、知恵と機知に富んで語ります。 これらの構造は今日でも使用されており、多くの場合、現代の水の巨大プロジェクトよりも優れています。

タイトル 水を採取する古代の創意工夫
The ancient ingenuity of water harvesting
スピーカー アヌパム・ミシュラ
アップロード 2009/12/04

「水を採取する古代の創意工夫(The ancient ingenuity of water harvesting)」の文字起こし

For emotions, we should not move quickly to the desert. So, first, a small housekeeping announcement: please switch off your proper English check programs installed in your brain.

So, welcome to the Golden Desert, Indian desert. It receives the least rainfall in the country, lowest rainfall. If you are well-versed with inches, nine inches, centimeters, 16 [centimeters]. The groundwater is 300 feet deep, 100 meters. And in most parts it is saline, not fit for drinking. So, you can’t install hand pumps or dig wells, though there is no electricity in most of the villages. But suppose you use the green technology, solar pumps — they are of no use in this area. So, welcome to the Golden Desert. Clouds seldom visit this area. But we find 40 different names of clouds in this dialect used here. There are a number of techniques to harvest rain. This is a new work, it’s a new program. But for the desert society this is no program; this is their life. And they harvest rain in many ways.

So, this is the first device they use in harvesting rain. It’s called kunds; somewhere it is called [unclear]. And you can notice they have created a kind of false catchment. The desert is there, sand dunes, some small field. And this is all big raised platform. You can notice the small holes the water will fall on this catchment, and there is a slope. Sometimes our engineers and architects do not care about slopes in bathrooms, but here they will care properly. And the water will go where it should go. And then it is 40 feet deep. The waterproofing is done perfectly, better than our city contractors, because not a single drop should go waste in this. They collect 100 thousand liters in one season. And this is pure drinking water. Below the surface there is hard saline water. But now you can have this for year round. It’s two houses. We often use a term called bylaws. Because we are used to get written things. But here it is unwritten by law. And people made their house, and the water storage tanks. These raised up platforms just like this stage. In fact they go 15 feet deep, and collect rain water from roof, there is a small pipe, and from their courtyard. It can also harvest something like 25,000 in a good monsoon.

Another big one, this is of course out of the hardcore desert area. This is near Jaipur. This is called the Jaigarh Fort. And it can collect six million gallons of rainwater in one season. The age is 400 years. So, since 400 years it has been giving you almost six million gallons of water per season. You can calculate the price of that water. It draws water from 15 kilometers of canals. You can see a modern road, hardly 50 years old. It can break sometimes. But this 400 year old canal, which draws water, it is maintained for so many generations. Of course if you want to go inside, the two doors are locked. But they can be opened for TED people.

And we request them. You can see a person coming up with two canisters of water. And the water level — these are not empty canisters — water level is right up to this. It can envy many municipalities, the color, the taste, the purity of this water. And this is what they call Zero B type of water, because it comes from the clouds, pure distilled water. We stop for a quick commercial break, and then we come back to the traditional systems. The government thought that this is a very backward area and we should bring a multi-million dollar project to bring water from the Himalayas. That’s why I said that this is a commercial break.

But we will come back, once again, to the traditional thing. So, water from 300, 400 kilometers away, soon it become like this. In many portions, water hyacinth covered these big canals like anything. Of course there are some areas where water is reaching, I’m not saying that it is not reaching at all. But the tail end, the Jaisalmer area, you will notice in Bikaner things like this: where the water hyacinth couldn’t grow, the sand is flowing in these canals. The bonus is that you can find wildlife around it.

We had full-page advertisements, some 30 years, 25 years ago when this canal came. They said that throw away your traditional systems, these new cement tanks will supply you piped water. It’s a dream. And it became a dream also. Because soon the water was not able to reach these areas. And people started renovating their own structures. These are all traditional water structures, which we won’t be able to explain in such a short time. But you can see that no woman is standing on those.

And they are plaiting hair.

Jaisalmer. This is heart of desert. This town was established 800 years ago. I’m not sure by that time Bombay was there, or Delhi was there, or Chennai was there, or Bangalore was there. So, this was the terminal point for silk route. Well connected, 800 years ago, through Europe. None of us were able to go to Europe, but Jaisalmer was well connected to it. And this is the 16 centimeter area. Such a limited rainfall, and highest colorful life flourished in these areas. You won’t find water in this slide. But it is invisible. Somewhere a stream or a rivulet is running through here. Or, if you want to paint, you can paint it blue throughout because every roof which you see in this picture collects rainwater drops and deposit in the rooms. But apart from this system, they designed 52 beautiful water bodies around this town. And what we call private public partnership you can add estate also. So, estate, public and private entrepreneurs work together to build this beautiful water body. And it’s a kind of water body for all seasons. You will admire it. Just behold the beauty throughout the year. Whether water level goes up or down, the beauty is there throughout.

Another water body, dried up, of course, during the summer period, but you can see how the traditional society combines engineering with aesthetics, with the heart. These statues, marvelous statues, give you an idea of water table. When this rain comes and the water starts filling this tank, it will submerge these beautiful statues in what we call in English today “mass communication.” This was for mass communication. Everybody in the town will know that this elephant has drowned, so water will be there for seven months or nine months, or 12 months. And then they will come and worship this pond, pay respect, their gratitude.

Another small water body, called the [unclear]. It is difficult to translate in English, especially in my English. But the nearest would be “glory,” a reputation. The reputation in desert of this small water body is that it never dries up. In severe drought periods nobody has seen this water body getting dried up. And perhaps they knew the future also. It was designed some 150 years ago. But perhaps they knew that on sixth, November, 2009, there will be a TED green and blue session, so they painted it like this.

Dry water body. Children are standing on a very difficult device to explain. This is called kund. We have, in English, surface water and ground water. But this is not ground water. You can draw ground water from any well. But this is no ordinary well. It squeezes the moisture hidden in the sand. And they have dubbed this water as the third one called [unclear]. And there is a gypsum belt running below it. And it was deposited by the great mother Earth, some three million years ago. And where we have this gypsum strip they can harvest this water. This is the same dry water body. Now, you don’t find any kund; they are all submerged. But when the water goes down they will be able to draw water from those structures throughout the year. This year they have received only six centimeters. Six centimeters of rainfall, and they can telephone you that if you find any water problem in your city, Delhi, Bombay, Bangalore, Mysore, please come to our area of six centimeters, we can give you water.

How they maintain them? There are three things: concept, planning, making the actual thing, and also maintaining them. It is a structure for maintain, for centuries, by generations, without any department, without any funding, So the secret is “[unclear],” respect. Your own thing, not personal property, my property, every time. So, these stone pillars will remind you that you are entering into a water body area. Don’t spit, don’t do anything wrong, so that the clean water can be collected. Another pillar, stone pillar on your right side. If you climb these three, six steps you will find something very nice. This was done in 11th century. And you have to go further down. They say that a picture is worth a thousand words, so we can say a thousand words right now, and another thousand words. If the water table goes down, you will find new stairs. If it comes up, some of them will be submerged. So, throughout the year this beautiful system will give you some pleasure. Three sides, such steps, on the fourth side there is a four-story building where you can organize such TED conferences anytime.

Excuse me, who built these structures? They are in front of you. The best civil engineers we had, the best planners, the best architects. We can say that because of them, because of their forefathers, India could get the first engineering college in 1847. There were no English medium schools at that time, even no Hindi schools, [unclear] schools. But such people, compelled to the East India Company, which came here for business, a very dirty kind of business … but not to create the engineering colleges. But because of them, the first engineering college was created in a small village, not in the town. The last point, we all know in our primary schools that that camel is a ship of desert. So, you can find through your Jeep, a camel, and a cart. This tire comes from the airplane. So, look at the beauty from the desert society who can harvest rainwater, and also create something through a tire from a jet plane, and used in a camel cart. Last picture, it’s a tattoo, 2,000-years-old tattoo. They were using it on their body. Tattoo was, at one time, a kind of a blacklisted or con thing, but now it is in thing.

You can copy this tattoo. I have some posters of this.

The center of life is water.
These are the beautiful waves.
These are the beautiful stairs which we just saw in one of the slides.
These are the trees.
And these are the flowers which add fragrance to our lives.
So, this is the message of the desert.
Thank you very much.

Chris Anderson: So, first of all, I wish I had your eloquence, truly, in any language.

These artifacts and designs are inspiring. Do you believe that they can be used elsewhere, that the world can learn from this? Or is this just right for this place?
Anupam Mishra: No, the basic idea is to utilize water that falls on our area. So, the ponds, the open bodies, are everywhere, right from Sri Lanka to Kashmir, and in other parts also. And these [unclear], which stored water, there are two types of things. One recharges, and one stores. So, it depends on the terrain. But kund, which uses the gypsum belt, for that you have to go back to your calendar, three million years ago. If it is there it can be done right now. Otherwise, it can’t be done.

CA: Thank you so much.

「水を採取する古代の創意工夫(The ancient ingenuity of water harvesting)」の和訳

感情に関しては、急いで砂漠に行くべきではありません。まず、ちょっとしたお知らせです:脳にインストールされた正しい英語チェックプログラムをオフにしてください。

では、ゴールデンデザート、インドの砂漠へようこそ。この地域は、国内で最も少ない降水量を受け取ります。最低の降水量です。インチで言うと、9インチ、センチメートルで言うと16センチ。地下水は300フィート(100メートル)深く、ほとんどの地域で塩分が含まれており、飲用には適していません。ですので、手ポンプを設置したり井戸を掘ったりすることはできません。村のほとんどには電気がありませんが、太陽光ポンプを使用してみても役に立ちません。それでは、ゴールデンデザートへようこそ。雲はこの地域をほとんど訪れません。しかし、ここで使われる方言には40種類の異なる雲の名前があります。雨を収穫するための多くの技術があります。これは新しい作業であり、新しいプログラムです。しかし、砂漠の社会にとってはプログラムではありません。これは彼らの生活です。そして、彼らはさまざまな方法で雨を収穫しています。

では、これが彼らが雨を収穫するのに使用する最初の装置です。これを「クンズ」と呼びます;どこかでは「不明」と呼ばれています。目に見えるように、一種の偽の貯水池を作成しています。そこには砂漠、砂丘、いくつかの小さな畑があります。そして、これはすべて大きな高いプラットフォームです。小さな穴があり、水がこの貯水池に落ち、傾斜があります。時々、私たちのエンジニアや建築家は浴室の傾斜について心配しませんが、ここでは適切に配慮します。水は必要な場所に流れます。そして、それは40フィート(12メートル)深いです。防水処理が完璧に施されています。都市の請負業者よりも優れています。なぜなら、ここでは一滴の水も無駄にならないようにしなければなりません。彼らは1シーズンに10万リットルの水を集めます。これは純粋な飲料水です。地下には硬い塩水があります。しかし、今では年間を通して利用できます。これは2つの家です。私たちはよく条例という言葉を使います。書かれたものを受け取ることに慣れています。しかし、ここでは書かれた法律ではありません。人々は自分たちの家と貯水タンクを作りました。これらはこのステージのような高いプラットフォームです。実際、これらは15フィート(4.5メートル)深くまで行き、屋根から雨水を集め、小さなパイプがあり、庭からも集めます。良いモンスーンでは、2万5000リットル程度を収穫できます。

もう1つ大きなものですが、これはもちろん砂漠地帯から外れたものです。これはジャイプル近くにあります。これはジャイガル城と呼ばれています。1シーズンで600万ガロンの雨水を集めることができます。築年数は400年です。つまり、400年間ほぼ1シーズンに600万ガロンの水を提供してきました。その水の価格を計算できます。それは15キロメートルの運河から水を引いています。現代の道路も見えますが、わずか50年ほどの歴史です。時々壊れることがあります。しかし、この400年前の運河は、何世代にもわたって維持されています。もちろん、内部に入りたい場合は、2つの扉が閉まっています。ただし、TEDの参加者のために開けることができます。

そして、私たちは彼らに頼みます。2つの容器を持って上がってくる人が見えます。そして、水位–これらは空の容器ではありません–水位はこのまで上がっています。これは多くの自治体が羨むことができるでしょう。この水の色、味、純度。これが彼らがゼロB型の水と呼ぶものです。それは雲から来る純粋な蒸留水です。ここで簡単な商業休憩を取り、それから伝統的なシステムに戻ります。政府はこの地域が非常に遅れていると考え、数百万ドルのプロジェクトをヒマラヤから水を引くために持ち込むべきだと考えました。だからこそ、これは商業休憩と言ったのです。

しかし、私たちは再び伝統的なものに戻ります。300、400キロメートル離れた場所からの水は、すぐにこのようになります。多くの部分で、水ヒヤシンスがこれらの大きな運河を覆っています。もちろん、水が届いている場所もあります。一切到達していないとは言いません。しかし、テールエンド、ジャイサルメール地域では、バイカーナーのような場所で、水ヒヤシンスが育たない場所では、砂がこれらの運河を流れています。ボーナスは、周りに野生動物を見つけることができることです。

私たちは、30年、25年前、この運河ができたときに、全ページ広告を出しました。彼らは、伝統的なシステムを捨てて、これらの新しいセメントのタンクが配管水を供給するだろうと言いました。それは夢でした。そして、それは夢になりました。すぐに水がこれらの地域に届かなくなりました。そして、人々は自分たちの構造物を改装し始めました。これらはすべて伝統的な水構造物であり、私たちはこのような短時間で説明することはできません。しかし、それらに立っている女性は一人もいません。

そして、彼らは髪を編んでいます。

ジャイサルメール。これは砂漠の中心です。この町は800年前に設立されました。その時点でボンベイがあったか、デリーがあったか、チェンナイがあったか、バンガロールがあったかはわかりません。これはシルクロードの終着点でした。800年前にヨーロッパを通じてよく繋がっていました。私たち誰もがヨーロッパに行くことができませんでしたが、ジャイサルメールはそれによく繋がっていました。これは16センチメートルの地域です。非常に限られた降水量でありながら、最もカラフルな生活がこれらの地域で栄えました。このスライドに水はありません。しかし、それは見えません。どこかで小川が流れているか、小川がここを通って流れているかもしれません。または、絵を描きたい場合は、この絵のすべての屋根が雨水を集めて部屋に堆積するので、青く塗ることができます。しかし、このシステムのほかにも、彼らはこの町の周りに52の美しい水域を設計しました。そして、私たちが私的公共パートナーシップと呼ぶものに、不動産も追加できます。したがって、不動産、公共および私的企業家が協力して、この美しい水域を建設しました。そして、これはすべての季節のための水域です。あなたはそれを賞賛します。一年中その美しさを眺めてください。水位が上がろうと下がろうと、その美しさは常にそこにあります。

もう1つの水域は、もちろん夏の間に干上がりますが、伝統社会が工学と美学、そして心を組み合わせる様子を見ることができます。これらの素晴らしい彫像は、水位の概念を与えてくれます。この雨が降り始め、水がこのタンクを満たし始めると、これらの美しい彫像は、私たちが今日英語で「大衆伝播」と呼ぶものに沈みます。これは大衆伝播のためでした。町の誰もがこの象が溺れたことを知るでしょう。だから水は7か月、9か月、または12か月間そこにあるでしょう。そして、彼らはこの池を礼拝し、敬意を払い、感謝します。

もう1つの小さな水域、[不明]と呼ばれます。特に私の英語では、英語に翻訳するのは難しいです。しかし、最も近いのは「栄光」です。この小さな水域の砂漠での評判は、決して干上がらないというものです。深刻な干ばつ期には、誰もがこの水域が干上がるのを見たことがありません。そして、彼らはおそらく未来も知っていたのでしょう。これは約150年前に設計されました。しかし、おそらく彼らは2009年11月6日にTEDグリーンアンドブルーセッションが行われることを知っていましたので、それをこのように塗りました。

干上がった水域です。子供たちは非常に説明が難しい装置の上に立っています。これを「クンド」と呼びます。英語では、地表水と地下水があります。しかし、これは地下水ではありません。あらゆる井戸から地下水を汲み上げることができます。しかし、これは普通の井戸ではありません。それは砂に隠された水分を絞り出します。そして、彼らはこの水を[不明]と呼んでいます。それは石膏帯がその下を通っている場所があります。それは約300万年前に偉大な母地球によって堆積されました。そして、石膏の帯がある場所では、彼らはこの水を収穫することができます。これは同じ干上がった水域です。今はクンドは見つかりません。すべてが水に浸かっています。しかし、水が下がると、彼らは一年中それらの構造物から水を汲み上げることができます。今年はたった6センチしか受け取っていません。6センチの雨量で、あなたの都市、デリー、ボンベイ、バンガロール、マイソールで水の問題が見つかった場合は、私たちの6センチの地域に来てください、水を提供できます。

彼らはそれらをどのように維持しているのでしょうか?3つの要素があります:概念、計画、実際のものを作成し、そしてそれらを維持するための構造です。これらは何世紀にもわたって、部局もなく、資金もなく、世代から世代へと維持されています。秘密は「[不明]」、尊敬です。自分のもの、個人の所有物ではなく、毎回です。だから、これらの石の柱は、あなたが水域に入ることを思い出させます。唾を吐いたり、何かを間違ったことをしないでください、清潔な水が集められるように。もう1つの柱、右側の石の柱。これらの3、6段の階段を登ると、とても素敵なものが見つかります。これは11世紀に行われました。さらに下に行かなければなりません。絵が千の言葉に値すると言いますから、今すぐ千の言葉を言い、さらに千の言葉を言います。地下水位が下がると、新しい階段が見つかります。上がると、いくつかが水に浸されます。したがって、一年中、この美しいシステムはあなたに何か喜びを与えるでしょう。3つの側面、そのような階段、4つの側面にはいつでもTEDの会議を開催できる4階建ての建物があります。

すみません、これらの構造物を誰が建てたのですか?それらはあなたの前にあります。私たちが持っていた最高の土木技術者、最高のプランナー、最高の建築家です。彼らと、彼らの先祖のおかげで、インドは1847年に最初の工学校を設立することができました。その当時、英語の学校はありませんでした。ヒンディー語の学校もなく、[不明]の学校もありませんでした。しかし、このような人々が、ビジネスのためにここに来たイギリス東インド会社に強制されました。非常に汚れたようなビジネス…しかし、工学校を作るためではありませんでした。しかし、彼らのおかげで、最初の工学校が小さな村に作られました。最後のポイント、私たちの初等学校で誰もが知っているように、そのラクダは砂漠の船です。だから、あなたはジープ、ラクダ、そしてカートを通して、ラクダを見つけることができます。このタイヤは飛行機から来ています。だから、砂漠社会からの美しさを見てください。彼らは雨水を収穫することができ、ジェット機のタイヤから何かを作り出し、ラクダカートで使用しています。最後の写真は、2000年前の入れ墨です。彼らはそれを体に使用していました。入れ墨はかつてはブラックリストに載るか、詐欺の一種でしたが、今では流行です。

この入れ墨をコピーすることができます。私はこれのポスターをいくつか持っています。

生活の中心は水です。
これらは美しい波です。
これらはちょうどスライドで見た美しい階段です。
これらは木々です。
そして、これらは私たちの生活に香りを加える花々です。
だから、これが砂漠のメッセージです。
ありがとうございました。

Chris Anderson: まず第一に、本当にどの言語でもあなたの雄弁さを持ちたいです。

これらの工芸品やデザインはインスピレーションに満ちています。これらは他の場所で使われる可能性があると信じていますか?それとも、これはこの場所にちょうど適しているだけですか?
Anupam Mishra: いいえ、基本的な考え方は私たちの地域に降る水を利用することです。したがって、池や開放的な水域は、スリランカからカシミールまで、他の地域でもどこでも見られます。そして、水を貯めるこれらの[不明]は、二つのタイプがあります。1つは再充電し、もう1つは貯水します。したがって、地形によります。しかし、石膏帯を使用するクンドについては、三百万年前のカレンダーに戻らなければなりません。もしそれがあるなら、今すぐ行うことができます。さもなければ、できません。

CA: 本当にありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました