イーロン・マスクが明かすトンネルプロジェクトの全貌と革新技術

テクノロジー

Elon Musk discusses his new project digging tunnels under LA, the latest from Tesla and SpaceX and his motivation for building a future on Mars in conversation with TED’s Head Curator, Chris Anderson.

イーロン・マスク氏が、TEDの首席キュレーター、クリス・アンダーソン氏との対談で、テスラとスペースX社の最新プロジェクトであるロサンゼルス地下トンネル掘削の新プロジェクトと、火星に未来を築く動機について語ります。

タイトル
The future we’re building — and boring
私たちが構築している未来 — そして退屈な未来
スピーカー イーロン・マスク(Elon Musk)
アップロード 2017/05/03

「私たちが構築している未来 — そして退屈な未来(The future we’re building — and boring)」の文字起こし

Chris Anderson: Elon, hey, welcome back to TED. It’s great to have you here.

Elon Musk: Thanks for having me.

CA: So, in the next half hour or so, we’re going to spend some time exploring your vision for what an exciting future might look like, which I guess makes the first question a little ironic: Why are you boring?

EM: Yeah. I ask myself that frequently. We’re trying to dig a hole under LA, and this is to create the beginning of what will hopefully be a 3D network of tunnels to alleviate congestion. So right now, one of the most soul-destroying things is traffic. It affects people in every part of the world. It takes away so much of your life. It’s horrible. It’s particularly horrible in LA.

CA: I think you’ve brought with you the first visualization that’s been shown of this. Can I show this?

EM: Yeah, absolutely. So this is the first time — Just to show what we’re talking about. So a couple of key things that are important in having a 3D tunnel network. First of all, you have to be able to integrate the entrance and exit of the tunnel seamlessly into the fabric of the city. So by having an elevator, sort of a car skate, that’s on an elevator, you can integrate the entrance and exits to the tunnel network just by using two parking spaces. And then the car gets on a skate. There’s no speed limit here, so we’re designing this to be able to operate at 200 kilometers an hour.

CA: How much?

EM: 200 kilometers an hour, or about 130 miles per hour. So you should be able to get from, say, Westwood to LAX in six minutes — five, six minutes.

CA: So possibly, initially done, it’s like on a sort of toll road-type basis.

EM: Yeah.

CA: Which, I guess, alleviates some traffic from the surface streets as well.

EM: So, I don’t know if people noticed it in the video, but there’s no real limit to how many levels of tunnel you can have. You can go much further deep than you can go up. The deepest mines are much deeper than the tallest buildings are tall, so you can alleviate any arbitrary level of urban congestion with a 3D tunnel network. This is a very important point. So a key rebuttal to the tunnels is that if you add one layer of tunnels, that will simply alleviate congestion, it will get used up, and then you’ll be back where you started, back with congestion. But you can go to any arbitrary number of tunnels, any number of levels.

CA: But people — seen traditionally, it’s incredibly expensive to dig, and that would block this idea.

EM: Yeah. Well, they’re right. To give you an example, the LA subway extension, which is — I think it’s a two-and-a-half mile extension that was just completed for two billion dollars. So it’s roughly a billion dollars a mile to do the subway extension in LA. And this is not the highest utility subway in the world. So yeah, it’s quite difficult to dig tunnels normally. I think we need to have at least a tenfold improvement in the cost per mile of tunneling.

CA: And how could you achieve that?

EM: Actually, if you just do two things, you can get to approximately an order of magnitude improvement, and I think you can go beyond that. So the first thing to do is to cut the tunnel diameter by a factor of two or more. So a single road lane tunnel according to regulations has to be 26 feet, maybe 28 feet in diameter to allow for crashes and emergency vehicles and sufficient ventilation for combustion engine cars. But if you shrink that diameter to what we’re attempting, which is 12 feet, which is plenty to get an electric skate through, you drop the diameter by a factor of two and the cross-sectional area by a factor of four, and the tunneling cost scales with the cross-sectional area. So that’s roughly a half-order of magnitude improvement right there. Then tunneling machines currently tunnel for half the time, then they stop, and then the rest of the time is putting in reinforcements for the tunnel wall. So if you design the machine instead to do continuous tunneling and reinforcing, that will give you a factor of two improvement. Combine that and that’s a factor of eight. Also these machines are far from being at their power or thermal limits, so you can jack up the power to the machine substantially. I think you can get at least a factor of two, maybe a factor of four or five improvement on top of that. So I think there’s a fairly straightforward series of steps to get somewhere in excess of an order of magnitude improvement in the cost per mile, and our target actually is — we’ve got a pet snail called Gary, this is from Gary the snail from “South Park,” I mean, sorry, “SpongeBob SquarePants.”

CA: You want to beat Gary.

EM: We want to beat Gary.

CA: Whoa. Good brakes.

EM: Yeah, I mean, it’s — yeah. It’s either going to smash into tiny pieces or go quite fast.

CA: But you can picture, then, a Hyperloop in a tunnel running quite long distances.

EM: Exactly. And looking at tunneling technology, it turns out that in order to make a tunnel, you have to — In order to seal against the water table, you’ve got to typically design a tunnel wall to be good to about five or six atmospheres. So to go to vacuum is only one atmosphere, or near-vacuum. So actually, it sort of turns out that automatically, if you build a tunnel that is good enough to resist the water table, it is automatically capable of holding vacuum.

CA: Huh.

EM: So, yeah.

CA: And so you could actually picture, what kind of length tunnel is in Elon’s future to running Hyperloop?

EM: I think there’s no real length limit. You could dig as much as you want. I think if you were to do something like a DC-to-New York Hyperloop, I think you’d probably want to go underground the entire way because it’s a high-density area. You’re going under a lot of buildings and houses, and if you go deep enough, you cannot detect the tunnel. Sometimes people think, well, it’s going to be pretty annoying to have a tunnel dug under my house. Like, if that tunnel is dug more than about three or four tunnel diameters beneath your house, you will not be able to detect it being dug at all. In fact, if you’re able to detect the tunnel being dug, whatever device you are using, you can get a lot of money for that device from the Israeli military, who is trying to detect tunnels from Hamas, and from the US Customs and Border patrol that try and detect drug tunnels. So the reality is that earth is incredibly good at absorbing vibrations, and once the tunnel depth is below a certain level, it is undetectable. Maybe if you have a very sensitive seismic instrument, you might be able to detect it.

CA: So you’ve started a new company to do this called The Boring Company. Very nice. Very funny.

EM: What’s funny about that?

CA: How much of your time is this?

EM: It’s maybe … two or three percent.

CA: You’ve called it a hobby. This is what an Elon Musk hobby looks like.

EM: I mean, it really is, like — This is basically interns and people doing it part time. We bought some second-hand machinery. It’s kind of puttering along, but it’s making good progress, so —

CA: So an even bigger part of your time is being spent on electrifying cars and transport through Tesla. Is one of the motivations for the tunneling project the realization that actually, in a world where cars are electric and where they’re self-driving, there may end up being more cars on the roads on any given hour than there are now?

EM: Yeah, exactly. A lot of people think that when you make cars autonomous, they’ll be able to go faster and that will alleviate congestion. And to some degree that will be true, but once you have shared autonomy where it’s much cheaper to go by car and you can go point to point, the affordability of going in a car will be better than that of a bus. Like, it will cost less than a bus ticket. So the amount of driving that will occur will be much greater with shared autonomy, and actually traffic will get far worse.

CA: You started Tesla with the goal of persuading the world that electrification was the future of cars, and a few years ago, people were laughing at you. Now, not so much.

EM: OK. I don’t know. I don’t know.

CA: But isn’t it true that pretty much every auto manufacturer has announced serious electrification plans for the short- to medium-term future?

EM: Yeah. Yeah. I think almost every automaker has some electric vehicle program. They vary in seriousness. Some are very serious about transitioning entirely to electric, and some are just dabbling in it. And some, amazingly, are still pursuing fuel cells, but I think that won’t last much longer.

CA: But isn’t there a sense, though, Elon, where you can now just declare victory and say, you know, “We did it.” Let the world electrify, and you go on and focus on other stuff?

EM: Yeah. I intend to stay with Tesla as far into the future as I can imagine, and there are a lot of exciting things that we have coming. Obviously the Model 3 is coming soon. We’ll be unveiling the Tesla Semi truck.

CA: OK, we’re going to come to this. So Model 3, it’s supposed to be coming in July-ish.

EM: Yeah, it’s looking quite good for starting production in July.

CA: Wow.

CA: One of the things that people are so excited about is the fact that it’s got autopilot. And you put out this video a while back showing what that technology would look like.

EM: Yeah.

CA: There’s obviously autopilot in Model S right now. What are we seeing here?

EM: Yeah, so this is using only cameras and GPS. So there’s no LIDAR or radar being used here. This is just using passive optical, which is essentially what a person uses. The whole road system is meant to be navigated with passive optical, or cameras, and so once you solve cameras or vision, then autonomy is solved. If you don’t solve vision, it’s not solved. So that’s why our focus is so heavily on having a vision neural net that’s very effective for road conditions.

CA: Right. Many other people are going the LIDAR route. You want cameras plus radar is most of it.

EM: You can absolutely be superhuman with just cameras. Like, you can probably do it ten times better than humans would, just cameras.

CA: So the new cars being sold right now have eight cameras in them. They can’t yet do what that showed. When will they be able to?

EM: I think we’re still on track for being able to go cross-country from LA to New York by the end of the year, fully autonomous.

CA: OK, so by the end of the year, you’re saying, someone’s going to sit in a Tesla without touching the steering wheel, tap in “New York,” off it goes.

EM: Yeah.

CA: Won’t ever have to touch the wheel — by the end of 2017.

EM: Yeah. Essentially, November or December of this year, we should be able to go all the way from a parking lot in California to a parking lot in New York, no controls touched at any point during the entire journey.

CA: Amazing. But part of that is possible because you’ve already got a fleet of Teslas driving all these roads. You’re accumulating a huge amount of data of that national road system.

EM: Yes, but the thing that will be interesting is that I’m actually fairly confident it will be able to do that route even if you change the route dynamically. So, it’s fairly easy — If you say I’m going to be really good at one specific route, that’s one thing, but it should be able to go, really be very good, certainly once you enter a highway, to go anywhere on the highway system in a given country. So it’s not sort of limited to LA to New York. We could change it and make it Seattle-Florida, that day, in real time. So you were going from LA to New York. Now go from LA to Toronto.

CA: So leaving aside regulation for a second, in terms of the technology alone, the time when someone will be able to buy one of your cars and literally just take the hands off the wheel and go to sleep and wake up and find that they’ve arrived, how far away is that, to do that safely?

EM: I think that’s about two years. So the real trick of it is not how do you make it work say 99.9 percent of the time, because, like, if a car crashes one in a thousand times, then you’re probably still not going to be comfortable falling asleep. You shouldn’t be, certainly.

EM: It’s never going to be perfect. No system is going to be perfect, but if you say it’s perhaps — the car is unlikely to crash in a hundred lifetimes, or a thousand lifetimes, then people are like, OK, wow, if I were to live a thousand lives, I would still most likely never experience a crash, then that’s probably OK.

CA: To sleep. I guess the big concern of yours is that people may actually get seduced too early to think that this is safe, and that you’ll have some horrible incident happen that puts things back.

EM: Well, I think that the autonomy system is likely to at least mitigate the crash, except in rare circumstances. The thing to appreciate about vehicle safety is this is probabilistic. I mean, there’s some chance that any time a human driver gets in a car, that they will have an accident that is their fault. It’s never zero. So really the key threshold for autonomy is how much better does autonomy need to be than a person before you can rely on it?

CA: But once you get literally safe hands-off driving, the power to disrupt the whole industry seems massive, because at that point you’ve spoken of people being able to buy a car, drops you off at work, and then you let it go and provide a sort of Uber-like service to other people, earn you money, maybe even cover the cost of your lease of that car, so you can kind of get a car for free. Is that really likely?

EM: Yeah. Absolutely this is what will happen. So there will be a shared autonomy fleet where you buy your car and you can choose to use that car exclusively, you could choose to have it be used only by friends and family, only by other drivers who are rated five star, you can choose to share it sometimes but not other times. That’s 100 percent what will occur. It’s just a question of when.

CA: Wow. So you mentioned the Semi and I think you’re planning to announce this in September, but I’m curious whether there’s anything you could show us today?

EM: I will show you a teaser shot of the truck. It’s alive.

CA: OK.

EM: That’s definitely a case where we want to be cautious about the autonomy features. Yeah.

CA: We can’t see that much of it, but it doesn’t look like just a little friendly neighborhood truck. It looks kind of badass. What sort of semi is this?

EM: So this is a heavy duty, long-range semitruck. So it’s the highest weight capability and with long range. So essentially it’s meant to alleviate the heavy-duty trucking loads. And this is something which people do not today think is possible. They think the truck doesn’t have enough power or it doesn’t have enough range, and then with the Tesla Semi we want to show that no, an electric truck actually can out-torque any diesel semi. And if you had a tug-of-war competition, the Tesla Semi will tug the diesel semi uphill.

CA: That’s pretty cool. And short term, these aren’t driverless. These are going to be trucks that truck drivers want to drive.

EM: Yes. So what will be really fun about this is you have a flat torque RPM curve with an electric motor, whereas with a diesel motor or any kind of internal combustion engine car, you’ve got a torque RPM curve that looks like a hill. So this will be a very spry truck. You can drive this around like a sports car. There’s no gears. It’s, like, single speed.

CA: There’s a great movie to be made here somewhere. I don’t know what it is and I don’t know that it ends well, but it’s a great movie.

EM: It’s quite bizarre test-driving. When I was driving the test prototype for the first truck. It’s really weird, because you’re driving around and you’re just so nimble, and you’re in this giant truck.

CA: Wait, you’ve already driven a prototype?

EM: Yeah, I drove it around the parking lot, and I was like, this is crazy.

CA: Wow. This is no vaporware.

EM: It’s just like, driving this giant truck and making these mad maneuvers.

CA: This is cool. OK, from a really badass picture to a kind of less badass picture. This is just a cute house from “Desperate Housewives” or something. What on earth is going on here?

EM: Well, this illustrates the picture of the future that I think is how things will evolve. You’ve got an electric car in the driveway. If you look in between the electric car and the house, there are actually three Powerwalls stacked up against the side of the house, and then that house roof is a solar roof.

CA: OK.

EM: That’s a picture of a real — well, admittedly, it’s a real fake house. That’s a real fake house.

CA: So these roof tiles, some of them have in them basically solar power, the ability to —

EM: Yeah. Solar glass tiles where you can adjust the texture and the color to a very fine-grained level, and then there’s sort of microlouvers in the glass, such that when you’re looking at the roof from street level or close to street level, all the tiles look the same whether there is a solar cell behind it or not. So you have an even color from the ground level. If you were to look at it from a helicopter, you would be actually able to look through and see that some of the glass tiles have a solar cell behind them and some do not. You can’t tell from street level.

CA: You put them in the ones that are likely to see a lot of sun, and that makes these roofs super affordable, right? They’re not that much more expensive than just tiling the roof.

EM: Yeah. We’re very confident that the cost of the roof plus the cost of electricity — A solar glass roof will be less than the cost of a normal roof plus the cost of electricity. So in other words, this will be economically a no-brainer, we think it will look great, and it will last — We thought about having the warranty be infinity, but then people thought, well, that might sound like were just talking rubbish, but actually this is toughened glass. Well after the house has collapsed and there’s nothing there, the glass tiles will still be there.

CA: I mean, this is cool. So you’re rolling this out in a couple week’s time, I think, with four different roofing types.

EM: Yeah, we’re starting off with two, two initially, and the second two will be introduced early next year.

CA: And what’s the scale of ambition here? How many houses do you believe could end up having this type of roofing?

EM: I think eventually almost all houses will have a solar roof. The thing is to consider the time scale here to be probably on the order of 40 or 50 years. So on average, a roof is replaced every 20 to 25 years. But you don’t start replacing all roofs immediately. But eventually, if you say were to fast-forward to say 15 years from now, it will be unusual to have a roof that does not have solar.

CA: Is there a mental model thing that people don’t get here that because of the shift in the cost, the economics of solar power, most houses actually have enough sunlight on their roof pretty much to power all of their needs. If you could capture the power, it could pretty much power all their needs. You could go off-grid, kind of.

EM: It depends on where you are and what the house size is relative to the roof area, but it’s a fair statement to say that most houses in the US have enough roof area to power all the needs of the house.

CA: So the key to the economics of the cars, the Semi, of these houses is the falling price of lithium-ion batteries, which you’ve made a huge bet on as Tesla. In many ways, that’s almost the core competency. And you’ve decided that to really, like, own that competency, you just have to build the world’s largest manufacturing plant to double the world’s supply of lithium-ion batteries, with this guy. What is this?

EM: Yeah, so that’s the Gigafactory, progress so far on the Gigafactory. Eventually, you can sort of roughly see that there’s sort of a diamond shape overall, and when it’s fully done, it’ll look like a giant diamond, or that’s the idea behind it, and it’s aligned on true north. It’s a small detail.

CA: And capable of producing, eventually, like a hundred gigawatt hours of batteries a year.

EM: A hundred gigawatt hours. We think probably more, but yeah.

CA: And they’re actually being produced right now.

EM: They’re in production already.

CA: You guys put out this video. I mean, is that speeded up?

EM: That’s the slowed down version.

CA: How fast does it actually go?

EM: Well, when it’s running at full speed, you can’t actually see the cells without a strobe light. It’s just blur.

CA: One of your core ideas, Elon, about what makes an exciting future is a future where we no longer feel guilty about energy. Help us picture this. How many Gigafactories, if you like, does it take to get us there?

EM: It’s about a hundred, roughly. It’s not 10, it’s not a thousand. Most likely a hundred.

CA: See, I find this amazing. You can picture what it would take to move the world off this vast fossil fuel thing. It’s like you’re building one, it costs five billion dollars, or whatever, five to 10 billion dollars. Like, it’s kind of cool that you can picture that project. And you’re planning to do, at Tesla — announce another two this year.

EM: I think we’ll announce locations for somewhere between two and four Gigafactories later this year. Yeah, probably four.

CA: Whoa. No more teasing from you for here? Like — where, continent? You can say no.

EM: We need to address a global market.

CA: OK.This is cool. I think we should talk for — Actually, global market. I’m going to ask you one question about politics, only one. I’m kind of sick of politics, but I do want to ask you this. You’re on a body now giving advice to a guy —

EM: Who?

CA: Who has said he doesn’t really believe in climate change, and there’s a lot of people out there who think you shouldn’t be doing that. They’d like you to walk away from that. What would you say to them?

EM: Well, I think that first of all, I’m just on two advisory councils where the format consists of going around the room and asking people’s opinion on things, and so there’s like a meeting every month or two. That’s the sum total of my contribution. But I think to the degree that there are people in the room who are arguing in favor of doing something about climate change, or social issues, I’ve used the meetings I’ve had thus far to argue in favor of immigration and in favor of climate change. And if I hadn’t done that, that wasn’t on the agenda before. So maybe nothing will happen, but at least the words were said.

CA: OK. So let’s talk SpaceX and Mars. Last time you were here, you spoke about what seemed like a kind of incredibly ambitious dream to develop rockets that were actually reusable. And you’ve only gone and done it.

EM: Finally. It took a long time.

CA: Talk us through this. What are we looking at here?

EM: So this is one of our rocket boosters coming back from very high and fast in space. So just delivered the upper stage at high velocity. I think this might have been at sort of Mach 7 or so, delivery of the upper stage.

CA: So that was a sped-up —

EM: That was the slowed down version.

CA: I thought that was the sped-up version. But I mean, that’s amazing, and several of these failed before you finally figured out how to do it, but now you’ve done this, what, five or six times?

EM: We’re at eight or nine.

CA: And for the first time, you’ve actually reflown one of the rockets that landed.

EM: Yeah, so we landed the rocket booster and then prepped it for flight again and flew it again, so it’s the first reflight of an orbital booster where that reflight is relevant. So it’s important to appreciate that reusability is only relevant if it is rapid and complete. So like an aircraft or a car, the reusability is rapid and complete. You do not send your aircraft to Boeing in-between flights.

CA: Right. So this is allowing you to dream of this really ambitious idea of sending many, many, many people to Mars in, what, 10 or 20 years time, I guess.

EM: Yeah.

CA: And you’ve designed this outrageous rocket to do it. Help us understand the scale of this thing.

EM: Well, visually you can see that’s a person. Yeah, and that’s the vehicle.

CA: So if that was a skyscraper, that’s like, did I read that, a 40-story skyscraper?

EM: Probably a little more, yeah. The thrust level of this is really — This configuration is about four times the thrust of the Saturn V moon rocket.

CA: Four times the thrust of the biggest rocket humanity ever created before.

EM: Yeah. Yeah.

CA: As one does.

EM: Yeah. In units of 747, a 747 is only about a quarter of a million pounds of thrust, so for every 10 million pounds of thrust, there’s 40 747s. So this would be the thrust equivalent of 120 747s, with all engines blazing.

CA: And so even with a machine designed to escape Earth’s gravity, I think you told me last time this thing could actually take a fully loaded 747, people, cargo, everything, into orbit.

EM: Exactly. This can take a fully loaded 747 with maximum fuel, maximum passengers, maximum cargo on the 747 — this can take it as cargo.

CA: So based on this, you presented recently this Interplanetary Transport System which is visualized this way. This is a scene you picture in, what, 30 years time? 20 years time? People walking into this rocket.

EM: I’m hopeful it’s sort of an eight- to 10-year time frame. Aspirationally, that’s our target. Our internal targets are more aggressive, but I think —

CA: OK.

EM: While vehicle seems quite large and is large by comparison with other rockets, I think the future spacecraft will make this look like a rowboat. The future spaceships will be truly enormous.

CA: Why, Elon? Why do we need to build a city on Mars with a million people on it in your lifetime, which I think is kind of what you’ve said you’d love to do?

EM: I think it’s important to have a future that is inspiring and appealing. I just think there have to be reasons that you get up in the morning and you want to live. Like, why do you want to live? What’s the point? What inspires you? What do you love about the future? And if we’re not out there, if the future does not include being out there among the stars and being a multiplanet species, I find that it’s incredibly depressing if that’s not the future that we’re going to have.

CA: People want to position this as an either or, that there are so many desperate things happening on the planet now from climate to poverty to, you know, you pick your issue. And this feels like a distraction. You shouldn’t be thinking about this. You should be solving what’s here and now. And to be fair, you’ve done a fair old bit to actually do that with your work on sustainable energy. But why not just do that?

EM: I think there’s a viewpoint that we need to consider probabilities when looking at the future. It’s like a branching stream of probabilities, and certain actions can affect those probabilities, either accelerating or slowing down progress. Sustainable energy will happen regardless of Tesla’s existence; it’s a necessity driven by the finite nature of resources. The fundamental value of a company like Tesla lies in accelerating the transition to sustainable energy. Then there’s the aspiration of becoming a multiplanet species and space-faring civilization, which is far from inevitable. Looking at historical progress, it’s clear that technology doesn’t automatically improve; it requires concerted effort and can even degrade over time. My motivation stems from wanting to avoid a future that’s bleak and uninspiring.

CA: Elon, it seems like you’re driven by both the desire to work for humanity’s long-term good and the excitement of pushing boundaries. Whether it’s with Tesla’s sexy cars or your ambitious plans for Mars colonization, you’re not just solving problems; you’re inspiring people.

EM: I believe the value of beauty and inspiration is underrated. However, I’m not trying to be anyone’s savior. I’m simply trying to envision a future that’s worth striving for and not succumb to pessimism.

CA: Your visionary thinking and willingness to dream big are truly remarkable. Thank you for inspiring us all to think beyond the confines of the present.

EM: But you’ll let me know if I start going off the deep end, right?

CA: Thank you, Elon Musk. That was truly fantastic.

「私たちが構築している未来 — そして退屈な未来(The future we’re building — and boring)」の和訳

(クリス・アンダーソン) イーロン、またTEDに来ていただき、ありがとうございます。

(イーロン・マスク) こちらこそ光栄です。

(クリス) これから30分ほどで、心躍る未来の姿がどんなものになるのか、あなたのビジョンをお聞きしたいのですが。それからすると最初の質問は少し皮肉かもしれません。どうして穴なんか掘ってるんですか? (あなたはどうして退屈なんですか?)

(イーロン) そうですね、私自身よく自問しています。私たちはロサンゼルスの地下に穴を掘ろうとしています。ゆくゆくは3次元トンネル網を作り上げ、渋滞を緩和するのが狙いです。現在の我々にとって最もうんざりさせられるものが交通渋滞です。世界の至る所で問題になっています。とても多くの時間を奪われ酷いものです。ロスはとりわけ酷い。

(クリス) それについて最初のコンセプト映像をお持ちいただいているということなので、見てみましょう。

(イーロン) そうですね、何の話をしているのかそれで分かるでしょう。3次元トンネル網を作る上で鍵となるものが2つあります。まずトンネルの出入り口を都市の交通網と継ぎ目なく接続する必要があります。車をスケートみたいなものに載せ、エレベーターで運ぶことでトンネル網への出入りを2台分の駐車スペースだけで実現できます。車はそのスケートに乗って運ばれます。速度制限というのは特になく、時速200kmで運用できるように設計しています。

(クリス) いくらですって?

(イーロン) 時速200km、言い換えると時速130マイルです。だから、たとえばウエストウッドからロサンゼルス国際空港まで5、6分で行けるようになります。

(クリス) はじめは有料道路みたいになるんでしょうかね。

(イーロン) ええ。

(クリス) そして地上の渋滞もある程度緩和されると。

(イーロン) 映像で気付いたかどうか分かりませんが、トンネルを何階層作るかについては実質制限はありません。上よりも下の方が先まで行けるんです。最も高い建物の高さよりも最も深い鉱山の方がずっと深い。だから3次元トンネル網によってどれほどの渋滞だろうとさばくことができます。どれほどの渋滞だろうとさばくことができます。これは重要な点です。トンネルのアイデアに対する主要な反論は、トンネルを1階層追加して渋滞が一時緩和されたところで、それが一杯になったらまた元の渋滞の状態に戻るということです。でもトンネルの数や階層はいくらでも増やせるんです。

(クリス) しかしトンネルの掘削にはとても費用がかかり、それがこのアイデアの障害だと考えられていますよね。

(イーロン) ええ、その通りです。例を挙げると、ロサンゼルス地下鉄を4km延長するのには20億ドルかかりました。ロスの地下鉄延長にはkmあたりおよそ5億ドルかかっているわけです。世界で最も利用者数の多い地下鉄というわけでもありません。だから確かにトンネルを掘るというのは一般に大変なことです。長さあたりのトンネル掘削コストを少なくとも10倍は改善しなければならないと考えています。

(クリス) どうやって実現するんですか?

(イーロン) 実は2つのことをするだけで、ほぼ十倍かそれ以上の改善が可能だと思っています。まずトンネルの直径を半分かそれ以下にします。1車線のトンネルの直径は8mとか8.5m確保するようにと規制されています。事故の際の緊急車両の通行やガソリン車の排ガスの換気などのためです。

私たちはそれを電気スケートを走らせるのに十分な4mに縮小しようとしていて、そうすると直径が半分になり、断面積は4分の1になりますが、トンネル掘削のコストは断面積に比例します。

これで10倍の改善の半分は達成できます。また現在のトンネル掘削機は半分の時間は休んでいて、その間トンネル壁の強化をしています。だから掘削と壁の強化を連続して行える機械を作れば効率を2倍改善できます。この2つを合わせると8倍の改善です。

掘削機はそのパワーや熱的な限界にはまだまだ達していないので、パワーを大きく引き上げることもできます。

少なくとも2倍、もしかしたら4、5倍の改善を上積みできるでしょう。だから一連のごく単純な手順で、長さ当たりの掘削コストを10倍以上改善できます。我々の実際の目標というのは?「うちにゲイリーというペットのカタツムリがいて『サウスパーク』のキャラクターから取った名前ですが?もとい『スポンジボブ』ですね」カタツムリのゲイリーは現在のところトンネル掘削機よりも14倍速いんです。

(クリス) ゲイリーに勝ちたいわけだ。

(イーロン) 勝ちたいと思っています。ゲイリーは我慢強いチビなんかではないので、これは立派な勝利です。カタツムリを超えるのが勝利です。

(クリス) 未来の都市というと、多くの人は空飛ぶ車とかドローンとか上へ向かうことを考えます。その方が良いやり方なのでは?トンネルを掘る費用もかかりませんし。

(イーロン) 私も空飛ぶものは好きです。ロケットも作ってますし、空飛ぶものはいい。空飛ぶものに抵抗があるわけではありません。しかし空飛ぶ車には難しい問題があって、非常にうるさく、とても大きな風を起こします。何かがすぐ頭の上を飛んでいる?沢山の空飛ぶ車がそこら中を飛び回っているというのは、あまり心安らぐ状況ではありません。”今日はすがすがしいな”とは思わないでしょう。むしろ”ホイールキャップはちゃんとはまってるのかな?” “落ちてきて首をはねられやしないかしら?”などと心配になるでしょう。

(クリス) あなたは地下に大規模な3次元トンネル網がある未来の都市というビジョンを持っているわけですね。ハイパーループとのからみというのはあるんでしょうか?あなたが何年か前に発表したハイパーループのアイデアにこのトンネルを使うというのは?

(イーロン) 私たちはこのハイパーループというのをしばらくいじり回してきました。SpaceXのすぐ横にハイパーループの試験軌道も作りました。画期的な交通手段のアイデアを募る学生コンペのためでしたが、結果としてこれは大型ハドロン衝突型加速器に次いで世界で最も大きな真空チャンバーになりました。とても楽しい経験でしたが、一種の趣味のようなものです。学生の作ったポッドを押す小さな推進車両を作りましたが、「何も押していないとき、どこまで速くできるか」試したいと思っています。「たとえ 1.3kmの距離だけではあっても、世界最速の超特急より速くできるのではと思っています。」

(クリス) そりゃすごいブレーキだ。

(イーロン) 確かに、「衝突してバラバラになるかあるいは?」

(クリス) ハイパーループがトンネルの中を長距離走る姿というのも想像できますよね。

(イーロン) ええ、トンネル技術の話をすると、地下水面に対して水漏れしないトンネルを作ろうと思ったら、「大気圧の5、6倍に耐えるようトンネル壁を設計する必要があります。真空を保つには1気圧に耐えるだけでいいので、地下水面に耐えられるトンネルを作れば、自動的に真空を保つこともできるようになります。」

(クリス) なるほど。

(イーロン) そういうことです。

(クリス) イーロンの未来では、「ハイパーループが走るトンネルの長さはどれくらいになるのでしょう?」

(イーロン) ええ、トンネル技術の話をすると、地下水面に対して水漏れしないトンネルを作ろうと思ったら、「大気圧の5、6倍に耐えるようトンネル壁を設計する必要があります。真空を保つには1気圧に耐えるだけでいいので、地下水面に耐えられるトンネルを作れば、自動的に真空を保つこともできるようになります。」

(クリス) なるほど。

(イーロン) そういうことです。

(クリス) イーロンの未来では、「ハイパーループが走るトンネルの長さはどれくらいになるのでしょう?」

(イーロン) 実際、長さに制限はないと思います。好きなだけ掘ることができます。例えばワシントンDCからニューヨークまでのハイパーループであれば、全区間が地下になるでしょう。建物が密集した区域ですから、たくさんのビルや家の下を行くことになりますが、十分に深ければトンネルの存在に気付くことはありません。家の下にトンネルを掘られたら煩わしいに違いないと思うかもしれませんが、トンネルの直径の3つか4つ分深いところにトンネルが掘られたら、まず気付かないでしょう。それどころか、トンネル掘削を検知できたら、その装置で大もうけできるでしょう。ハマースの掘るトンネルを見つけようとしているイスラエル軍当局や、麻薬密輸トンネルを見つけようとしている米国税関・国境警備局が欲しがりますから。実のところ、土というのは振動吸収性に優れ、トンネルが一定以上の深さであれば、ほぼ検知不能になります。ごく高感度の地震計があればできるかもしれませんが。

(クリス) それで、そのための新しい会社を作ったわけですね。(The Boring Company(ボーリング社/退屈な会社))。傑作ですね、笑えます。

(イーロン) 何が可笑しいんだろう?

(クリス) これにどれくらいの時間を割いているんですか?

(イーロン) たぶん2~3%というところですかね。

(クリス) 趣味を手に入れたと、イーロン・マスクの趣味はこんなですよ、皆さん。

(イーロン) インターンやその他の人が一部の時間を使ってやっています。中古の機械を購入していじくり回している感じですが、結構進展があります。

(クリス) 多くの時間はテスラを通じて自動車や交通手段を電化することに費やされているわけですね。トンネルプロジェクトの動機の1つは、自動車が電気になり、自動運転になったとき、道路には今よりも多くの車が溢れることになるかもしれないということなのでは?

(イーロン) その通りです。車が自律的になれば速く移動できて渋滞が減ると多くの人は思っています。ある程度まではそうですが、しかし共有自律が実現されると、車での移動は好きなところに行ける上、安価になり、車の方がバスなんかより値ごろ感が出てきます。バス料金よりも安くなったりとか。だから共有自律により、車での移動量ははるかに増え、交通事情はずっと悪くなるでしょう。

(クリス) 電気が自動車の未来だと示そうと、あなたはテスラを始めましたが、数年前はみんなあなたのことを笑っていたものです。今はそうでもなくなりました。

(イーロン) そうですかね。分かりませんけどね。

(クリス) 自動車会社のほとんどは短中期の将来計画として、本格的な電化計画をアナウンスしているのでは?

(イーロン) そうですね。ほぼすべての自動車会社に何らかの電気自動車の計画があるでしょう。本格度には差異がありますが、完全な電気自動車への移行を本気で考えているところも、ちょっとかじる程度のところもあります。いまだ燃料電池を追い続けているところもありますが、長くは続かないでしょう。

(クリス) 今は勝利宣言すべき時だとは感じませんか?「我々はやった」と。電化はもう他の人たちに任せて別のことにエネルギーを注ごうとは考えませんか?

(イーロン) まあ、とりあえず想像できる範囲では、テスラに居続けるつもりです。ワクワクするようなことがたくさん待っています。モデル3がすぐにも登場しますし、テスラ・セミトレーラーも披露する予定です。

(クリス) ああ、その話をしましょう。モデル3は7月あたりに出る予定でしたね。

(イーロン) ええ、7月の生産開始に向けて順調に進んでいます。

(クリス) いいですね。みんなが高い期待を抱いているのは、自動運転が付くということでしょう。それがどんな技術なのか少し前に、このビデオで披露しましたね。

(イーロン) ええ。

(クリス) 現在のモデルSにもオートパイロットはありますが、ここで見ているものは何なんでしょう?

(イーロン) これはカメラとGPSだけを使っています。LIDARやレーダーは使っていません。受動的な光だけを使っていて、それは人が使うのと同じものです。道路システムは受動的な光やカメラを頼りに舵取りするよう意図されているので、カメラないしは視覚の問題を解決すれば自動運転の問題は解決するんです。視覚が解決できなければ自動運転もできません。それが私たちが視覚ニューラルネットに集中している理由で、これは道路状況の把握にとても効果的なんです。

(クリス) 他の会社の多くはLIDARを使っています。カメラとレーダーの組み合わせというのが多いでしょう。

(イーロン) カメラだけでも人間をはるかに凌駕できます。カメラだけでも人間より10倍うまくやれるでしょう。

(クリス) 今売られている新車には8台のカメラがついていますが、この映像のようなことはまだできません。いつできるようになるのでしょう?

(イーロン) 今のところ計画通り、年末までに完全自動運転でロスからニューヨークまで米国を横断して行けるようになる予定です。

(クリス) 今年の末にはテスラに乗りハンドルに触れることなく、ただ「ニューヨーク」と入れてやると行ってくれるようになると。

(イーロン) ええ。

(クリス) 2017年の末にはハンドルに触れる必要はなくなると。

(イーロン) ええ、今年の11月か12月にはカリフォルニアの駐車場からニューヨークの駐車場へと制御装置には一切触ることなく移動できるようになります。

(クリス) すごいですね。それが可能なのはある部分では、たくさんのテスラ車がすでにあらゆる道路を走っていて、国道の膨大なデータが蓄積されているというのがあるのでしょう。

(イーロン) そうですが、興味深いのは、ルートを動的に変えたとしてもできることに自信を持っているということです。決まったルートを自動運転で行けるというのとはまた違った問題になりますが、これはどこへでも上手く行けるはずです。一度幹線道路に入ったらその国の幹線道路上のどこへだろうと行けます。ロス – ニューヨーク間に限定されず、その場で変更してシアトルからフロリダに行くこともできます。ロスからニューヨークへ行くつもりだったのをロスからトロントに行き先を変えることもできます。

(クリス) 規制についてはひとまず置いておいて、技術という点に限れば、あなたの車を買って文字通り手放しで一眠りし、目覚めたら目的地に着いているというのを安全にできるようになるのはどれくらい先のことでしょう?

(イーロン) 2年くらいだと思います。重要なのは99.9%うまくいくというのでは駄目だということです。1000回に1度車が事故を起こすなら、安心して眠れません。実際、眠るべきではないでしょう。完璧になることは決してありません。どんなシステムも完璧ではありません。しかし、人生を100回とか1000回分生きたとしても、車が事故を起こす見込みがまずないとなれば、みんなこう思うようになります。へえ、1000回生きても事故に遭いそうにないなら、まあ大丈夫だろうと。

(クリス) 眠ってもね。あなたの大きな懸念は人々があまりに早く安全だと思い込んでしまうことだろうと思います。そして酷い事故が起きて進歩を押しとどめてしまうという。

(イーロン) 自律システムはごくまれな状況を別にすれば、少なくとも事故を緩和してくれると思います。車の安全性について理解すべきなのは、それが確率的だということです。どんな人間のドライバーであれ、車を運転していれば自分の人為的ミスで事故を起こす可能性があります。それは決してゼロではありません。だから自動運転のための本当の閾値は、みんなが自動運転に頼れるようになるためには、それが人間よりどれほど優れている必要があるかということです。

(クリス) 手放し運転がまったく安全となったとき、業界が大きく変わることになりそうですね。というのもあなたのお話では、車を買って仕事に行ったら、車にUberのようなサービスをさせて金を稼げるようになり、それで車のリース料がまかなえて、車が無料で手に入るようになるんだと。本当にそんなことになるのでしょうか?

(イーロン) 間違いなくそうなります。共有された自動運転車が大量に現れます。車を買ったら自分だけで使うこともできるし、友達や家族だけが使えるようにすることも、評価の高いドライバーだけに使わせることも、時間帯を限って共有することもできます。そういうことが100%起きるでしょう。問題は、それがいつかということだけです。

(クリス) すごいな。先ほどセミトレーラーの話があって、9月に発表の予定と聞きましたが、今日、見せてもらえるものは何かありますか?

(イーロン) トラックの予告画像をお見せしましょう”本物ですよ。

(クリス) いいでしょう。

(イーロン) これは間違いなく、自動運転機能に用心深くありたいところです。

(クリス) よく見えませんが、”近所の可愛いトラックとは違うようですね”。格好良いですが、どんなセミトレーラーなんですか?

(イーロン) これは大型長距離セミトレーラーです。可搬重量が大きく、長距離走れます。”大型トラック輸送の改善を狙っています”。これは現在人々が可能だと思っていないことです。”電気自動車では十分な馬力や走行距離が得られないと思われていますが”、このテスラ・セミトレーラーによって電気トラックはディーゼルトラックを”トルクで凌駕できることを示したいと思っています”。”綱引き大会があったら、テスラ・セミトレーラーは上り坂を上りながらでもディーゼル・セミトレーラーに勝つでしょう”。

(クリス) そりゃすごい。短期的にはこれは自動運転ではありませんね。トラックドライバーが運転したくなるようなトラックになると

(イーロン) ええ、これの本当にいいところは、電気モーターだと回転数に対するトルクのグラフが平坦になるということです。一方でディーゼルや何であれ内燃機関の場合、回転数に対するトルクのグラフは山形になります。だからこれはすばしっこいトラックになります。スポーツカーみたいに乗り回せます。ギアはなく、単一速です

(クリス) なんだかすごい映画が作れそうですね。どんな話になるかハッピーエンドか分かりませんが、すごい映画になりそうです

(イーロン) 試乗すると奇妙ですよ。最初のトラックの試作品を運転した時のことですが、すごく奇妙な感じで巨大なトラックを運転しているというのにすごく機敏なんです

(クリス) 試作品をもうご自身で運転しているんですか?

(イーロン) ええ、駐車場で乗り回しましたが、こいつはすごいと思いました

(クリス) 絵に描いた餅じゃないんだ

(イーロン) 巨大トラックですごい芸当ができますよ

(クリス) そりゃいい。すごくカッコイイ写真から、ちょっとカッコイイ写真に話を変えますが、これは『デスパレートな妻たち』に出てくるおしゃれな家かなんかですか? これは何なんでしょう?

(イーロン) これは将来どんな風になるかをイメージしたものです。車庫に電気自動車があります。電気自動車と家の間を見てもらうと3つのパワーウォールが立っていて、屋根はソーラーパネルになっています。ソーラーガラス製の屋根です

(クリス) なるほど

(イーロン) あの家は本物です。本物のフェイクハウスです。本当に存在しています

(クリス) あの屋根瓦には、ソーラーパネルが入っているわけですね。ソーラーガラスタイルは質感や色をとても細かく調整できます。ガラスの中に微細な鎧戸があって、通りから屋根を見ると、ソーラーセルがあってもなくてもタイルは同じに見えます。地上からだと同じ色に見えるんです。ヘリコプターから見れば、見通すことができて、ソーラーセルが背後にあるタイルとそうでないものを見分けられます。でも地上からだと分かりません。日照の良いところであれば、あの屋根はすごく手頃になるんですよね。普通に屋根を葺くのと比べてそんなに高価ではないと

(イーロン) ええ。その点は自信を持っていますが。ソーラーガラスの屋根のコストは、普通の屋根プラス電気代よりも安くなります。経済的には悩むまでもありません。見かけも良く、長持ちします。永久保証を付けることも考えましたが、それだとむしろ嘘っぽく聞こえないかと。でも強化ガラスでできていて、家が崩れ去った後でもこのガラスタイルだけはそのままでしょう

(クリス) それはすごい。2週間内に4つのタイプを売り出すとか

(イーロン) 最初2種類から始めて、来年初めにあとの2種類を追加します

(クリス) どれくらいの規模で考えているんでしょう? どれくらいの数の家がこのような屋根を持つようになると?

(イーロン) いつかはほとんどすべての家がソーラー屋根を持つようになると思います。考える必要があるのはここで話している時間のスケールが40年とか50年だということです。平均すれば屋根の葺き替えは20年から25年に1度です。屋根のすべてをすぐ置き換え始めるわけではありませんが、しかし15年くらい先のことを考えるなら、ソーラーパネルのない屋根はむしろ珍しくなっているでしょう

(クリス) メンタルモデルとして、みんな理解しかねているのは、コストの変化やソーラーパワーの経済の変化で起きることです。多くの家には十分な日照があり、それを捕らえさえすれば必要な電力は賄えるようになり、そうすると電力網に依存しなくて良くなります。

(イーロン) 家がどこにあるかや屋根の面積に対する家の大きさにもよりますが、アメリカの家の多くには家で使う電気を賄うのに十分な屋根面積があるでしょう。

(クリス) 電気自動車や電気セミトレーラーやこういった家の経済で鍵になるのは、リチウムイオンバッテリー価格の下落で。あなたはテスラでそこに大きな賭をしました。いろいろな意味でコアコンピテンシーと言えるかもしれません。その競争優位性を確かにするため、世界最大の製造工場を作り、世界のリチウムイオンバッテリー供給量を2倍にしようとしていますね。そのことを聞かせてください。

(イーロン) これは「ギガファクトリー」の進展を示したものです。完成した暁には全体が巨大なダイヤ型になる予定で、それが真北を指しているという趣向です。細かい話ですが、年間100ギガワット時のバッテリーを生産できるようになると、100ギガワット時か、たぶんそれ以上になるでしょう。すでに生産しています。映像を公開していますが、これはスローダウンしてありますね。

(クリス) 実際はどれくらい速いんですか?

(イーロン) フルスピードで稼働していると、ストロボを使わないとセルが見えないでしょう。ぼやっとしか。

(クリス) 素晴らしい未来を築く核となるあなたのアイデアの1つは、エネルギーについて罪悪感を抱かなくてよい未来です。そこに至るためにはいくつのギガファクトリーが必要になるのでしょう?

(イーロン) おおよそ100です。10でも1000でもありません。100というのがありそうなところです。

(クリス) そこがすごいと思います。あなたは化石燃料から世界を切り離すために必要なものがイメージできている。あなたが1つ作り、それには50億ドルとか100億ドルがかかる。そういうプロジェクトを思い浮かべられるというのはすごいことです。そしてあなたは年内にさらに2つの建設の発表を予定しているとか。

(イーロン) 2カ所から4カ所の建設地を今年発表する予定です。多分4カ所になるでしょう。

(クリス) それはまた。何か教えてもらえることはありませんか?どことか、どの大陸とか?ノーコメントでもいいですよ。

(イーロン) 世界市場に答える必要があると思っています。

(クリス) いいでしょう。素晴らしい。どうしても外せない話題があるんですが、政治について1つだけ質問します。政治の話にはうんざりしていますが、1つだけお聞きしたい。あなたはある人にアドバイスするメンバーに名を連ねていますね。

(イーロン) 誰だろう?

(クリス) その人は気候変動を信じないと言い、多くの人はあなたがそんな人に与すべきでないと思っています。歩み去って欲しいと。それについてどう言われますか?

(イーロン) そもそも私は2つの顧問機関に入っているだけです。その形式は、部屋の中を歩き回って相手の意見を聞くというもので、1〜2ヶ月に1度会議があります。それだけのことです。その部屋には、気候変動や社会問題に取り組むべきという立場の人たちもいて、私自身そうした会議を通じて移民や気候変動の問題に取り組むべきという主張をしてきました。私がそうしなければ、それは議題にすらなっていなかったんです。何も変わらないかもしれませんが、少なくとも言うべきことは言いました。

(クリス) 分かりました。ではSpaceXと火星の話をしましょう。前回お越しいただいた時、あなたは再利用できるロケットという野心的な夢について語っていましたが、あなたはそれをやってのけましたね。

(イーロン) だいぶかかりましたが。

(クリス) 映像を見ながら話しましょう。これは何ですか?

(イーロン) これは高速で高高度の宇宙にいる打ち上げロケットが地上に戻ってくるところです。上段を高速で届けたところで、マッハ7くらいだと思いますが、上段を届けて…

(クリス) これはスピードアップしている?

(イーロン) これはスローダウンしてありますね。

(クリス) スピードアップとばかり思っていました。すごいことですが、最終的に成功する前に何度か失敗していますね。何度くらいやったんでしょう、5回か6回?

(イーロン) 8回か9回ですね。

(クリス) そして初めて着地したロケットを再びまた飛ばしましたね。

(イーロン) 打ち上げロケットを着地させ、飛行準備をして再び打ち上げました。再打ち上げが本当に意味を持つ軌道ブースターとして初の再打ち上げです。再利用は短時間で完全であってはじめて意味があるというのを理解しておくことが重要です。飛行機や車のように短時間で完全な再利用ができます。次の飛行前に工場に持って行って整備する必要はありません。

(クリス) これによって多くの人を火星に送るという本当に野心的なアイデアが可能になるんですね。10年とか20年先のことだと思いますが。

(イーロン) ええ。

(クリス) そしてあなたはそのためのとんでもないロケットを設計した。それがどれほど大きいかみんなに教えて欲しいんですが。

(イーロン) あれが人間で?これがロケットです。

(クリス) 建物に見立てると40階建て相当だと何かで読みましたが。

(イーロン) 多分もう少し高いですね。これの推進力はサターンV型月ロケットの約4倍になります。

(クリス) 人類がかつて作った最大のロケットの推進力の4倍だと。

(イーロン) ええ。

(クリス) 飛んだらの話ですが。

(イーロン) ええ。ボーイング747の推進力は100万ポンドの1/4なので、1000万ポンドの推進力には40機の747がいります。このロケットには120機の747がエンジンを全開したのに相当する推進力があります。

(クリス) 地球の引力圏を離脱できるロケットですが、あなたのお話ではこれで人や貨物を満載した747をまるごと軌道に乗せられるのだとか。

(イーロン) その通りです。このロケットは満タンの燃料と満席の乗客と貨物室一杯の荷物を積んだ747を貨物として運べます。

(クリス) これに基づいた惑星間輸送システムのイメージ映像を最近公開されましたね。あなたが描いたのは30年後あるいは20年後の姿でしょうか?人々がこのロケットへと乗り込んでいくというのは?

(イーロン) 願わくは8年から10年後ですね。夢として、それが目指していることです。社内的な目標はもう少し強気なものですが。

(クリス) いやはや。

(イーロン) このロケットは他のロケットと比べるととても大きく見えますが、将来の宇宙船からすれば手こぎ船のように見えることでしょう。将来の宇宙船は本当に巨大なものになります。

(クリス) なぜなんですか、イーロン?なぜ我々が生きているうちに火星に百万都市を築く必要があるのか?それがやりたいことだと言っておられたと思いますが。

(イーロン) 魅力的で鼓舞されるような未来があるというのは重要なことだと思います。朝起き出し、生きたいと思う理由がなければならないと思います。なぜ生きたいと思うのか?何の意味があるのか?何に鼓舞されるのか?未来の何に憧れるのか?もし、我々が宇宙へ出て行かないなら、星々の中へと出て行って複数の惑星に住む種族とならないのだとしたら、それはすごく残念なものに思え、そんなの我々の未来ではないと思うんです。

(クリス) 人々はこっちを取るかあっちを取るかという見方をします。今地球上では沢山の差し迫った問題が起きています。気候から貧困から選り取り見取りです。そして宇宙進出は問題から目をそらすもののように感じるのです。そんなこと考えていないで、今ここにある問題を解決すべきだと。公平を期して言うなら、あなたは持続可能エネルギーに関して相当なことをされています。でも、なぜそういうことだけしないのでしょう?

(イーロン) 私はその未来を可能性という視点で見ています。

枝分かれしていく可能性の流れのようなものとして、我々の取る行動がその可能性に影響し、何かを加速したり別のものを減速したりします。その可能性の流れに自分が何か新しいものを導入するかもしれない。

持続可能エネルギーはいずれにせよ起きることでしょう。
テスラがなかったとしても必要にかられて起きたはずです。
同語反復的ですが、持続可能エネルギーがなければ「持続不能」エネルギーを使うということで、やがてそれは尽きることになり、経済の法則によって文明が持続可能エネルギーへと向かうのは必然でしょう。

テスラのような会社の根本的な価値は、それが持続可能エネルギーの到来を加速する度合いにあります。
どれだけ実現を早められるかということ。
テスラのような会社の根本的に良いところは何かと考えたとき、持続可能エネルギーの到来を10年とかあるいはそれ以上加速したのだとしたら、それはとても素晴らしいことです。

それがテスラの根本的で志的な面で良いところだと考えています。

一方で、複数の惑星に住む種族、宇宙に生きる文明となるというのは必然的なことではありません。
これが不可避でないと認めるのは重要なことです。
持続可能エネルギーという未来はおよそ確実なものですが、宇宙に生きる文明になるというのは確実なものではまったくありません。

宇宙進出の進展に目を向けると、1969年には月へ人間を送ることができました。
それからスペースシャトルができましたが、人間を低周回軌道に運べただけです。スペースシャトルが引退すると、アメリカは軌道に人を運ぶことさえできなくなりました。
それがトレンドです。
無へと下降していくトレンドです。

テクノロジーは黙っていても進歩していくものだとみんな勘違いしていますが、自動的に進歩するものではないんです。
改善しようと多くの人がとても熱心に働いてはじめて進歩するんです。
放っておけば劣化していくと思います。
古代エジプトのような優れた文明を見てください。
彼らはピラミッドを作れましたが、その方法は忘れ去られてしまいました。
ローマ人はすごい水道を作り上げましたが、それだって忘れ去られてしまいました。

(クリス) あなたの話を聞き、あなたがした様々なことを見ていると、何に対してもあなたには独特の二重の動機があってとても興味深く感じます。1つは人類の長期的な利益のために寄与したいという欲求、もう1つは何か胸躍ることをしたいという欲求です。そして時に一方を推し進めるために他方が必要になるように見えます。

テスラの場合、持続可能エネルギーを望み、そのためにあのセクシーな胸躍る車を作りました。太陽エネルギーの場合、そこに到るためにあの見事な屋根を作る必要がありました。

あなたの最新の試みについてはまだ話しておらず、話す時間もありませんが、あなたは悪いAIから人類を救いたいと思い、洒落ている脳と機械のインターフェースを作って無限の記憶やテレパシー能力をもたらそうとしています。火星については、こう考えているように見えます。我々は人類を救うためのバックアップ計画が必要だ。しかし同時に人類を鼓舞する必要もある。そしてこれが鼓舞する方法なのだと。

(イーロン) 美やインスピレーションの価値は明らかに過小評価されていると思います。はっきりさせておきたいのは、私は誰かの救い主になろうとしているのではないということです。私はただ未来のことを考え、悲観的になるまいとしているだけです。

(クリス) 素晴らしい言葉です。ここにいる人は皆頷くことでしょう。この何一つとして不可避的に起きるものではないと。あなたは頭の中でそういう夢を描き、他の誰も敢えて夢見なかったことを、他の誰も夢見ることのできなかったレベルの複雑さで夢見ています。あなたがそうしているという事実は本当にすごいことだと思います。みんながもっと大きな夢を見るよう助けてくれて感謝します。

(イーロン) でも私の夢がまったく狂気の沙汰になり始めたら、どうか教えてくださいよ。

(クリス) ありがとうございました、イーロン・マスク。本当に素晴らしかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました