ビル・ゲイツが語る2050年までの気候変動対策の具体的ステップ

環境

The single most important thing for avoiding a climate disaster is cutting carbon pollution from the current 51 billion tons per year to zero, says philanthropist and technologist Bill Gates. Introducing the concept of the “green premium” — the higher price of zero-emission products like electric cars, artificial meat or sustainable aviation fuel — Gates identifies the breakthroughs and investments we need to reduce the cost of clean tech, decarbonize the economy and create a pathway to a clean and prosperous future for all. (This virtual conversation, hosted by TED Global curator Bruno Giussani, was recorded in March 2021.)

気候災害を回避するために最も重要なことは、炭素汚染を現在の年間510億トンからゼロに減らすことだと慈善家で技術者のビル・ゲイツは言う。電気自動車、人工肉、持続可能な航空燃料などのゼロエミッション製品のより高い価格である「グリーンプレミアム」の概念を導入し、クリーンテクノロジーのコストを削減し、経済を脱炭素化するために必要な画期的な投資とゲイツ氏を特定するすべての人にとってクリーンで豊かな未来への道を創造します。 (TED Globalキュレーターのブルーノ・ジュッサーニが主催したこの仮想会話は、2021年3月に記録されました。)

タイトル The innovations we need to avoid a climate disaster
気候災害を回避するために必要なイノベーション
アップロード 2021年3月23日
キャスト ビル・ゲイツ
スポンサーリンク

The innovations we need to avoid a climate disaster(気候災害を回避するために必要なイノベーション)

要約

ビル・ゲイツは、自身のライフスタイルが高いカーボンフットプリントを持つため、気候問題に関して「不完全なメッセンジャー」と自称しています。しかし、彼は気候変動対策において重要な考え方を提供しています。ゲイツは経済と社会を脱炭素化するための技術的解決策に焦点を当てた本を執筆し、楽観的な視点と「できる」という姿勢を持っています。この本では、既存の技術や今後必要とされる技術について議論し、グリーンプレミアムという概念を紹介しています。

気候災害を避けるためのアプローチ

ゲイツは、気候災害を避けるために最も重要なことは、温室効果ガス排出をゼロにすることだと述べています。現在の年間排出量は510億トン以上であり、これをゼロに削減しない限り、温度上昇は止まりません。これは非常に難しい課題であり、すべての排出源を取り上げ、その排出量を削減する方法を見つける必要があります。

グリーンプレミアムの概念

グリーンプレミアムとは、排出量のない製品を購入するコストと現在のコストの差を指します。ゲイツは、このグリーンプレミアムを低減し、クリーンなエネルギーと材料を現在のものと同じくらい安価にすることが重要だと強調しています。例えば、電気自動車のグリーンプレミアムは比較的少額ですが、セメントのような分野ではコストがほぼ倍になるため、2050年までにこれを劇的に削減する必要があります。

技術革新と協力

技術革新は通常、独自のペースで進行しますが、2050年の期限を達成するためには加速が必要です。これには、研究開発予算の増加、高リスク資本の投資、政府の支援が必要です。ゲイツは「ブレークスルーエナジーベンチャーズ」というグループを通じて、多くの賢い人々を気候問題に取り組むよう奨励しています。

グリーンプレミアムを下げるための具体的な技術

  1. グリーン水素: これを使って肥料を作り、鉄鉱石を還元することが可能です。水を分解して水素と酸素を作るか、天然ガスから水素を取り出す方法があります。
  2. 直接炭素捕捉: 空気から炭素を引き出し、圧縮して保管する技術です。これはまだ初期段階ですが、排出の末端部分に対する重要な手段です。
  3. 航空バイオ燃料: 長距離を飛行する飛行機において、バッテリーはエネルギー密度が不足するため、グリーンプロセスで作られた航空燃料が必要です。

気候問題と社会的影響

ゲイツは、気候問題には技術的解決策だけでなく、社会的、政治的、行動的な影響も考慮する必要があると述べています。特に若い世代がこの問題を最優先事項にすることが重要です。彼らの政治的な声や消費行動は、グリーン製品の需要を促進し、気候問題の解決に向けた大きな力となります。

パンデミックからの教訓

パンデミックは政府が壊滅的な将来の結果を回避する必要があることを教えてくれました。気候問題も同様で、長期的な視点と政治的意志が必要です。パンデミックに対する国際協力と同様に、気候問題でも協力が求められます。

個人の行動と未来

個人が気候変動に取り組むためには、自分自身を教育し、他の人々を教育することが重要です。また、電気自動車や人工肉などのグリーン製品を購入することで、排出量を削減し、グリーンプレミアムを低減することができます。最終的には、人類が協力して劇的な変革を成し遂げたことを誇りに思い、ゼロ排出の未来を実現することが目標です。

文字起こし

Transcriber:
Bruno Giussani: Hello. Bill Gates calls himself an imperfect messenger on climate because of his high carbon footprint and lifestyle. However, he has just made a major contribution to our thinking about confronting climate change via a book, a book about decarbonizing our economy and society. It’s an optimistic “can-do” kind of book with a strong focus on technological solutions. He discusses the things we have, such as wind and solar power, the things we need to develop, such as carbon-free cement or carbon-free steel, and long-term energy storage. And he talks about the economics of it all, introducing the concept of green premium. The gist of the book, and really I’m simplifying here a lot, is that fighting climate change is going to be hard, but it’s possible, we can do it. There is a pathway to a clean and prosperous future for all. So we want to unpack some of that with the author of the book. Bill Gates, welcome back to TED.

Bill Gates: Thank you.

Giussani: Bill, I would like to start where you start, from the title of the book. How to avoid a climate disaster “How to Avoid a Climate Disaster,” which, of course, presumes that we are heading towards a climate disaster if we don’t act differently. So what is the single most important thing we must do to avoid a climate disaster?

Gates: Well, the greenhouse gases we put into the atmosphere, particularly CO2, stay there for thousands of years. And so it’s really the sum of all those emissions are forcing the temperature higher and higher, which will have disastrous effects. And so we have to take these emissions, which are presently over 51 billion tons per year and drive those all the way down to zero. And that’s when the temperature will stop increasing and the disastrous weather events won’t get worse and worse. So it’s pretty demanding. It’s not a 50 percent reduction. It’s all the way down to zero.

Giussani: Now, 51 billion is a big number. It’s difficult to register, to understand. Help us visualize the scale of the problem.

Gates: Well, the key is to understand all the different sources. And people are mostly aware of the production of electricity with natural gas and coal as being a big source. That’s about 27 percent. And they’re somewhat aware of transportation, including passenger cars. Passenger cars are seven percent and transportation overall is 16 percent. They have far less awareness of the other three segments. Agriculture, which is 19 percent, heating and cooling buildings, including using natural gas, are seven percent. And then, sadly, the biggest segment of all, manufacturing, including steel and cement. People are least aware of that one. And in fact, that one is the most difficult for us to solve. The size of all the steel plants, cement plants, paper, plastic, the industrial economy is gigantic. And we’re asking that to be changed over in this 30-year period when we don’t even know how to make that change right now.

Giussani: So your core argument, and really, here I’m simplifying, What is the Green Premium is that basically we need to clean up all of that, right? The way we make things, we grow things, we get around and power our economy. And so to do that, we need to get to a point where green energy is as cheap as fossil fuels, and new materials, clean materials, are as cheap as current materials. And you call that “eliminating the green premium.” So to start, tell us what you mean by green premium.

Gates: Yeah, so the green premium varies from emission sources. It’s the cost to buy that product where there’s been no emissions versus the cost we have today. And so for an electric car, the green premium is reasonably modest. You pay a little more upfront, you save a bit on the maintenance and gasoline, you give up some range, you have a longer charging time. But over the next 15 years, because the volume is there and the R and D is being done, we can expect that the electric car will be preferable. It won’t cost more. It will have a much higher range. And so that green premium that today is about 15 percent is headed to be zero even without any government subsidies. And so that’s magic. That’s exactly what we need to do for every other category. Now, an area like cement, where we haven’t really gotten started yet, the green premium today is almost double the price. That is, you pay 125 dollars for a ton of cement today but it would be almost double that if you insisted that it be green cement. And so the way I think of this is in 2050 we’ll be talking to India and saying to them, “Please use the green products as you’re building basic shelter, you know, simple air conditioning,” which they’ll need because of the heat increase or lighting at night for students. And unless we’re willing to subsidize it or the price is very low, they’ll say, “No, this is a problem that the rich countries created, that India is suffering from and you need to take care of it.” So only by bringing that green premium down very dramatically, about 95 percent across all categories, will that conversation go well so that India can make that shift. And so the key thing here is that the US’s responsibility is not just to zero out its emissions. That’s a very hard thing, but we’re only 15 percent. Unless we, through our power of innovation, make it so cheap for all countries to switch all categories, then we simply aren’t going to get there. And so the US really has to step up and use all of this innovative capacity every year for the next 30 years.

Giussani: What needs to happen in order for these breakthroughs to actually occur? Who are the players who need to come together?

Gates: Well, innovation usually happens at a pace of its own. Here we have this deadline, 2050. And so we have to do everything we can to accelerate it. We need to raise the R and D budgets in these areas. In 2015 I organized, along with President Hollande and Obama, a side event to the Paris climate talks where what Prime Minister Modi had labeled “mission innovation” was a commitment to double R and D budgets over a five-year period. And all the big countries came in and made that pledge. Then we need lots of smart people, who, instead of working on other problems, are encouraged to work on these problems. So coming up with funding for them is very, very important. I’m doing some of that through what I call Breakthrough Energy Fellows. We need high-risk capital to invest in these companies, even though the risks are very, very high. And that’s — There is now — Breakthrough Energy Ventures is one group doing that and drawing lots of other people in. But then the most difficult thing is we actually need markets for these products even when they start out being more expensive. And that’s what I call Catalyst, organizing the buying power of consumers and companies and governments so that we get on the learning curve, get the scale going up, like we did with solar and wind across all these categories. So it’s both supply of innovation and demand for the green products. That’s the combination that can start us to make this change to the infrastructure of the entire physical economy.

Giussani: In terms of funding all this, the financial system as a whole right now The need to think and act differently is essentially funding expansion of fossil fuels consistent with three degrees Celsius increase in global heating. What do you say to the Finance Committee, beyond the venture capital, about the need to think and act differently?

Gates: Well, if you look at the interest rates for a solar field versus any other type of investments, it’s not lower. You know, money is very fungible. It’s going to, you know, different projects. But, there’s no, sort of, special rate for climate-related projects. Now, you know, governments can decide through tax incentives to improve those things. But you know, this is not just about reporting numbers. It’s good to report numbers. But the steel industry is providing a vital service. Even gasoline, for 98 percent of the cars being purchased today, allows people to get to their job. And so, you know, just divestment alone is not going to be the thing that creates the new alternative and brings the cost of that down. So the finance side will be important because the speed of deployment — Solar and wind needs to be accelerated dramatically beyond anything we’ve done today. In fact, you know, on average, we’ll have to deploy three times as much every year as the peak year so far. And so those are a key part of the solution. They’re not the whole solution. But you know, people sometimes think just by putting numbers, disclosing numbers, that somehow it all changes or by divesting that it all changes. The financial sector is important, but without the innovation, there’s nothing they can do.

Giussani: A lot of the current focus is on cutting emissions by half by 2030 and on the way to reaching that zero by 2050. And in the book, you write that there is danger in that kind of thinking, that we should keep our main focus on 2050. Can you explain that?

Gates: Well, the only real measure of how well we’re doing is the green premium, because that’s what determines whether India and other developing countries will choose to use the zero emission approach in 2050. The idea, you know — If you’re focusing on short-term reductions, then you could say, oh, it’s fantastic, we just put billions of dollars into natural-gas plants. And even ignoring that there’s a lot of leakage that doesn’t get properly measured, you know, give them full credit and say that’s a 50 percent reduction. The lifetime of that plant is greater than 30 years. You financed it,

assuming you’re getting value out of it over a longer period of time. So to say, “Hey, hallelujah, we switched from coal to natural gas,” that has nothing to do with reaching zero. It sets you back because of the capital spending involved there. And so it’s not a path to zero if you’re just working on the easy parts of the emission. That’s not a path. The path is to take every source of emission and say, “Oh, my goodness, how am I going to get that green premium down? How am I going to get that green premium down?” Otherwise, getting to 50 percent does not stop the problems. This is very tough because the nature is zero. It’s not just, you know, a small decrease.

Getting the green premium down Giussani: So getting the green premium down, so you mentioned India. To make sure that the transition, the clean transition, is also an Indian story and an African story and not only a Western story, should rich countries adopt the expensive clean alternatives now, to kind of buy down the green premium and make technology, therefore, more accessible to low-income countries?

Gates: Absolutely. You have to pick which product paths with scale will become low green-premium products. And so you don’t want to just randomly pick things that are low-emission. You have to pick things that will come down. So like, you know, so far, hydrogen fuel cells have not done that. Now they might in the future. Solar, wind and lithium-ion, we’ve seen these incredible cost reductions. And so we have to duplicate that for other areas, things like offshore wind, heat pump, new ways of doing transmission. You know, we have to keep the electricity grid reliable, even in very bad weather conditions. And so that’s where storage or nuclear and transmission will have to be scaled up in a very significant way, which we now have this open-source model to look at that. And so the buying of green products that demand signal, what I call Catalyst, we’re going to have to orchestrate a lot of money, many tens of billions of dollars for that, that is one of the most expensive pieces so that the improvements come in these other areas and some of them we haven’t even gotten started on.

Consuming less energy Giussani: Many people believe actually that the climate question is mostly a question of consuming less and particularly consuming less energy. And in the book, you actually write several times that we need to consume more energy. Why?

Gates: Well, the basic living conditions that we take for granted should be made available to all humans. And the human population is growing. And so you’re going — as you provide shelter, heating and air conditioning, which anywhere near the equator will be more in demand since you’ll have many days where you can’t go outdoors at all. So we’re not going to stop making shelter. We’re not going to stop making food. And so we need to be able to multiply those processes by zero. That is, you make shelter, but there’s no emissions. You make food, but there’s no emissions. That’s how you get all the way down to zero. Now, it’s made somewhat easier if rich countries are consuming less, but how far will that go?

Giussani: So if I summarize in my head your book, Climate is a wicked problem you are basically suggesting that if we eliminate the green premium, the transition somehow can occur, the cost and technology, green premium and breakthroughs are the key drivers. But, you know, you think of climate and climate is kind of a wicked problem. It has implications that are social, political, behavioral. It requires significant citizen involvement. Are you focusing too much on tech and not enough on those other variables?

Gates: Well, we need all these things. If you don’t have a deep engagement, particularly by the younger generation making this a top priority every year for the next 30 years across all the developed countries, we will not succeed. And I’m not the one who knows how to activate all those people. I’m super glad that the people who are smart about that are thinking. It’s a necessary element. Likewise, the piece that I do have experience in, innovation ecosystems, that’s a necessary element. You will not get there just by saying, “Please stop using steel.”

The innovation piece You know, it won’t happen. And so the innovation piece has to come along and particularly encouraging consumers to buy electric cars or artificial meat or electric heat pumps, they’re part of driving that demand, what I call the catalytic demand. That alone won’t do it, because some of these big projects, like green hydrogen or green aviation fuel require billions in capital expense. But the demand signal from enlightened consumers is very important. Their political voice is very important. Their pushing the companies they work at is very important. And so I absolutely agree that the broad community who cares about this, particularly if they understand how hard it is and don’t say, “Oh, we can do it in 10 years,” they are super important.

Giussani: You mentioned artificial meat and I know you love burgers. Artificial meat Have you tried an artificial burger, and how did you find it?

Gates: Yes, I’m an investor in all these Impossible, Beyond and various people. And I have to say, the progress in that sector is greater than I expected. Five years ago, I would have said that is as hard as manufacturing. Now it’s very hard, but not as hard as manufacturing. There is no Impossible Foods of green steel and the quality is going to keep improving. It’s quite good today. You know, there’s other companies coming in to that space covering different types of food. And as the volume goes up, the price will go down. And so I think it’s quite promising. Politics I have to admit, 100 percent of my burgers aren’t artificial yet, it’s about 50 percent, but I’ll get there.

Giussani: It’s a start. You’re already on 2030 on that on that front. So you mentioned your expertise in innovation. You have a couple of lines of — how to say it? — of exquisite modesty in the book where you say you think like an engineer, you don’t know much about politics, but actually you talk to top politicians more than any of us. What do you ask them and what do you hear in return?

Gates: Well, they’re mostly responding to voters interest. Most of the countries we’re talking about are democracies. And you know, there are resources that will need to be put in like tax credits that encourage buying green products or government purchasing of green products at slightly higher prices. Those are real trade-offs. And, you know, making sure that the areas where there’s lots of jobs in, say, coal mining, or things where the demand will go down, having that political sensitivity and thinking through, can we put the new jobs in that area and what are the departments that handle that. This is a tough political problem. And, you know, my admonition to people is not only to get educated themselves, but help educate other people. And often, like in the US, if it’s people of both parties, that’s even better.

Moral mission The level of interest is high, but it needs to get even higher, almost like a moral mission of all young people to go beyond their individual success, that they believe that getting to zero by 2050 is critical.

Animated videos Giussani: Thank you. Now, before we continue the interview, I would like to take a short detour for one minute because my colleagues at TED-Ed have produced a series of seven animated videos inspired by your book. They introduce the concept of net zero emissions, they discuss other questions and challenges that we are facing relating to climate. So I would like to share one short clip from one of those animations.

(Video) You flip a switch, coal burns in a furnace which turns water into steam. That steam spins a turbine which activates a generator which pushes electrons through the wire. This current propagates through hundreds of miles of electric cables and arrives at your home. All around the world, countless people are doing this every second: flipping a switch, plugging in, pressing an “on” button. So how much electricity does humanity need?

Giussani: The answer to that and to many other climate questions, of course, is in the seven animations available on the TED-Ed site, and the TED-Ed YouTube channel.

The younger generation Bill, you mentioned the younger generation before. How does the younger generation’s role in solving this problem inspire you?

Gates: Well, they … can make sure this is a priority. And if we have, you know, it’s a priority for four years, then it’s not for four years, you can’t ask the trillions of investment in the new approach to take place. It’s got to be pretty clear that even though political parties may disagree on the tactics, the same way they agree there should be a strong defense that they agree this zero by 2050 is a shared goal, and then discuss, OK, where does government come in, where does the private sector come in, which area deserves priority? That will be a huge milestone where it’s a discussion about how to get there versus whether to get there. And the US is the most fraught in terms of it being politicized, even in terms of, is this a huge problem or not. So, you know, young people, they’re going to be around to see the good news if we’re able to achieve this. You know, I won’t be around. But, they speak with moral authority and they have particular people who are stepping up on this. But I hope that’s just the beginning. And that’s why this year, I think, is so important. All this recovery money being programmed, people thinking about, do governments protect us the way they should, do governments work together? You know, the pandemic has teed this up, it’s OK, what’s the next big problem we need to

collaborate around? And I’m hoping that climate appears there because of these activists.

Giussani: Yeah, we ought to come back to the pandemic question. But I want to talk a moment about some specific technology breakthroughs Breakthrough Energy that you mention in the book. But you also just mentioned the organization you set up, Breakthrough Energy, to invest in clean tech start-up and advocate for policies. And I assume somehow your book is kind of a blueprint for what Breakthrough Energy is going to do. There is a branch in that organization, called Catalyst, that’s prioritizing several technologies, including green hydrogen direct carbon-capture, aviation biofuels. I don’t want to ask you about specific investments, but I would like to ask you to describe why those priorities, maybe starting with green hydrogen.

Gates: If we can get green hydrogen that’s very cheap, and we don’t know that we can, that becomes a magic ingredient to a lot of processes that lets you make fertilizer without using natural gas, it lets you reduce iron ore for steel production without using any form of coal. And so there’s two ways to make it.

Green Hydrogen You can take water and split it into hydrogen and oxygen. You can take natural gas and pull out the hydrogen. And so it’s kind of a holy grail, you know, and so we need to get going. We need to get all the components to be very, very cheap. And only by actually doing projects, significant scale projects, do you get on to that learning curve. And so Catalyst will fund the early pilot projects along with governments to go make green hydrogen, get the electrolyzers to get up in volume and get a lot cheaper, because that would be a huge advance. Lot of manufacturing, not all of it, but a lot of it would be solved with that.

Giussani: So just for those who don’t know, Direct Carbon Capture green hydrogen is produced with clean energy sources, wind, solar and so, nitrogen produced from natural gas or fossil gas is called gray hydrogen. The second priority that you have set is direct carbon capture, pulling carbon from the atmosphere. And at least in theory, we can find a way to do that at large scale. Together with other technologies the problem could be solved, but it’s a very early-stage, unproven technology. You describe it yourself in the book as a thought experiment at this stage. But you are one of the main investors in this sector in the world. So what’s the real potential for direct carbon capture?

Gates: So there’s a company today, Climeworks, that for a bit over 600 dollars a ton will do capture. Now it’s at fairly small scale. I’m a customer of theirs as part of my program where I eliminate all of my carbon emissions in a gold standard way. There are other people who are trying to do larger-scale plants Carbon Engineering like Carbon Engineering. Breakthrough Energy is investing in a number of these carbon-capture entities. In a way, the carbon capture is for the part that you can’t solve any other way. It’s kind of the brute-force piece, and no one knows what that price will be. If it’s 100 dollars a ton, then the cost against current emissions would be five trillion a year. Can we get below 100 dollars a ton? It’s not clear that we can, but it would be fantastic to take the final 10, 15 percent of emissions, and instead of making the change at the place where the emission takes place, just do this, direct air capture. To be clear, direct air capture means you’re just filtering the air, and you’re pulling out the 410 million current parts per million and putting that into a pressurized form of CO2 that then you sequester in someplace that you know it’ll stay for millions of years. And so this industry is just at the very, very beginning. But it’s a necessary piece for the tail of emissions.

Biofuel Giussani: And a third priority is aviation biofuels. Now flying over the last several years has become a symbol of a polluting lifestyle, let’s say. Why aviation biofuels as a priority?

Gates: Well, the great thing about passenger cars is that even though batteries don’t store energy as well as gasoline does, there’s dramatic difference, you can afford to have the extra size and weight of those batteries. On a plane that is a large plane going a long distance, there’s no chance that batteries will ever have that energy density. I mean, there’s some crazy people who are working on it, and I’ll be glad to fund them, but you wouldn’t want to count on that. And so you either have to use hydrogen as a plane fuel, that has certain challenges, or you just want to make today’s aviation fuel with green processes, like using plants as the source of how you make those. And so I’m the biggest individual customer of a group that makes green aviation fuel. So that’s what I’m using now, costs over twice as much as the normal aviation fuel. But as the demand scales up, that’s one of those green premiums that we hope to bring down so that at some point lots of consumers will say, “Yes, I’ll pay a little extra on my plane ticket,” probably through Catalyst or through the airline to make sure that we’re building up that industry and trying to get the costs, that green premium down quite a bit. So this is a super important area that, you know, I was amazed when I went to buy that I was by far the biggest individual customer.

Nuclear power Giussani: It’s also, of course, a very symbolic area, right? People think of cars and think of airplanes when they think of pollution and emissions. There is a fourth technology that I want to bring up because you are an advocate of and an investor in nuclear power, which is also not universally accepted as clean energy because of the risks, because of radioactive waste. Can you make the case, briefly, but can you make your case for nuclear?

Gates: Well, one thing that needs to be appreciated is that energy has to come from somewhere. And so as you stop using natural gas to heat homes and gasoline to power cars, the electric grid will have to grow dramatically. And even in the case of the US, where electricity demand has been flat the last few decades, Electric grid will need to be almost three times as large. As you do that with weather-dependent sources, the reliability of the electricity generation goes away, that as you get big cold fronts that for 10 days can stop most of the wind and solar, say, in the Midwest. So the question is, how do you use massive amounts of transmission and storage and non weather-dependent sources which at scale nuclear as the only choice there, to maintain that reliability and not have people, say, freeze to death.

Nuclear And nuclear — People will be pretty impressed with how valuable it is to create that reliability. Now, 80 percent, at least in the US, will be wind and solar. So we have to build that faster than ever. But what is that piece that’s always available is where nuclear would fit in.

Scaling down Giussani: Now, you talk a lot about scaling up technologies in the book. I want to ask you a question about scaling down, because one thing that’s absent from your book is a discussion about scaling down fossil fuel production, maybe starting with at least not expanding it anymore, with adopting a sort of fossil fuel nonproliferation approach, because right now we are talking about a green transition, but at the same time we are building out further fossil fuel infrastructure. What’s your view on that?

Gates: Well, it’s all about the demand for fossil fuels and the fact that the green premium is very high. If you want to restrict supply, then you’ll just drive the price up. People still want to drive to their job. If you know, say you made fossil fuels illegal. You know, try that for a few weeks. My view is you have to create a substitute because the services provided by the fossil fuel are actually quite valuable. Electricity is valuable. Transportation is valuable. And are you willing to drop demand for those things to zero? So the capitalistic economy will respond. If it’s clear, you know, how you’re going to do your tax policies and your credit, you’re going to drive innovation, then the infrastructure investments in those things will go down. We see that with coal already today. But … Just speaking against something when you haven’t created an alternative isn’t going to get you to zero.

Lessons from the pandemic Giussani: OK, I want to shift topics. You mentioned before the pandemic, and your main focus since you set up the Gates Foundation has been on global health. I actually read the letter, the annual letter you wrote with your wife, Melinda, in January 2021, which was very much about the COVID-19 pandemic. And I found myself marveling at how what you write resonates with the climate challenge. What lessons from the pandemic can be actually applied to climate?

Gates: Well I think the biggest lesson is that governments got to, on our behalf, avoid disastrous future outcomes. And individual citizens aren’t equipped to either do those evaluations or think through that R and D and deployment plan that’s necessary here. And so we have to make it an imperative that governments, hopefully of any party, join in to this. The pandemic, we did eventually get global cooperation. The US didn’t play its normal role there, but the private sector innovation created the vaccine. Now, sadly, with climate, the pain it’s causing gets worse over time. So with the pandemic, we had all these deaths, and people were like, “Wow, OK, we should do something.” With climate you can’t wait. You know, the coral reefs will have died off, the species will be gone. And so if you say, “OK, well, let’s, when it gets bad, we’ll invent something like a vaccine.” That doesn’t work, because to stop the emissions, you have to change every steel plant

, cement plant, car, things that have massive lead times and literally trillions of dollars of investment. And so with the pandemic, we messed up. We didn’t pay attention. You know, people like myself said it was a problem. But, now we’re getting our way out of it through innovation. But climate’s harder, much harder problem. And so the political will to get it right needs to be unprecedented compared to the pandemic or almost any other political cause.

Giussani: I want to correct you about private-sector innovation, How to mobilize against climate change because, of course, a lot of public money went into funding research and guaranteed purchases. And so for the vaccines. But that’s a separate interview.

Gates: Well, the Pfizer vaccine used no government money.

Giussani: That’s absolutely true. Bill, still related to our reaction to these big challenges, over half of the total greenhouse gas emissions since 2017, 50 or 51 have gone up in the atmosphere in the last 30 years. And we have known for more than 30 years that they have pernicious effects, to say the least. So if we could mobilize such enormous resources and policies and collaborations and global collaborations against COVID-19, what’s the lever we can use to mobilize the same against climate?

Gates: Well, until 2015, nobody pushed for the R and D budgets to go up. So, you know, there are times when I think “Wow, are we serious, are we not?” You know, that R and D question just wasn’t discussed. And you could read every paper on green steel and there were hardly any. And so we are just starting to get serious about climate. And you know, we’ve wasted a lot of time that we should have used to work on the hard parts of climates, just having short-term goals and not focusing on the R and D piece, you know, the last 20 years, we don’t have much to show for the hard categories.

Funding adaptation Now, there’s still time to get there. We will have to fund adaptation a great deal because the 2050 goal is not because that’s a goal that gives you zero damage. It’s simply the goal that is the most ambitious that has a chance of being achieved. And we are causing problems for subsistence farmers and sea-level rise and wildfires and natural ecosystems. And so the adaptation side is even more underfunded than the mitigation side. For example, helping poor farmers with seeds that can deal with the droughts and high temperatures is funded at less than a billion a year, which is deeply tragic.

Reducing footprint Giussani: Bill, we’re getting towards the end. I mentioned at the beginning, in the book you describe yourself as an imperfect messenger on climate. What changes have you made in your personal and family life to reduce your footprint?

Gates: Well, I’m certainly driving an electric car, you know, putting solar panels on the houses where that makes sense. Using this green aviation fuel, I still can’t say that I’ve stopped eating meat or that I never fly. And so it’s mostly by funding at over seven million a year the products that although their green premiums are very high today, like the carbon capture or like the aviation fuel, by funding those, you actually get those on to the learning curve to get those prices down very dramatically. One area that I do is I fund putting in electric heat-pumps into low-cost housing. And so instead of using natural gas, they get a lower bill because it’s done with electricity. And I paid that extra capital cost as an offset. So, you know, accelerating those demand things. I’ve tried to get out in front of that.

Paying for offsets Giussani: You also talk in the book about paying more than market value or the current market price for offsets, and you hinted to them before, talking about the golden standard. Tell us about what kind of — offsets can be kind of confusing and controversial. What are the right offsets?

Gates: Well, first of all, it’s great that we’re finally talking about offsets, and any company that actually looks at their emissions and pays for offsets is way better than a company that either doesn’t look at their emissions or looks at them and doesn’t pay for offsets. And so the leading companies are now buying offsets, some of them spending hundreds of millions to buy offsets. That is a very, very good thing. The ability to see which offsets actually have long-term benefit that really keep the carbon out for the over thousands of years that count. There are now organizations that I and others are funding to label offsets as either gold standard or different levels of impact. And the price of offsets range from 15 dollars a ton to 600 dollars a ton. Some of the low-cost ones may be really legitimate, like reducing natural gas leakage. That is pretty dramatic in some cases in terms of the dollars per tons avoided there. A lot of the forestry things will probably not end up looking that good, as you really look at the lifetime of the tree or what would have happened otherwise. But, you know, at least we’re talking about offsets now. And now we’re going to do it in a thoughtful way.

Individual action Giussani: So some of the people listening to this interview may already be very involved with climate, others may be looking for ways to step up. And at the end of your book, you have a chapter about individual action. Give us maybe, say, two examples, two practical examples of things that individual citizens in the US, but also elsewhere, can do to play a meaningful role in tackling climate change.

Gates: I think everybody should start by learning more, you know. How much steel do we make and where are those steel plants? The industrial economy is kind of a miracle, although sadly, it’s a source of so many emissions. Once you really educate yourself, then you’re in a position to educate others, hopefully, of diverse political beliefs about why this is so important. And yet it’s also very, very hard to do. You have all your buying behavior, electric cars, artificial meat, you know, and you’ll see for all the different products various things that indicate how green that product is. And your demand doesn’t just save those emissions, it also encourages the improvement of the green product.

Political voice Political voice, I’d still put it number one. Making sure your company is measuring its emissions and is starting to fund offsets and is willing to be a customer for breakthrough storage solutions or green aviation fuel. That is catalytic. And a lot of those funds hopefully will go through this vehicle that’s really identifying which projects globally are technologies that won’t stay expensive but can do like what solar and wind did and come down in price. So individuals are what drive this thing. The democracies are where most of the innovation power is and they have to get activated and set the example.

Giussani: I would like to end on the outcome. The future Maybe we should have started with the outcome, but let’s imagine a world where we will actually have done all of what you describe in the book and everything else that’s necessary. What would that future everyday life look like?

Gates: Well, I think everybody will be really proud that humanity came together on a global basis to make this radical change and there’s no precedent for it. Even world wars, where we orchestrated lots of resources, it was, like, four or five year duration. And here we’re talking about three decades of hard work dealing with an enemy that the super bad stuff is out in the future. And so you’re benefiting young people and future generations. In some ways, you know, life will look a lot like it does today. You’ll still have buildings, you’ll have air conditioning, you’ll have lights at night. But all of those you’ll multiply by zero in terms of what the emissions that come out of those activities are. A source of pride During the same time frame we’ll have advances in medicine of curing cancer and finishing polio and malaria and all sorts of things. And so by taking away this one super negative thing, then all the progress we make in other areas won’t get reduced by this awful thing that, if it goes unchecked, the migration out of the equatorial regions, the number of deaths, it’ll make the pandemic look like nothing. I think so from a moral point of view and letting the other improvements not be offset by this. It’ll be a source of great pride that, hey, we came together.

Giussani: OK, let’s hope that we actually do. Bill Gates, thank you for sharing your knowledge, thank you for this very, very important book. And thank you for coming back to TED. I want to close by showing another short clip from the TED-Ed animation series inspired by Bill’s book. This one is about material that’s all around us, has a big carbon footprint and how to reinvent it. Now, the series includes seven videos. You can watch them all for free at ed.ted.com/planforzero. That’s planforzero, one single word. And on the TED-Ed YouTube channel.

Thank you. Goodbye.

(Video) Look around your home. Refrigeration, along with other heating and cooling, makes up about six percent of total emissions. Agriculture, which produces our food, accounts for 18 percent. Electricity is responsible for 27 percent. Walk outside and the cars zipping past, planes overhead, trains ferrying commuters to work. Transportation, including shipping, contributes 16 percent of greenhouse gas emissions. Even before we use any of these things, making them produces emissions, a lot of emissions. Making materials, concrete, steel, plastic, glass, aluminum and everything else accounts for 31 percent of greenhouse gas emissions.

和訳

ブルーノ・ジュッサーニ: こんにちは。ビル・ゲイツは、自身の高いカーボンフットプリントとライフスタイルのため、気候問題に関しては「不完全なメッセンジャー」と自称しています。しかし、彼は我々が気候変動に立ち向かうための考え方に大きな貢献をしました。それは、経済と社会を脱炭素化するための本を通じてです。この本は、楽観的で「できる」という姿勢を持ち、技術的な解決策に強く焦点を当てています。彼は、風力や太陽光発電といった既存の技術、炭素フリーのセメントや鉄鋼、そして長期エネルギー貯蔵など、今後開発が必要なものについて議論しています。また、経済学の視点から、グリーンプレミアムという概念を紹介しています。この本の要旨は、気候変動と戦うことは困難だが可能であり、すべての人にとって清潔で繁栄した未来への道があるということです。本の著者と共にその一部を解き明かしていきましょう。ビル・ゲイツさん、TEDへ再びようこそ。

ビル・ゲイツ: ありがとうございます。

ジュッサーニ: ビル、まず本のタイトルから話を始めたいと思います。「気候災害を避ける方法」というタイトルは、もちろん、私たちが行動を変えなければ気候災害に向かっていることを前提としています。では、気候災害を避けるために最も重要なことは何でしょうか?

ゲイツ: まあ、我々が大気中に放出する温室効果ガス、特にCO2は何千年もそこに留まります。そのため、これらの排出量の総量が温度をどんどん上昇させ、災害的な影響をもたらします。ですから、現在年間510億トンを超えるこれらの排出量をゼロまで削減する必要があります。それで初めて温度の上昇が止まり、災害的な気象現象が悪化しないようになります。非常に厳しい要求です。50%の削減ではなく、完全にゼロにしなければなりません。

ジュッサーニ: 510億というのは大きな数字ですね。その規模を理解するのは難しいです。問題の規模を視覚化するのを手伝ってください。

ゲイツ: まあ、鍵はすべての異なるソースを理解することです。人々は主に天然ガスや石炭を使った電力生産が大きなソースであることを知っています。これは約27%です。また、輸送も含めてある程度認識されています。乗用車は7%、輸送全体では16%です。残りの3つのセグメントについてはほとんど認識がありません。農業は19%、建物の暖房と冷房は天然ガスの使用を含めて7%です。そして、残念ながら最大のセグメントである製造業、鉄鋼やセメントを含みます。これが最も難しい問題です。すべての製鉄所、セメント工場、紙、プラスチックの規模は巨大です。これを30年間で変えるように求めていますが、今はその方法さえわかっていません。

ジュッサーニ: ですから、あなたの主張の核心は、基本的にすべてをクリーンアップする必要があるということですね。ものの作り方、育て方、移動方法、経済を支える方法を一新する必要があります。そしてそれを実現するために、グリーンエネルギーが化石燃料と同じくらい安価になる必要があり、新しい材料、クリーンな材料も現在の材料と同じくらい安価になる必要があります。これを「グリーンプレミアムの排除」と呼んでいます。では、まずグリーンプレミアムとは何か説明してください。

ゲイツ: ええ、グリーンプレミアムは排出源によって異なります。これは、排出量のない製品を購入するコストと、現在のコストとの違いです。電気自動車の場合、グリーンプレミアムは比較的少額です。最初に少し多く支払い、メンテナンスとガソリンで少し節約し、航続距離をあきらめ、充電時間が長くなります。しかし、次の15年で、量が増え、研究開発が進むため、電気自動車は好まれるようになるでしょう。価格は高くならず、航続距離は大幅に伸びます。ですから、今日のグリーンプレミアムは約15%ですが、政府の補助金なしでもゼロになる方向に向かっています。これは魔法のようなものです。これが他のすべてのカテゴリに対しても必要です。今のところ、セメントのような分野では、グリーンプレミアムはほぼ倍です。つまり、今日1トンのセメントに125ドルを支払うのですが、グリーンセメントを使用するとその価格はほぼ倍になります。ですから、2050年にはインドに「基本的な住居を建てる際にグリーン製品を使用してください」と言うことになるでしょう。エアコンや夜間の照明が必要になるでしょう。しかし、それを補助するか価格が非常に低くない限り、「これは裕福な国々が引き起こした問題で、インドが苦しんでいる問題ですから、あなたたちが対処する必要があります」と言われるでしょう。ですから、グリーンプレミアムを95%減らすことが重要です。そうすればインドもその転換を行うことができるでしょう。

ジュッサーニ: これらの技術革新が実際に起こるためには何が必要ですか?誰が協力する必要がありますか?

ゲイツ: 技術革新は通常、それ自体のペースで進行します。しかし、ここには2050年という期限があります。ですから、できる限りそれを加速させる必要があります。これらの分野の研究開発予算を増やす必要があります。2015年には、パリ気候会議でオランド大統領とオバマ大統領と共にサイドイベントを組織しました。そこで、モディ首相が「ミッションイノベーション」と名付けたものは、研究開発予算を5年間で倍増することを約束しました。そして、すべての大国がこの誓約に参加しました。その後、多くの賢い人々が他の問題に取り組む代わりに、これらの問題に取り組むよう奨励される必要があります。ですから、彼らのための資金を確保することが非常に重要です。私は「ブレークスルーエナジーフェローズ」という名前でそれを行っています。また、高リスク資本がこれらの企業に投資する必要があります。リスクは非常に高いですが、それでも重要です。現在、「ブレークスルーエナジーベンチャーズ」というグループがあり、多くの人々を引き込んでいます。しかし、最も難しいのは、市場を作り出すことです。製品が高価である場合でも、それを購入する市場を作ることが重要です。これが私が「カタリスト」と呼ぶもので、消費者、企業、政府の購買力を組織し、学習曲線に乗り、太陽光や風力のようにすべてのカテゴリで規模を拡大することです。ですから、技術革新の供給とグリーン製品の需要の両方が、この変革を開始するための組み合わせです。

ジュッサーニ: これを資金調達するために何が必要ですか?金融システム全体は現在、地球温暖化を3度以上進行させる化石燃料の拡大を資金提供しています。金融委員会に対して、ベンチャーキャピタルを超えて、異なる考え方と行動を求めるためには何を言いますか?

ゲイツ: まあ、太陽光発電所の金利と他の

タイプの投資の金利を見てみると、それほど低くはありません。お金は非常に流動的で、さまざまなプロジェクトに向かっています。しかし、気候関連プロジェクトのための特別な金利はありません。政府は税制上の優遇措置を通じてそれらを改善することができますが、これは単に数字を報告することではありません。数字を報告することは良いことですが、鉄鋼業界は重要なサービスを提供しています。現在購入されている車の98%がガソリンを使用しており、人々が仕事に行くためにそれが必要です。ですから、単に投資を止めるだけでは、新しい代替品を作り出し、そのコストを下げることはできません。金融セクターは重要ですが、技術革新がなければ何もできません。

ジュッサーニ: 現在の焦点は、2030年までに排出量を半減し、2050年までにゼロにすることにあります。しかし、本ではそのような考え方には危険があると書かれています。我々の主な焦点は2050年にすべきだと説明してください。

ゲイツ: 唯一の真の指標はグリーンプレミアムです。これは、インドや他の発展途上国が2050年にゼロ排出アプローチを選ぶかどうかを決定します。短期的な削減に焦点を当てている場合、「天然ガス発電所に何十億ドルも投入した」と言うことができます。そして、漏れが正確に測定されないことを無視しても、それを完全に信用し、50%の削減だと言うことができます。そのプラントの寿命は30年以上です。その価値を長期間にわたって得ることを前提に資金を調達しました。ですから、「石炭から天然ガスに切り替えた、ハレルヤ」と言っても、それはゼロに達するための道ではありません。それは資本支出が関与しているため、後退します。ですから、排出量の簡単な部分だけを処理しても、それはゼロへの道ではありません。すべての排出源を取り上げ、「ああ、どうやってこのグリーンプレミアムを下げるのか?」と問わなければなりません。さもなければ、50%に達しても問題は解決しません。これは非常に難しいことです。

ジュッサーニ: グリーンプレミアムを下げるということですが、インドを例に挙げました。清潔な転換がインドやアフリカの物語でもあり、西洋だけの物語ではないことを確実にするために、裕福な国々は高価なクリーンな代替品を採用し、グリーンプレミアムを下げて技術を低所得国によりアクセスしやすくすべきですか?

ゲイツ: もちろんです。どの製品パスが規模で低グリーンプレミアム製品になるかを選ぶ必要があります。単に低排出のものをランダムに選ぶのではなく、コストが下がるものを選ぶ必要があります。例えば、今のところ水素燃料電池はそうなっていませんが、将来的にはそうなるかもしれません。太陽光、風力、リチウムイオン電池での劇的なコスト削減を見てきました。他の分野でもそれを複製する必要があります。オフショア風力、ヒートポンプ、新しい送電方法など。非常に悪天候でも電力網を信頼性のあるものに保つ必要があります。ですから、貯蔵や原子力、送電を大規模に拡大する必要があります。そして、グリーン製品の購入、その需要シグナルを組織することが必要です。これが最も高価な部分の一つであり、他の分野でも改善が進むようにしなければなりません。

ジュッサーニ: 多くの人々は気候問題は主に消費を減らす、特にエネルギー消費を減らす問題だと考えています。しかし、あなたは本の中で何度も、より多くのエネルギーを消費する必要があると書いています。それはなぜですか?

ゲイツ: 私たちが当たり前と考えている基本的な生活条件は、すべての人々に提供されるべきです。そして人間の人口は増加しています。ですから、住居や暖房、空調を提供するにつれて、それらのプロセスをゼロにする必要があります。つまり、住居を作っても排出量はゼロです。食料を作っても排出量はゼロです。これがゼロに達する方法です。裕福な国々が消費を減らしても、それだけでは十分ではありません。

ジュッサーニ: 本を要約すると、あなたは基本的にグリーンプレミアムを排除すれば移行が可能であり、コストと技術、グリーンプレミアムとブレークスルーが鍵となると示唆しています。しかし、気候問題は社会的、政治的、行動的な影響を持ち、市民の大きな関与が必要です。あなたは技術に焦点を当てすぎて、他の変数を十分に考慮していないのではありませんか?

ゲイツ: まあ、すべての要素が必要です。特に若い世代が次の30年間にわたり毎年これを最優先事項にする深い関与がなければ、成功しません。そして、私はその人々をどうやって活性化するかを知っているわけではありません。そのことを考えている賢い人々がいることに非常に感謝しています。それは必要な要素です。同様に、私が経験しているイノベーションエコシステムも必要な要素です。「どうか鉄を使わないでください」と言っても実現しません。イノベーションの部分も必要であり、特に消費者に電気自動車や人工肉、電気ヒートポンプを購入するよう促すことが重要です。それが需要を促進する一部です。しかし、それだけでは十分ではありません。グリーン水素やグリーン航空燃料のような大規模なプロジェクトには、数十億ドルの資本支出が必要です。しかし、啓蒙された消費者からの需要シグナルは非常に重要です。彼らの政治的な声も非常に重要です。彼らが働いている企業を押すことも非常に重要です。ですから、広範なコミュニティがこれを理解し、「10年でできる」と言わずに、「非常に難しい」と理解することが非常に重要です。

ジュッサーニ: あなたは人工肉について言及しました。あなたはハンバーガーが好きですね。人工肉のハンバーガーを試したことがありますか?どう感じましたか?

ゲイツ: はい、私はインポッシブル、ビヨンドなどのすべての企業に投資しています。この分野の進歩は私が予想していたよりも大きいです。5年前には、それは製造と同じくらい難しいだろうと言っていました。今では非常に難しいですが、製造ほどではありません。グリーンスチールのインポッシブルフーズはありませんが、その品質は向上し続けています。今日でもかなり良いです。さまざまな種類の食品をカバーする他の企業も参入しています。そして、ボリュームが増えると価格が下がります。ですから、私は非常に有望だと思います。政治 私は認めます、私のバーガーの100%がまだ人工ではありませんが、約50%です。しかし、私はそこに到達するでしょう。

ジュッサーニ: それは始まりです。あなたはその分野で2030年にすでに向かっています。あなたはイノベーションの専門知識について言及しました。本の中で、あなたはエンジニアのように考えると述べていますが、政治についてはあまり知識がないと謙虚に述べています。しかし、実際には私たちよりも多くのトップ政治家と話しています。彼らに何を尋ね、どのような返答を受けますか?

ゲイツ: 彼らは主に有権者の関

心に応えています。私たちが話しているほとんどの国は民主主義国家です。そして、税控除のようなグリーン製品の購入を奨励するためのリソースを提供する必要があります。これらは現実のトレードオフです。石炭採掘などの需要が減る地域で新しい仕事を提供することを考えることは、政治的な感受性を持つことが重要です。これは厳しい政治的問題です。私の助言は、人々が自分自身を教育し、他の人々を教育することです。アメリカでは、両党の人々がそれを行うことがさらに良いです。

道徳的使命 関心のレベルは高いですが、さらに高くなる必要があります。若い世代のすべての人々が、個々の成功を超えて2050年までにゼロに到達することが重要だと信じることが、ほとんど道徳的な使命のようにする必要があります。

アニメーションビデオ ジュッサーニ: ありがとうございます。インタビューを続ける前に、1分間の寄り道をしたいと思います。TED-Edの同僚があなたの本にインスパイアされた7本のアニメーションビデオを制作しました。それらはネットゼロ排出の概念を紹介し、気候に関連する他の質問や課題について議論しています。そのアニメーションの一部を共有したいと思います。

(ビデオ) スイッチを入れると、石炭が炉で燃え、水が蒸気になります。その蒸気がタービンを回し、発電機を作動させ、電子をワイヤーに押し出します。この電流は何百マイルも電線を伝わり、あなたの家に届きます。世界中で、無数の人々がこの瞬間にスイッチを入れ、プラグを差し込み、オンボタンを押しています。人類はどれだけの電力を必要としていますか?

ジュッサーニ: その答えと他の気候に関する多くの質問の答えは、TED-EdサイトとTED-Ed YouTubeチャンネルで利用可能な7本のアニメーションにあります。

若い世代 ジュッサーニ: ビル、以前に若い世代について言及しましたが、彼らの役割がこの問題を解決する上でどのようにあなたをインスパイアしていますか?

ゲイツ: 彼らはこれを最優先事項にすることができます。そして、4年間優先され、その後4年間優先されなくなると、新しいアプローチへの投資は行われません。政治政党が戦術については異なる意見を持っていても、防衛が強化されるべきだと同意するのと同じように、2050年までにゼロを目指すことが共有目標であり、次に政府がどこに関与するのか、民間部門がどこに関与するのか、どの分野が優先されるべきかを議論することが重要です。それは大きなマイルストーンとなり、「そこに到達する方法」についての議論になります。アメリカでは、これが政治化され、これが大きな問題であるかどうかについても議論されています。ですから、若い人々は、もし私たちがこれを達成できたら、その良いニュースを見ることができます。私はその時にはいないでしょう。しかし、彼らは道徳的な権威を持って話し、この問題に取り組む人々が特に立ち上がっています。しかし、これが始まりに過ぎないことを願っています。だからこそ今年は非常に重要です。すべての回復資金が計画され、人々が「政府は私たちを適切に保護しているか、政府は協力しているか」を考えています。パンデミックはこれを引き起こし、次の大きな問題は何か、協力して対処する必要があります。気候問題がここに現れることを願っています。

ジュッサーニ: パンデミックの問題に戻る必要がありますが、まず本で言及されている具体的な技術ブレークスルーについて話したいと思います。また、あなたが設立したブレークスルーエナジーについても言及しました。これはクリーンテックのスタートアップに投資し、政策を提唱する組織です。おそらく、あなたの本はブレークスルーエナジーが行うことの青写真のようなものです。この組織には、グリーン水素、直接炭素捕捉、航空バイオ燃料などの技術を優先するカタリストという部門があります。具体的な投資についてではなく、なぜこれらの優先事項が選ばれたのかを説明してください。グリーン水素から始めてください。

ゲイツ: 非常に安価なグリーン水素を得ることができれば、それは多くのプロセスにとって魔法の成分となり、天然ガスを使用せずに肥料を作ることができ、石炭を使わずに鉄鉱石を還元することができます。ですから、グリーン水素を作る方法は2つあります。水を分解して水素と酸素を作るか、天然ガスを取り出して水素を引き出すかです。これがいわゆる聖杯のようなもので、始める必要があります。すべてのコンポーネントを非常に安価にする必要があります。そして、実際にプロジェクトを行い、規模の大きなプロジェクトを行うことで、その学習曲線に乗ることができます。ですから、カタリストは、政府と共に初期のパイロットプロジェクトを資金提供し、グリーン水素を作り、電解槽を大量生産し、非常に安価にすることを目指しています。製造業の多くはそれで解決されるでしょう。

ジュッサーニ: では、グリーン水素とは、クリーンエネルギー源で生産された水素のことです。天然ガスや化石ガスから作られた水素はグレー水素と呼ばれます。次の優先事項は、直接炭素捕捉、大気から炭素を引き出すことです。少なくとも理論的には、大規模にそれを行う方法が見つかれば、問題は解決されるかもしれません。しかし、これは非常に初期段階の未検証の技術です。あなた自身が本でそれを思考実験と表現しています。しかし、あなたはこの分野の主要な投資家の一人です。直接炭素捕捉の本当の可能性は何ですか?

ゲイツ: 現在、クライムワークスという会社があり、1トンあたり600ドルちょっとで捕捉を行います。今は小規模ですが、私は彼らの顧客の一人であり、すべての炭素排出をゴールドスタンダードでゼロにするプログラムの一環として行っています。他にも大規模なプラントを作ろうとしている人々がいます。例えばカーボンエンジニアリングです。ブレークスルーエナジーは、多くの炭素捕捉企業に投資しています。炭素捕捉は、他の方法で解決できない部分に対する力づくの手段です。誰もその価格がどれだけ下がるか分かりません。もし1トンあたり100ドルになれば、現在の排出に対して年間5兆ドルのコストがかかります。100ドル以下にできるかどうかは分かりませんが、残りの10〜15%の排出を対象に、直接空気捕捉を行うことができれば素晴らしいことです。直接空気捕捉とは、空気をフィルタリングし、410ppmの炭素を取り出し、それを圧縮した形で保管することです。この産業はまだ非常に初期段階ですが、排出の末端部分に必要な手段です。

バイオ燃料 ジュッサーニ: 第三の優先事項は、航空バイオ燃料です。飛行機の使用は、汚染するライフスタイルの象徴となっています。なぜ

航空バイオ燃料が優先されるのですか?

ゲイツ: 乗用車については、バッテリーがガソリンほどエネルギーを蓄えることはできませんが、その追加のサイズと重量を負担することができます。しかし、長距離を飛行する大きな飛行機では、バッテリーがそのエネルギー密度を持つことはできません。ですから、水素を飛行機燃料として使用するか、今日の航空燃料をグリーンプロセスで作る必要があります。私はグリーン航空燃料を作るグループの最大の個人顧客です。ですから、私は今それを使用しており、通常の航空燃料の2倍以上のコストがかかります。しかし、需要が拡大するにつれて、そのグリーンプレミアムを下げることができます。そうすれば、将来的に多くの消費者が「はい、飛行機のチケットに少し余分に支払います」と言うでしょう。おそらくカタリストを通じて、または航空会社を通じて、その業界を育て、そのコストを大幅に削減することを目指しています。ですから、これは非常に重要な分野であり、私はそれを購入する際に、私が最も大きな個人顧客であることに驚きました。

原子力 ジュッサーニ: 車や飛行機を考えるとき、人々は汚染と排出を考えます。しかし、原子力はリスクや放射性廃棄物のために、クリーンエネルギーとして普遍的に受け入れられていません。短くても良いので、原子力のケースを説明してください。

ゲイツ: エネルギーはどこかから来なければなりません。天然ガスを使わずに住宅を暖房し、ガソリンを使わずに車を動かすと、電力網は劇的に拡大しなければなりません。アメリカの場合、過去数十年間電力需要が停滞していましたが、電力網はほぼ3倍に拡大する必要があります。天候に依存する電力源を使用することで、その信頼性が失われます。例えば、寒冷前線が10日間続くと、中西部のほとんどの風力と太陽光が停止します。ですから、どのようにして大量の送電と貯蔵、天候に依存しない電力源を使用するかが重要です。大規模な原子力がその唯一の選択肢です。

原子力 人々はその信頼性の価値を非常に高く評価するでしょう。アメリカでは少なくとも80%が風力と太陽光です。ですから、それを今まで以上に速く構築しなければなりません。しかし、常に利用可能な部分は原子力です。

縮小 ジュッサーニ: 本の中で多くの技術をスケールアップすることについて話していますが、スケールダウンについても質問したいと思います。具体的には、化石燃料の生産を縮小することについてです。少なくともこれ以上拡大しないことで、化石燃料の非拡散アプローチを採用することについてどう考えますか?

ゲイツ: それは化石燃料の需要とグリーンプレミアムが非常に高いという事実に関するものです。供給を制限すると、価格が上昇します。人々はまだ仕事に行くために車を運転したいと思っています。例えば、化石燃料を違法にした場合、それを数週間試してみてください。私の考えは、代替品を作成する必要があるということです。なぜなら、化石燃料が提供するサービスは実際には非常に価値があります。電気は価値があります。交通手段は価値があります。それらの需要をゼロにする覚悟がありますか?資本主義経済は対応します。税制や信用の方針が明確であり、イノベーションを促進するならば、それらのインフラ投資は減少します。すでに石炭でそれを見ています。しかし、代替品を作成していないときに反対するだけではゼロに到達できません。

パンデミックからの教訓 ジュッサーニ: 話題を変えたいと思います。以前にパンデミックに言及しましたが、あなたの主な焦点はグローバルヘルスでした。2021年1月に妻のメリンダと共に書いた年次書簡を読みました。COVID-19パンデミックについてのものでした。そこで書かれたことが気候の課題とどのように共鳴しているかに驚きました。パンデミックから得た教訓を気候に適用できるものは何ですか?

ゲイツ: 最大の教訓は、政府が私たちのために壊滅的な将来の結果を回避しなければならないということです。個々の市民はその評価や研究開発と展開計画を考えることができません。ですから、すべての党がこの問題に参加することを強く求めなければなりません。パンデミックでは最終的に国際協力が得られましたが、アメリカは通常の役割を果たしませんでした。しかし、民間部門のイノベーションがワクチンを生み出しました。気候では、痛みが時間とともに悪化します。ですから、パンデミックでは多くの死者が出て、「何かをしなければならない」と思いました。気候では待つことはできません。サンゴ礁は死に、種は消えるでしょう。そして、「問題が悪化したときにワクチンのようなものを発明しよう」と言っても、それはうまくいきません。排出を止めるためには、すべての製鉄所、セメント工場、車を変更する必要があります。これは巨大なリードタイムと数兆ドルの投資を必要とします。ですから、パンデミックでは失敗しました。注意を払わなかったのです。しかし、今ではイノベーションを通じてそれを克服しています。しかし、気候はもっと難しい問題です。ですから、それを正しく行うための政治的意志は、パンデミックや他のほとんどの政治的原因よりも前例のないものである必要があります。

ジュッサーニ: 民間部門のイノベーションについて訂正したいと思います。なぜなら、もちろん多くの公的資金が研究と保証された購入に使われました。ワクチンのためです。しかし、それは別のインタビューです。

ゲイツ: ファイザーのワクチンには政府の資金は使われていません。

ジュッサーニ: それはその通りです。ビル、これらの大きな課題に対する我々の反応に関連して、2017年以降の総温室効果ガス排出量の半分以上が過去30年間に大気中に放出されました。そして、30年以上前からそれらが有害な影響を持つことを知っていました。COVID-19に対してこれほどの資源と政策、協力を動員できたのであれば、気候に対しても同じように動員するためのレバーは何ですか?

ゲイツ: 2015年まで、研究開発予算を増やすことを求める人は誰もいませんでした。ですから、「本気かどうか」ということを考えると、「本気かどうか」と思うことがあります。研究開発の問題は議論されませんでした。グリーンスチールについての論文をすべて読むことができましたが、ほとんどありませんでした。気候に関して真剣に取り組み始めたばかりです。20年間、短期目標に焦点を当て、研究開発の部分に焦点を当てていませんでした。気候の困難なカテゴリーには多くの時間を費やすべきでしたが、それを行いませんでした。

適応に資金を提供する 時間はまだあります。2050年の目標はゼロダメージを与える目標ではなく、最も野心的で達成の可能性がある目標です。貧しい農民に干ばつ

や高温に対応できる種子を提供するための資金は年間10億ドル未満であり、これは非常に悲劇的です。

フットプリントを減らす ジュッサーニ: ビル、終わりに近づいています。本の冒頭で、あなたは気候について不完全なメッセンジャーと自称しています。個人的および家庭生活でフットプリントを減らすためにどのような変更を行いましたか?

ゲイツ: 電気自動車を運転していることはもちろんです。必要に応じて家に太陽光パネルを設置しています。グリーン航空燃料を使用していますが、肉を完全にやめたとは言えませんし、飛行機に全く乗らないとは言えません。年間700万ドル以上を費やしている製品の需要を加速させることで、学習曲線に乗せ、価格を大幅に下げることができます。低コスト住宅に電気ヒートポンプを設置するための資金を提供しています。これにより、天然ガスの使用を避けることができ、電気を使用するための請求額も下がります。

オフセットの支払い ジュッサーニ: 本の中で、市場価格よりも高い価格でオフセットを購入することについても言及しています。オフセットは混乱しやすく、論争の的になることがありますが、どのようなオフセットが適切ですか?

ゲイツ: まず、オフセットについて話し始めたことは素晴らしいことです。排出量を計測し、オフセットを購入する企業は、排出量を計測しない、または計測してもオフセットを購入しない企業よりもはるかに優れています。オフセットの実際の長期的な利益を確認し、何千年も炭素を保持することができるかを確認する組織に資金を提供しています。オフセットの価格はトンあたり15ドルから600ドルまで様々です。低コストのオフセットの一部は本当に正当であるかもしれません。例えば、天然ガスの漏れを減らすことは非常に劇的です。

個人の行動 ジュッサーニ: 気候に非常に関与している人もいれば、どのように関与すればよいかを探している人もいます。あなたの本の最後の章で、個人の行動について述べています。個人が気候変動に取り組むためにできる具体的な2つの例を教えてください。

ゲイツ: まずは学ぶことから始めるべきです。どれだけの鉄を作っているのか、その製鉄所はどこにあるのか。産業経済は奇跡のようなものですが、多くの排出源でもあります。自分自身を教育することで、他の人々を教育する立場に立つことができます。様々な政治的信念を持つ人々にとっても重要です。また、消費行動も重要です。電気自動車や人工肉など、緑色の製品を購入することが排出量を削減し、緑色製品の改善を促進します。

政治的声 政治的な声が最も重要です。会社が排出量を計測し、オフセットを購入し、突破的な貯蔵ソリューションやグリーン航空燃料の顧客となることを保証することが重要です。これが触媒となります。

ジュッサーニ: 最終的な結果について話したいと思います。あなたが本で述べているすべてのことを実行し、必要な他のことをすべて実行した未来の日常生活はどのようなものでしょうか?

ゲイツ: 人類がグローバルな規模で協力してこの劇的な変革を成し遂げたことを誇りに思うでしょう。世界大戦でも多くの資源を動員しましたが、それは4、5年の期間でした。ここでは3つの世代にわたる困難な作業について話しています。将来の世代のために利益をもたらしています。生活は今日のように見えるでしょう。建物があり、エアコンがあり、夜には照明があります。しかし、これらの活動からの排出量はゼロになります。道徳的な観点から見ても、この悪いことを取り除くことで、他の分野での進歩が妨げられることはありません。私たちが協力したことを誇りに思うでしょう。

タイトルとURLをコピーしました