アル・ゴア、気候変動への緊急対応を訴える

気候

Lighting up the TED stage, Nobel laureate and climate advocate Al Gore takes stock of the current state of climate progress and calls attention to institutions that have failed to honor their promises by continuing to pour money into polluting sectors. He explains how the financial interests of fossil fuel companies have blocked the policymaking process in key countries — and calls for a global epiphany to take on the climate crisis. “Do not give up hope,” Gore says. “And remember always that political will is itself a renewable resource.”

ノーベル賞受賞者で気候活動家のアル・ゴアがTEDステージで気候の進展状況を振り返り、約束を守らずに汚染部門に資金を注ぎ続ける機関に注意を喚起します。

彼は化石燃料会社の金融利益が主要国での政策決定プロセスを阻止していることを説明し、気候危機に立ち向かうための世界的な瞑想を呼びかけます。「希望を捨てないでください」とゴアは言います。「そして、政治的意志は再生可能な資源そのものであることを常に覚えてください」。

タイトル This Is the Moment to Take On the Climate Crisis
今こそ気候危機に立ち向かうべき時
スピーカー アル・ゴア
アップロード 2022/05/23

「今こそ気候危機に立ち向かうべき時(This Is the Moment to Take On the Climate Crisis)」の文字起こし

Al Gore: Thank you very much.

Whitney Pennington Rodgers: Hi, Al. Thank you so much for being here. Just as I mentioned, you gave a rousing talk at Climate Countdown last fall about all of the things that we need to do to transform climate change and to turn things around here. What would you say is the state of play with climate action now, six months later?

AG: Well, thanks in part to many of the people that are part of the TED community, we’ve seen tremendous progress in the development of affordable, cheap, solar electricity, wind electricity, electric vehicles, batteries, regenerative agriculture, green hydrogen is coming along, sustainable forestry. But unfortunately, the crisis is getting much worse, much faster than predicted. And it is getting worse at a rate faster than the rate at which we’re deploying these solutions. We have everything we need, save sufficient political will. It’s been that way for a while. And just since the Glasgow conference, we have seen a lot of backsliding and we’ve seen financial institutions, banks and large investors, pumping more and more and more money into more and more fossil fuels. It is quite literally insane.

Today, we will put another 162 million tonnes into the thin shell of atmosphere surrounding the planet. And the accumulated amount now traps as much extra heat as would be released by 600,000 Hiroshima-class atomic bombs exploding every 24 hours. Just, you know, 95 miles northeast of here in Lytton, British Columbia, it reached 121.3 degrees less than a year ago. 49.6 Celsius. More than 80 all-time high temperature records were broken here in British Columbia just in less than a year ago. One day later, by the way, the entire town burned up. Yesterday, massive death in the Philippines from another superstorm fueled by the climate crisis. Chile just yesterday declared a drought emergency. But we are seeing the development of the solutions. Unfortunately, the financial interest, the fossil fuel companies, have captured the policy-making process in key countries and have intentionally zombified as many people as they can around the world with false messaging that they knew was false. They knew it, it’s been proven to a fare-thee-well. And as a consequence, our political decision-making process in key countries is locked, paralyzed. So the political will necessary to break through this has to be expressed in a much more effective way. We are nearing a political event horizon. And in the United States, JP Morgan Chase, Citi, Wells Fargo … Others, Bank of America, Royal Bank of Canada here … Several banks in Canada joined the Net-Zero Banking Alliance, and then last year they doubled the amount of money pumped into the tar sands, which is the dirtiest form of fossil fuels. You know, when junkies can’t use the veins in their arms and legs anymore, they shoot between their toes. That’s what the tar sands is like. So I want to say that this is a moment when we have to rise to this occasion. Abraham Lincoln said the occasion is piled with difficulty, piled high with difficulty, and we have to rise with the occasion. As our case is new, we must think anew and act anew. We have to find ways to solve the democracy crisis in order to solve the climate crisis.

WPR: Well, you know, I think with the war in Ukraine, we’re now seeing the question of energy security being brought center-stage. And I’m curious what you think that will do in terms of accelerating or decelerating the energy transition?

AG: Yeah, well, this should be a moment of global epiphany. This is a fossil fuel war, as many have said. And the timidity of some European countries, understandably, because they are so dependent on Russian gas and oil, is another consequence of our dependence. And then we see this horrible scene where the United States goes begging other petrostates, like Saudi Arabia and Venezuela and Iran, to pump up more and more fossil fuels. We should see this as a threat to national security and global security. It is a threat to disadvantaged communities. I mean, the coal pollution from burning fossil fuels kills nine million people every year. A large multiple of the number of people killed by COVID are killed annually by the particulate pollution that comes from fossil fuels. We can save money, we can fight inflation, by the way. The sustainability revolution, including renewable energy, is massively deflationary. The cost continues to go down. There are multiple reasons why we should see this as a moment of decision to make a big change and get off of fossil fuels. We can’t keep pumping more and more money in pursuit of short term profit in activities that are destroying the future of humanity. This is not a time for moral cowardice. This is not a time for surrender and reckless indifference to the fate of humanity.

WPR: I think in thinking about this being a time for change, the IPCC recently put out a report where they said that if we do want to come around the bend, that we have until 2025 to see CO2 levels peak. I mean, that’s just three years from now. How realistic do you think that actually?

AG: Well, actually, what they said, it needs to peak between 2020 and no later than 2025, yes. First, let me share some good news from that dire IPCC report. They also said if we reach net-zero, true net-zero, then the temperatures on our planet will stop going up with a lag of as little as three to five years. And if we stay at net-zero, half of the human-caused CO2 in the atmosphere will fall out of the atmosphere in as little as 25 to 30 years. We have the technologies, we have the solutions, we have the ability to stop this progressive destruction of the future of humanity and start the long healing process. But we have to break through the capture of our political systems. They say boycotts don’t work. Should we boycott all of these banks and all of these financial institutions?

You know, scientists, climate scientists, some of them announced last week and started doing this, gluing themselves to the doors, to the gates of these fossil fuels facilities. If climate scientists have reached the conclusion that more facts and more data and more research is of absolutely no good unless we, the people, can find the means to break through the imprisonment of our self-determination on the part of large, massive polluters who are just looking at profits, then the scientists say they have to go into the streets. So I’m sorry to get all hot and charged-up about this.

WPR: I think everyone appreciates it.

AG: But yes, what the IPCC report — I mean, you know, it’s an asymptotic curve that gets closer and closer to absolute panic, OK? And all the reports are very similar. This is real. You know, Voltaire once said, if you can convince people of absurdities, you can convince them to commit atrocities. We are seeing that in Ukraine today. We are seeing that on a global basis with this reckless indifference to the future of humanity. What will we say to the next generations when they look back and see, you had the chance to do this? We have the means. The International Energy Agency, says that in order to cut emissions by 50 percent in 2030, we have all of the technologies we need, fully developed, with deployment plans that have been proven to work. For the next 50 percent between 2030 and 2050, all of the technologies are in various stages of development. They can be ready if we decide to develop them quickly enough, they will be ready. We have to stop destroying our future. It sounds so simple, but we have to break through this paralysis.

WPR: Well, we have to break through this paralysis. Ladies and gentlemen, Al Gore.

AG: I have one other thing to say, and I’ve said this before. Do not give up hope. And remember always, that political will is itself a renewable resource. Thank you.

WPR: Thank you so much, Al.

「今こそ気候危機に立ち向かうべき時(This Is the Moment to Take On the Climate Crisis)」の和訳

アル・ゴア:どうもありがとうございます。

ホイットニー・ペニントン・ロジャーズ:こんにちは、アルさん。今日はお越しいただきありがとうございます。先ほども述べましたが、昨秋のClimate Countdownで、気候変動を変革し、状況を好転させるために必要なことについて熱烈なスピーチをされました。6ヶ月が経過した今、気候変動対策の現状はどのようなものだと言えますか?

AG:TEDコミュニティの多くの人々のおかげもあって、手頃で安価な太陽光発電や風力発電、電気自動車、バッテリー、再生型農業、グリーン水素、持続可能な林業の発展において素晴らしい進展が見られました。しかし残念ながら、危機は予測以上の速さで悪化しています。そして、それは私たちがこれらの解決策を展開する速度を上回る速度で悪化しています。我々には必要なものはすべて揃っていますが、十分な政治的意思が不足しています。それはしばらくの間、そうでした。そして、グラスゴー会議以降、多くの後退が見られ、金融機関、銀行、大規模投資家がますます多くの資金を化石燃料に投じています。これはまさに狂気の沙汰です。

今日は、地球を包む薄い大気にさらに1億6200万トンの二酸化炭素を排出します。そして、その累積量は、広島型原爆60万発が毎日24時間ごとに爆発するのと同じくらいの熱を余分に閉じ込めています。例えば、ここから北東に95マイルのブリティッシュコロンビア州リットンでは、昨年、気温が121.3度、摂氏49.6度に達しました。わずか1年以内に、ここブリティッシュコロンビアで80以上の最高気温記録が破られました。ちなみに、その翌日、町全体が焼失しました。

昨日、フィリピンでは気候危機によって引き起こされた別のスーパー台風で大量の死者が出ました。チリは昨日、干ばつ緊急事態を宣言しました。しかし、解決策の発展も見られます。残念ながら、金融利益や化石燃料企業が主要国の政策決定プロセスを掌握し、自分たちが虚偽であると知っていた偽情報でできる限り多くの人々を意図的にゾンビ化させました。その結果、主要国の政治的意思決定プロセスは停止し、麻痺しています。したがって、この状況を突破するために必要な政治的意思は、もっと効果的な方法で表現されなければなりません。私たちは政治的事象の地平線に近づいています。

アメリカでは、JPモルガン・チェース、シティ、ウェルズ・ファーゴ…他にも、バンク・オブ・アメリカ、ここカナダのロイヤルバンク…いくつかのカナダの銀行がネットゼロバンキングアライアンスに加盟し、昨年、タールサンドに投入される資金を倍増させました。タールサンドは化石燃料の中で最も汚い形態です。麻薬中毒者が腕や脚の静脈を使えなくなると、つま先の間に注射するのと同じです。

この時こそ私たちはこの機会に立ち上がるべきです。エイブラハム・リンカーンは「困難が山積しているときこそ、我々はその状況に立ち向かう必要がある。新しい問題には、新しい考え方と新しい行動が必要だ」と言いました。私たちは民主主義の危機を解決する方法を見つけることで、気候危機を解決する必要があります。

**Al Gore:** どうもありがとうございます。

**Whitney Pennington Rodgers:** こんにちは、Alさん。ここに来てくださってありがとうございます。昨秋の「Climate Countdown」で、気候変動を止めて状況を逆転させるために私たちが何をすべきかについて、熱烈なスピーチをされました。あれから6か月後の現在、気候行動の現状はどのように見えますか?

AG: まあ、TEDコミュニティの多くの方々のおかげで、手頃な価格の太陽光発電や風力発電、電気自動車、バッテリー、再生可能農業、グリーン水素、持続可能な林業の発展に大きな進歩が見られました。しかし残念ながら、危機は予測よりもはるかに速い速度で悪化しています。そして、その速度はこれらの解決策を展開する速度よりも速いのです。私たちには必要なものがすべて揃っていますが、十分な政治的意志が不足しています。これは以前からそうです。グラスゴー会議以来、私たちは多くの後退を目にしており、金融機関や銀行、大規模投資家がますます多くの資金を化石燃料に投入しています。これは文字通り狂気の沙汰です。

AG: 今日、地球を包む薄い大気にさらに1億6200万トンの二酸化炭素を排出します。そして、その累積量は、広島型原爆60万発が毎日24時間ごとに爆発するのと同じくらいの熱を余分に閉じ込めています。例えば、ここから北東に95マイルのブリティッシュコロンビア州リットンでは、昨年、気温が121.3度、摂氏49.6度に達しました。わずか1年以内に、ここブリティッシュコロンビアで80以上の最高気温記録が破られました。ちなみに、その翌日、町全体が焼失しました。

昨日、フィリピンでは気候危機によって引き起こされた別のスーパー台風で大量の死者が出ました。チリは昨日、干ばつ緊急事態を宣言しました。しかし、解決策の発展も見られます。残念ながら、金融利益や化石燃料企業が主要国の政策決定プロセスを掌握し、自分たちが虚偽であると知っていた偽情報でできる限り多くの人々を意図的にゾンビ化させました。その結果、主要国の政治的意思決定プロセスは停止し、麻痺しています。したがって、この状況を突破するために必要な政治的意思は、もっと効果的な方法で表現されなければなりません。私たちは政治的事象の地平線に近づいています。

アメリカでは、JPモルガン・チェース、シティ、ウェルズ・ファーゴ…他にも、バンク・オブ・アメリカ、ここカナダのロイヤルバンク…いくつかのカナダの銀行がネットゼロバンキングアライアンスに加盟し、昨年、タールサンドに投入される資金を倍増させました。タールサンドは化石燃料の中で最も汚い形態です。麻薬中毒者が腕や脚の静脈を使えなくなると、つま先の間に注射するのと同じです。

この時こそ私たちはこの機会に立ち上がるべきです。エイブラハム・リンカーンは「困難が山積しているときこそ、我々はその状況に立ち向かう必要がある。新しい問題には、新しい考え方と新しい行動が必要だ」と言いました。私たちは民主主義の危機を解決する方法を見つけることで、気候危機を解決する必要があります。

WPR: ウクライナ戦争により、エネルギー安全保障の問題が中心に浮上しています。これがエネルギー転換を加速させるのか、逆に減速させるのか、どうお考えですか?

AG: これはグローバルな啓示の瞬間であるべきです。これは多くの人が言うように、化石燃料の戦争です。理解できることですが、ロシアのガスや石油に依存しているために一部のヨーロッパ諸国が臆病になっています。そして、アメリカがサウジアラビアやベネズエラ、イランといった他の石油国家にもっと化石燃料を増産してくれるよう頼むというこの恐ろしい光景を目にします。これは国家安全保障およびグローバルな安全保障への脅威として見なければなりません。これは恵まれないコミュニティへの脅威でもあります。石炭の燃焼による大気汚染で毎年900万人が死亡しています。COVIDで死亡した人数の何倍もの人々が、化石燃料による微粒子汚染で毎年命を落としています。私たちはお金を節約し、インフレと戦うことができます。持続可能性革命、再生可能エネルギーを含むものは、大幅にデフレをもたらします。コストは下がり続けています。これを大きな変化の決定の瞬間とし、化石燃料から脱却する理由はいくつもあります。短期的な利益を追求して人類の未来を破壊する活動にますます多くのお金を注ぎ続けることはできません。これは道徳的な臆病の時ではなく、人類の運命に無関心で無謀な時でもありません。

WPR: 変化の時期について考えると、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が最近発表した報告書では、もし我々が曲がり角を迎えるならば、2025年までにCO2レベルがピークに達する必要があると言っています。それはつまり、あと3年しかないということです。これが実現可能だと思いますか?

AG: ええ、実際には、2020年から2025年までの間にピークに達する必要があると言っています。まず、その厳しいIPCC報告書からの良いニュースを共有したいと思います。彼らはまた、真のネットゼロに達すれば、地球の気温上昇は3~5年程度の遅れで止まるとも言っています。そして、ネットゼロを維持すれば、大気中の人為的なCO2の半分がわずか25~30年で大気から消失します。我々には技術があり、解決策があり、人類の未来の破壊を止め、長い治癒過程を始める能力があります。しかし、我々の政治システムの掌握を突破する必要があります。

ボイコットは効果がないと言いますが、これらの銀行や金融機関をすべてボイコットすべきでしょうか?最近、一部の気候科学者がこれを実行し始め、これらの化石燃料施設の門や扉に自分たちを接着するという行動に出ました。気候科学者たちは、さらなる事実やデータ、研究が提供されても、もし我々が自己決定権を取り戻す手段を見つけられなければ、大規模な汚染者たちが利益だけを見つめ続ける状況に対して役立たないと結論づけています。ですから、科学者たちは通りに出なければならないと言っています。

この問題について熱く、感情的になってしまって申し訳ありません。

WPR:皆さん、彼の情熱を理解していると思います。

AG:ありがとうございます。IPCC報告書が示しているのは、いわば絶望に近づく漸近曲線です。すべての報告書は非常に似ています。これは現実です。ヴォルテールはかつて、「人々に不条理を信じさせることができれば、彼らに残虐行為を犯させることもできる」と言いました。今日のウクライナでもそれが見られます。そして、地球規模で見ても、人類の未来に対する無謀な無関心が見られます。次の世代が振り返った時に、「あなたたちはこれをする機会があった」と言われるでしょう。我々には手段があります。国際エネルギー機関によると、2030年までに排出量を50%削減するために必要な技術はすべて開発済みで、実証済みの展開計画があります。2030年から2050年までの次の50%については、すべての技術が様々な開発段階にあります。それらは、迅速に開発することを決めれば、準備が整います。我々は未来を破壊するのをやめなければなりません。それは非常に簡単に聞こえますが、この麻痺状態を突破しなければなりません。

WPR:そうですね、この麻痺状態を突破しなければなりません。皆さん、アル・ゴア氏です。

AG:最後にもう一つ言いたいことがあります。そして、これは以前にも言ったことですが、希望を捨てないでください。そして、常に覚えていてください、政治的意志そのものが再生可能な資源であることを。ありがとうございました。

WPR 本当にありがとうございました、アル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました