デザインと芸術と工学の融合:歴史的な建築物から学ぶこと

テクノロジー

When Bran Ferren was just 9, his parents took him to see the Pantheon in Rome — and it changed everything. In that moment, he began to understand how the tools of science and engineering become more powerful when combined with art, with design and beauty. Ever since, he’s been searching for a convincing modern-day equivalent to Rome’s masterpiece. Stay tuned to the end of the talk for his unexpected suggestion.

ブラン・フェレンがわずか 9 歳のとき、両親は彼をローマのパンテオンに連れて行きました。そしてそれがすべてを変えました。その瞬間、彼は科学と工学のツールがアート、デザイン、美しさと組み合わせることでどのようにより強力になるかを理解し始めました。それ以来、彼はローマの傑作に匹敵する説得力のある現代版を探し続けています。彼の予想外の提案については、トークの最後までご注目ください。

タイトル To create for the ages, let’s combine art and engineering
時代を超えて創造するために、アートとエンジニアリングを組み合わせましょう
アップロード 2014年3月26日
キャスト ブラン・フェレン
スポンサーリンク

To create for the ages, let’s combine art and engineering(時代を超えて創造するために、アートとエンジニアリングを組み合わせましょう)

要点

芸術的な家庭背景

愛情深く才能豊かなアーティストの家族の中で育つ幸運に恵まれ、世界の偉大な都市の一つに住んでいました。父はジョン・フェレン、母はレイ、共にアーティストであり、特に父はニューヨーク・スクールの抽象表現主義者の一人でした。芸術が至るところに存在する環境で育ちました。

工学への興味

幼少期から彼は電子機器や機械に強い興味を持ち、それらを分解し、新しいものを作ることが好きでした。祖父と一緒にラジオ街を訪れ、余剰電子機器を探索することで、工学と物事の仕組みを学びました。

芸術とデザインの理解

彼の考え方を大きく変えたのは、夏の旅行で訪れたパンテオンでの体験でした。パンテオンの建築の素晴らしさ、特にオクルスを通じた光のデザインは、芸術とデザインが科学と工学と矛盾しないことを教えてくれました。この経験により、彼は芸術と技術の融合の重要性に気付きました。

創造的なビジョンと技術的な複雑さ

パンテオンのような前例のない創造的なビジョンと技術的な複雑さを持つプロジェクトには、複数の奇跡が必要です。例えば、パンテオンの建設には、超強力なコンクリートの発明やドームの構造技術が求められました。

現代のイノベーション

現代の例として、自動運転車が都市と文明を再設計する可能性があります。自動運転車は交通事故を減らし、エネルギー消費を削減し、都市の設計を変える技術として期待されています。これらの技術革新は、インターネットやスマートフォンのように社会に大きな影響を与えるでしょう。

文字起こし

Good morning.

When I was a little boy, I had an experience that changed my life, and is in fact why I’m here today. That one moment profoundly affected how I think about art, design and engineering.

As background, I was fortunate enough to grow up in a family of loving and talented artists in one of the world’s great cities. My dad, John Ferren, who died when I was 15, was an artist by both passion and profession, as is my mom, Rae. He was one of the New York School abstract expressionists who, together with his contemporaries, invented American modern art, and contributed to moving the American zeitgeist towards modernism in the 20th century.

Isn’t it remarkable that, after thousands of years of people doing mostly representational art, that modern art, comparatively speaking, is about 15 minutes old, yet now pervasive? As with many other important innovations, those radical ideas required no new technology, just fresh thinking and a willingness to experiment, plus resiliency in the face of near-universal criticism and rejection.

In our home, art was everywhere. It was like oxygen, around us and necessary for life. As I watched him paint, Dad taught me that art was not about being decorative, but was a different way of communicating ideas, and in fact one that could bridge the worlds of knowledge and insight.

Given this rich artistic environment, you’d assume that I would have been compelled to go into the family business, but no. I followed the path of most kids who are genetically programmed to make their parents crazy. I had no interest in becoming an artist, certainly not a painter. What I did love was electronics and machines — taking them apart, building new ones, and making them work.

Fortunately, my family also had engineers in it, and with my parents, these were my first role models. What they all had in common was they worked very, very hard. My grandpa owned and operated a sheet metal kitchen cabinet factory in Brooklyn. On weekends, we would go together to Cortlandt Street, which was New York City’s radio row. There we would explore massive piles of surplus electronics, and for a few bucks bring home treasures like Norden bombsights and parts from the first IBM tube-based computers.

I found these objects both useful and fascinating. I learned about engineering and how things worked, not at school but by taking apart and studying these fabulously complex devices. I did this for hours every day, apparently avoiding electrocution. Life was good.

However, every summer, sadly, the machines got left behind while my parents and I traveled overseas to experience history, art and design. We visited the great museums and historic buildings of both Europe and the Middle East, but to encourage my growing interest in science and technology, they would simply drop me off in places like the London Science Museum, where I would wander endlessly for hours by myself studying the history of science and technology.

Then, when I was about nine years old, we went to Rome. On one particularly hot summer day, we visited a drum-shaped building that from the outside was not particularly interesting. My dad said it was called the Pantheon, a temple for all of the gods. It didn’t look all that special from the outside, as I said, but when we walked inside, I was immediately struck by three things:

First of all, it was pleasantly cool despite the oppressive heat outside. It was very dark, the only source of light being a big open hole in the roof. Dad explained that this wasn’t a big open hole, but it was called the oculus, an eye to the heavens. And there was something about this place, I didn’t know why, that just felt special.

As we walked to the center of the room, I looked up at the heavens through the oculus. This was the first church that I’d been to that provided an unrestricted view between God and man. But I wondered, what about when it rained? Dad may have called this an oculus, but it was, in fact, a big hole in the roof. I looked down and saw floor drains had been cut into the stone floor.

As I became more accustomed to the dark, I was able to make out details of the floor and the surrounding walls. No big deal here, just the same statuary stuff that we’d seen all over Rome. In fact, it looked like the Appian Way marble salesman showed up with his sample book, showed it to Hadrian, and Hadrian said, “We’ll take all of it.” (Laughter)

But the ceiling was amazing. It looked like a Buckminster Fuller geodesic dome. I’d seen these before, and Bucky was friends with my dad. It was modern, high-tech, impressive, a huge 142-foot clear span which, not coincidentally, was exactly its height. I loved this place. It was really beautiful and unlike anything I’d ever seen before, so I asked my dad, “When was this built?” He said, “About 2,000 years ago.” And I said, “No, I mean, the roof.”

You see, I assumed that this was a modern roof that had been put on because the original was destroyed in some long-past war. He said, “It’s the original roof.” That moment changed my life, and I can remember it as if it were yesterday. For the first time, I realized people were smart 2,000 years ago. (Laughter)

This had never crossed my mind. I mean, to me, the pyramids at Giza, we visited those the year before, and sure they’re impressive, nice enough design, but look, give me an unlimited budget, 20,000 to 40,000 laborers, and about 10 to 20 years to cut and drag stone blocks across the countryside, and I’ll build you pyramids too. But no amount of brute force gets you the dome of the Pantheon, not 2,000 years ago, nor today.

And incidentally, it is still the largest unreinforced concrete dome that’s ever been built. To build the Pantheon took some miracles. By miracles, I mean things that are technically barely possible, very high-risk, and might not be actually accomplishable at this moment in time, certainly not by you. For example, here are some of the Pantheon’s miracles.

To make it even structurally possible, they had to invent super-strong concrete, and to control weight, varied the density of the aggregate as they worked their way up the dome. For strength and lightness, the dome structure used five rings of coffers, each of diminishing size, which imparts a dramatic forced perspective to the design. It was wonderfully cool inside because of its huge thermal mass, natural convection of air rising up through the oculus, and a Venturi effect when wind blows across the top of the building.

I discovered for the first time that light itself has substance. The shaft of light beaming through the oculus was both beautiful and palpable, and I realized for the first time that light could be designed. Further, that of all of the forms of design, visual design, they were all kind of irrelevant without it, because without light, you can’t see any of them.

I also realized that I wasn’t the first person to think that this place was really special. It survived gravity, barbarians, looters, developers and the ravages of time to become what I believe is the longest continuously occupied building in history.

Largely because of that visit, I came to understand that, contrary to what I was being told in school, the worlds of art and design were not, in fact, incompatible with science and engineering. I realized, when combined, you could create things that were amazing that couldn’t be done in either domain alone. But in school, with few exceptions, they were treated as separate worlds, and they still are.

My teachers told me that I had to get serious and focus on one or the other. However, urging me to specialize only caused me to really appreciate those polymaths like Michelangelo, Leonardo da Vinci, Benjamin Franklin, people who did exactly the opposite. And this led me to embrace and want to be in both worlds.

So then how do these projects of unprecedented creative vision and technical complexity like the Pantheon actually happen? Someone themselves, perhaps Hadrian, needed a brilliant creative vision. They also needed the storytelling and leadership skills necessary to fund and execute it, and a mastery of science and technology with the ability and knowhow to push existing innovations even farther.

It is my belief that to create these rare game changers requires you to pull off at least five miracles. The problem is, no matter how talented, rich or smart you are, you only get one to one and a half miracles. That’s it. That’s the quota. Then you run out of time, money, enthusiasm, whatever. Remember, most people can’t even imagine one of these technical miracles, and you need at least five to make a Pantheon.

In my experience, these rare visionaries who can think across the worlds of art, design and engineering have the ability to notice when others have provided enough of the miracles to bring the goal within reach. Driven by the clarity of their vision, they summon the courage and determination to deliver the remaining miracles and they often take what other people think to be insurmountable obstacles and turn them into features.

Take the oculus of the Pantheon. By insisting that it be in the design, it meant you couldn’t use much of the structural technology that had been developed for Roman arches. However, by instead embracing it and rethinking weight and stress distribution, they came up with a design that only works if there’s a big hole in the roof. That done, you now get the aesthetic and design benefits of light, cooling and that critical direct connection with the heavens. Not bad.

These people not only believed that the impossible can be done, but that it must be done. Enough ancient history. What are some recent examples of innovations that combine creative design and

technological advances in a way so profound that they will be remembered a thousand years from now?

Well, putting a man on the moon was a good one, and returning him safely to Earth wasn’t bad either. Talk about one giant leap: It’s hard to imagine a more profound moment in human history than when we first left our world to set foot on another.

So what came after the moon? One is tempted to say that today’s Pantheon is the Internet, but I actually think that’s quite wrong, or at least it’s only part of the story. The Internet isn’t a Pantheon. It’s more like the invention of concrete: important, absolutely necessary to build the Pantheon, and enduring, but entirely insufficient by itself. However, just as the technology of concrete was critical in realization of the Pantheon, new designers will use the technologies of the Internet to create novel concepts that will endure.

The smartphone is a perfect example. Soon the majority of people on the planet will have one, and the idea of connecting everyone to both knowledge and each other will endure.

So what’s next? What imminent advance will be the equivalent of the Pantheon? Thinking about this, I rejected many very plausible and dramatic breakthroughs to come, such as curing cancer. Why? Because Pantheons are anchored in designed physical objects, ones that inspire by simply seeing and experiencing them, and will continue to do so indefinitely. It is a different kind of language, like art.

These other vital contributions that extend life and relieve suffering are, of course, critical, and fantastic, but they’re part of the continuum of our overall knowledge and technology, like the Internet.

So what is next? Perhaps counterintuitively, I’m guessing it’s a visionary idea from the late 1930s that’s been revived every decade since: autonomous vehicles. Now you’re thinking, give me a break. How can a fancy version of cruise control be profound? Look, much of our world has been designed around roads and transportation. These were as essential to the success of the Roman Empire as the interstate highway system to the prosperity and development of the United States.

Today, these roads that interconnect our world are dominated by cars and trucks that have remained largely unchanged for 100 years. Although perhaps not obvious today, autonomous vehicles will be the key technology that enables us to redesign our cities and, by extension, civilization.

Here’s why: Once they become ubiquitous, each year, these vehicles will save tens of thousands of lives in the United States alone and a million globally. Automotive energy consumption and air pollution will be cut dramatically. Much of the road congestion in and out of our cities will disappear. They will enable compelling new concepts in how we design cities, work, and the way we live. We will get where we’re going faster and society will recapture vast amounts of lost productivity now spent sitting in traffic basically polluting.

But why now? Why do we think this is ready? Because over the last 30 years, people from outside the automotive industry have spent countless billions creating the needed miracles, but for entirely different purposes. It took folks like DARPA, universities, and companies completely outside of the automotive industry to notice that if you were clever about it, autonomy could be done now.

So what are the five miracles needed for autonomous vehicles? One, you need to know where you are and exactly what time it is. This was solved neatly by the GPS system, Global Positioning System, that the U.S. Government put in place. You need to know where all the roads are, what the rules are, and where you’re going. The various needs of personal navigation systems, in-car navigation systems, and web-based maps address this. You must have near-continuous communication with high-performance computing networks and with others nearby to understand their intent. The wireless technologies developed for mobile devices, with some minor modifications, are completely suitable to solve this. You’ll probably want some restricted roadways to get started that both society and its lawyers agree are safe to use for this. This will start with the HOV lanes and move from there.

But finally, you need to recognize people, signs and objects. Machine vision, special sensors, and high-performance computing can do a lot of this, but it turns out a lot is not good enough when your family is on board. Occasionally, humans will need to do sense-making. For this, you might actually have to wake up your passenger and ask them what the hell that big lump is in the middle of the road. Not so bad, and it will give us a sense of purpose in this new world. Besides, once the first drivers explain to their confused car that the giant chicken at the fork in the road is actually a restaurant, and it’s okay to keep driving, every other car on the surface of the Earth will know that from that point on.

Five miracles, mostly delivered, and now you just need a clear vision of a better world filled with autonomous vehicles with seductively beautiful and new functional designs plus a lot of money and hard work to bring it home. The beginning is now only a handful of years away, and I predict that autonomous vehicles will permanently change our world over the next several decades.

In conclusion, I’ve come to believe that the ingredients for the next Pantheons are all around us, just waiting for visionary people with the broad knowledge, multidisciplinary skills, and intense passion to harness them to make their dreams a reality. But these people don’t spontaneously pop into existence. They need to be nurtured and encouraged from when they’re little kids. We need to love them and help them discover their passions. We need to encourage them to work hard and help them understand that failure is a necessary ingredient for success, as is perseverance. We need to help them to find their own role models, and give them the confidence to believe in themselves and to believe that anything is possible, and just as my grandpa did when he took me shopping for surplus, and just as my parents did when they took me to science museums, we need to encourage them to find their own path, even if it’s very different from our own.

But a cautionary note: We also need to periodically pry them away from their modern miracles, the computers, phones, tablets, game machines and TVs, take them out into the sunlight so they can experience both the natural and design wonders of our world, our planet and our civilization. If we don’t, they won’t understand what these precious things are that someday they will be responsible for protecting and improving.

We also need them to understand something that doesn’t seem adequately appreciated in our increasingly tech-dependent world, that art and design are not luxuries, nor somehow incompatible with science and engineering. They are in fact essential to what makes us special. Someday, if you get the chance, perhaps you can take your kids to the actual Pantheon, as we will our daughter Kira, to experience firsthand the power of that astonishing design, which on one otherwise unremarkable day in Rome, reached 2,000 years into the future to set the course for my life.

Thank you.

(Applause)

和訳

おはようございます。

私がまだ幼かった頃、私の人生を変える出来事がありました。その瞬間があったからこそ、私は今日ここにいます。その一瞬は、私の芸術、デザイン、工学に対する考え方に深く影響を与えました。

背景として、私は愛情深く才能豊かなアーティストの家族の中で育つ幸運に恵まれ、世界の偉大な都市の一つに住んでいました。私の父、ジョン・フェレンは、私が15歳のときに亡くなりましたが、情熱と職業の両方でアーティストでした。母のレイもそうです。父はニューヨーク・スクールの抽象表現主義者の一人であり、彼の同時代の人々とともにアメリカ現代美術を発明し、20世紀のアメリカの時代精神をモダニズムへと向かわせるのに貢献しました。

何千年もの間、人々は主に具象芸術を制作してきましたが、比較的最近のものとしての現代美術が今では広く浸透しているのは驚くべきことではありませんか?多くの他の重要な革新と同様に、それらの急進的なアイデアには新しい技術は必要なく、新しい考え方と実験する意欲、そしてほぼ普遍的な批判と拒絶に対する強靭さが必要でした。

我が家では、芸術が至るところにありました。それは酸素のようで、私たちの周りにあり、生活に必要でした。父が絵を描くのを見ていると、父は芸術が装飾的であることではなく、アイデアを伝える別の方法であり、知識と洞察の世界をつなぐことができるものだと教えてくれました。

この豊かな芸術環境を考えると、私は家業に進むように駆り立てられると思うかもしれませんが、そうではありませんでした。私は多くの子供たちがそうであるように、両親を悩ませるために遺伝的にプログラムされた道を歩みました。アーティストになることには全く興味がありませんでした、特に画家にはなりたくありませんでした。私が本当に好きだったのは、電子機器や機械を分解し、新しいものを作り、それらを動かすことでした。

幸運なことに、私の家族には技術者もいました。両親とともに、彼らが私の最初のロールモデルでした。彼ら全員に共通していたのは、非常に一生懸命働くことでした。祖父はブルックリンで板金製のキッチンキャビネット工場を経営していました。週末には一緒にコートランド通りへ行き、そこはニューヨーク市のラジオ街でした。私たちは巨大な余剰電子機器の山を探索し、数ドルでノルデン爆撃照準器や初期のIBMチューブ式コンピューターの部品のような宝物を持ち帰りました。

これらの物体は私にとって有用であり魅力的でした。学校ではなく、これらの素晴らしく複雑な装置を分解して研究することで、工学と物事の仕組みを学びました。毎日何時間もこれを行い、感電を避けていました。人生は順調でした。

しかし、毎年夏になると、悲しいことに機械を置いて、両親と一緒に海外に旅行し、歴史、芸術、デザインを体験しました。ヨーロッパと中東の偉大な博物館や歴史的建造物を訪れましたが、私の科学と技術への興味を育むために、両親は私をロンドンの科学博物館のような場所に置いて、何時間も一人で科学と技術の歴史を研究しました。

9歳頃にローマに行きました。ある特に暑い夏の日、外見上は特に興味を引かないドラム型の建物を訪れました。父はそれを「パンテオン」と呼び、すべての神々のための寺院だと言いました。外見は特に特別なものではありませんでしたが、内部に入るとすぐに3つのことに驚かされました。

まず第一に、外の暑さにもかかわらず、内部は心地よく涼しかったこと。非常に暗く、唯一の光源は屋根の大きな開いた穴でした。父はこれが大きな開いた穴ではなく、「オクルス」と呼ばれる天国への目であると説明しました。この場所には何か特別なものがあると感じました。

部屋の中央に進むと、オクルスを通して天を見上げました。これは、神と人との間に制限のない視界を提供する初めての教会でした。でも、雨が降ったらどうなるのかと疑問に思いました。父はこれをオクルスと呼びましたが、実際には屋根に大きな穴があるのです。下を見てみると、石の床には排水溝が切られていました。

暗さに慣れてくると、床や周囲の壁の詳細が見えてきました。特に驚くようなものではなく、ローマ中で見た同じような彫像がありました。実際、アッピア街道の大理石販売員が見本帳を持ってハドリアヌスに見せ、「全部ください」と言ったように見えました。(笑)

しかし、天井は驚くべきものでした。それはバックミンスター・フラーのジオデシックドームのように見えました。これまでに見たことがあり、父の友人であったバッキーも同じようなものを作っていました。それは現代的でハイテクで印象的で、142フィートの巨大なクリアスパンがありました。それはちょうどその高さと一致していました。この場所が本当に好きでした。これまで見たことのない美しさでした。だから私は父に「これはいつ建てられたの?」と尋ねました。彼は「約2000年前だ」と答えました。私は「いや、屋根のことを聞いているんだ」と言いました。

私はこれが、古代の戦争で破壊された元の屋根に代わって現代的な屋根が取り付けられたものだと思っていました。彼は「これは元の屋根だ」と言いました。その瞬間が私の人生を変え、昨日のことのように覚えています。初めて、2000年前の人々が賢かったことに気づいたのです。(笑)

これは私の考えに全くありませんでした。例えば、前年に訪れたギザのピラミッドも、確かに印象的で良いデザインですが、無限の予算、2万から4万人の労働者、10年から20年かけて石のブロックを田舎中に切り出して運ぶという条件があれば、私もピラミッドを建てることができるでしょう。しかし、パンテオンのドームを2000年前に、あるいは今日でも建てるには、 brute forceだけでは不可能です。

ちなみに、これは今でも最大の無補強コンクリートドームです。パンテオンを建てるにはいくつかの奇跡が必要でした。奇跡とは、技術的にほとんど可能なこと、高リスクであり、現在の時点では実際に達成可能かどうかも分からないこと、ましてやあなた自身によっては決してできないことを意味します。

例えば、パンテオンの奇跡のいくつかを紹介します。構造的に可能にするために、超強力なコンクリートを発明し、重量を制御するために、ドームを上がるにつれて骨材の密度を変えました。強度と軽さのために、ドーム構造は5つのリングのコファーを使用し、各リングはサイズが小さくなることで、デザインに劇的な強制遠近法を与えました。内部は巨大な熱質量、空気の自然対流、そして建物の上を風が吹くときのベンチュリ効果のお

かげで素晴らしく涼しかったのです。

光そのものが物質であることを初めて発見しました。オクルスを通して差し込む光の軸は美しく、手触りが感じられるもので、初めて光をデザインすることができると気づきました。さらに、視覚的デザインのすべての形式の中で、光がなければそれらのデザインはすべて無意味であると理解しました。なぜなら、光がなければ何も見ることができないからです。

また、私がこの場所が本当に特別だと思った最初の人ではなかったことも理解しました。それは重力、蛮族、略奪者、開発者、そして時の流れによっても生き残り、歴史上最も長く継続して使用されている建物であると私は信じています。

その訪問のおかげで、学校で教えられていたことに反して、芸術とデザインの世界は実際には科学と工学と矛盾しないことを理解しました。これらを組み合わせることで、どちらの分野だけではできない驚くべきものを作り出すことができると気づいたのです。しかし、学校では例外的な場合を除き、それらは別々の世界として扱われており、現在もそうです。

教師たちは私に一つかもう一つに集中するように真剣になる必要があると言いました。しかし、私に専門化することを強いることは、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ベンジャミン・フランクリンのような多才な人物を本当に評価することにつながりました。彼らはまったく逆のことをしていました。そして、私は両方の世界に身を置きたいと思うようになりました。

では、パンテオンのような前例のない創造的なビジョンと技術的な複雑さを持つプロジェクトは実際にどのように実現するのでしょうか?おそらくハドリアヌス自身が、輝かしい創造的なビジョンを持っていた必要があります。彼らはまた、それを資金調達し実行するために必要なストーリーテリングとリーダーシップのスキル、既存の革新をさらに進めるための科学と技術の知識と能力を持っている必要がありました。

私の信念では、これらの稀なゲームチェンジャーを創造するためには、少なくとも5つの奇跡を引き起こす必要があります。問題は、どんなに才能があり、裕福で、賢くても、1つから1.5つの奇跡しか得られないことです。それが限界です。それから時間、お金、情熱が尽きます。ほとんどの人はこれらの技術的な奇跡の1つさえ想像できませんが、パンテオンを作るには少なくとも5つが必要です。

私の経験では、芸術、デザイン、工学の世界を横断して考えることができるこれらの稀なビジョナリーは、他の人々が目標を手の届く範囲に持ち込むために十分な奇跡を提供していることに気づく能力を持っています。彼らのビジョンの明確さに駆られて、彼らは残りの奇跡を提供する勇気と決意を呼び起こし、他の人々が克服不可能と考える障害を特徴に変えることがよくあります。

パンテオンのオクルスを考えてみてください。それをデザインに含めることを主張することで、ローマのアーチのために開発された多くの構造技術を使用することができなくなりました。しかし、代わりにそれを受け入れ、重量とストレスの分配を再考することで、屋根に大きな穴があることでのみ機能するデザインを考案しました。その結果、光、冷却、および天との直接的なつながりという美的およびデザインの利点を得ることができました。悪くないですよね。

これらの人々は、不可能なことができるだけでなく、それを達成しなければならないと信じていました。古代の歴史はここまでにしておきましょう。創造的なデザインと技術的な進歩を組み合わせた最近の革新の例で、1000年後にも記憶に残るものは何でしょうか?

月に人を送り、無事に地球に帰還させたのは素晴らしいものでした。巨大な一歩を踏み出した瞬間を想像するのは難しいですが、私たちが最初に自分たちの世界を離れて他の世界に足を踏み入れた瞬間ほど深遠なものはありません。

それでは、月の後に何が続いたのでしょうか?今日のパンテオンはインターネットだと言うのは一見すると妥当ですが、実際にはそれは間違っているか、少なくとも物語の一部に過ぎません。インターネットはパンテオンではありません。それはコンクリートの発明のようなものです:重要で、パンテオンを建てるために絶対に必要で、永続的ですが、それ自体では全く不十分です。しかし、コンクリートの技術がパンテオンの実現にとって重要であったように、新しいデザイナーはインターネットの技術を使用して持続する新しいコンセプトを作り出すでしょう。

スマートフォンは完璧な例です。間もなく、地球上の大多数の人々がスマートフォンを持つことになり、全員を知識と互いに接続するというアイデアは持続します。

次に何が来るのでしょうか?パンテオンに相当する差し迫った進歩は何でしょうか?これを考えると、私は癌の治療のような非常にもっともらしい劇的な突破口をいくつも拒否しました。なぜなら、パンテオンは設計された物理的なオブジェクトに根ざしており、単に見ることと体験することで感動を与え、無期限にそうし続けるものだからです。それは芸術のような異なる種類の言語です。

これらの他の重要な貢献は、命を延ばし、苦しみを和らげるものであり、もちろん重要で素晴らしいものですが、それらは私たちの全体的な知識と技術の連続体の一部です。インターネットのように。

次に何が来るのでしょうか?おそらく逆説的に思えるかもしれませんが、私は1930年代後半から毎十年ごとに復活しているビジョナリーなアイデアである自動運転車だと考えています。今、あなたは思うかもしれません。「クルーズコントロールの豪華版がどうして深遠なものになるのか?」見てください。私たちの世界の多くは道路と交通を中心に設計されています。これらはローマ帝国の成功にとって、またはアメリカ合衆国の繁栄と発展にとって州間高速道路システムと同様に重要でした。

今日、私たちの世界を結ぶこれらの道路は、100年間ほとんど変わらない車やトラックによって支配されています。今日では明らかではないかもしれませんが、自動運転車は都市を再設計し、それによって文明を再設計するための重要な技術となるでしょう。

理由はこうです:一度普及すれば、これらの車両は毎年、米国だけで数万人、世界全体で100万人の命を救うでしょう。自動車のエネルギー消費と大気汚染は劇的に削減されます。都市内外の道路渋滞の多くが消えます。これにより、都市の設計、仕事の仕方、生活の仕方において新たな魅力的な概念が可能になります。私たちは目的地に速く到達し、社会は今では渋滞で失われた膨大な生産性を取り戻すでしょう。

でもなぜ今なのでしょうか?なぜこれが準備が

整っていると思うのでしょうか?過去30年間、自動車業界外の人々が無数の奇跡を生み出すために数十億ドルを費やしましたが、まったく異なる目的のためでした。DARPA、大学、自動車業界とはまったく関係のない企業のような人々が、もしあなたが賢ければ、自律性を今すぐ実現できることに気づいたのです。

では、自動運転車に必要な5つの奇跡は何でしょうか?まず、どこにいるのか、そして正確な時間を知る必要があります。これは、米国政府が設置したGPSシステム、全球測位システムによって巧妙に解決されました。すべての道路がどこにあり、規則が何であり、目的地がどこかを知る必要があります。個人用ナビゲーションシステム、車載ナビゲーションシステム、ウェブベースの地図のさまざまなニーズがこれに対処しています。高性能コンピューティングネットワークと周囲の他の人々と継続的に通信し、彼らの意図を理解する必要があります。携帯端末向けに開発されたワイヤレス技術は、いくつかの小さな修正を加えることで、これを完全に解決するのに適しています。おそらく、最初に使用するために社会とその弁護士が安全だと合意する制限付きの道路が必要になります。これはHOVレーンから始まり、そこから進むでしょう。

しかし最後に、人々、標識、物体を認識する必要があります。機械視覚、特殊センサー、および高性能コンピューティングはこれの多くを行うことができますが、家族が乗っている場合、十分であることが判明します。時々、人間が意味づけを行う必要があります。これには、乗客を起こして、「道路の真ん中にある大きな塊が何なのか?」と尋ねる必要があるかもしれません。それほど悪くなく、この新しい世界で目的意識を感じるでしょう。さらに、最初のドライバーが混乱した車に、道の分かれ目にある巨大な鶏は実際にはレストランであり、運転を続けるのが大丈夫だと説明すると、地球上のすべての他の車はその時点からそれを知るでしょう。

5つの奇跡、ほとんどが達成されました。次に必要なのは、美しい新しい機能的なデザインとたくさんのお金と努力を注いで、自動運転車で満たされたより良い世界の明確なビジョンを持つことです。始まりは今からほんの数年先であり、自動運転車が今後数十年にわたって私たちの世界を永久に変えると予測しています。

結論として、次のパンテオンの材料は私たちの周りにすべて存在しており、それらを利用して夢を実現するための広範な知識、学際的なスキル、および強烈な情熱を持つビジョナリーな人々を待っていると信じています。しかし、これらの人々は自発的に存在するわけではありません。彼らは幼い頃から育まれ、励まされる必要があります。彼らを愛し、情熱を発見する手助けをする必要があります。彼らに一生懸命働くように奨励し、失敗が成功のための必要な要素であり、忍耐力が必要であることを理解させる必要があります。彼らに自分のロールモデルを見つける手助けをし、彼ら自身を信じる自信を与え、何でも可能だと信じるように助ける必要があります。これは、祖父が私を余剰品の買い物に連れて行ってくれたときと同じように、私の両親が私を科学博物館に連れて行ってくれたときと同じです。彼らが自分の道を見つける手助けをする必要があります。たとえそれが私たちの道と非常に異なるものであっても。

しかし、注意が必要です。彼らを現代の奇跡から定期的に引き離し、コンピュータ、電話、タブレット、ゲーム機、テレビから引き離し、日光の下に連れ出して、私たちの世界、私たちの惑星、そして私たちの文明の自然およびデザインの驚異を体験させる必要があります。そうしないと、彼らが将来守り改善する責任を持つこれらの貴重なものが何であるかを理解できなくなります。

また、私たちの技術依存が高まる世界では十分に評価されていないことも理解する必要があります。芸術とデザインは贅沢品ではなく、科学と工学と矛盾するものでもありません。それらは実際には私たちを特別にするために必要不可欠なものです。いつか機会があれば、私たちが娘のキラを連れて行くように、実際のパンテオンに子供たちを連れて行き、その驚くべきデザインの力を直接体験させてください。さもないと、あるローマの何の変哲もない一日、2000年後に私の人生の方向を決定づけたデザインの力を理解することはありません。

ありがとうございました。

(拍手)

タイトルとURLをコピーしました