ウーバーイーツの配達員の仕事は出会いはあるの?に現役配達員がお答えします

ウーバーイーツ配達員とは

「ウーバーイーツって出会いがありそう」

そんな事を時々質問されます。

色々な人との接点が多い仕事ですからね。
そういう風に見えるかもしれませんが、実際はどうなのかといいますと・・・

 

確かに、”出会い”はあります。
ただ、期待する出会いは思っているほどありません

 

むしろ、出会い最優先でこの仕事に飛び込む人は、あまりいい思いをしていません。
最悪、一番望まない結果になることもあります。

この仕事で出会いをモノにしたいと思うのなら、仕事をちゃんとやるという当たり前のことを実践し続けることがとても大切だというのは2年以上、ウーバーイーツ配達員を続けてきて思う事です。

なぜそう思うのか?
それを少しだけ詳しく書かせていただきます。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

ウーバーイーツ配達員を通してどんな人との出会いがあるの?

ウーバーイーツの配達員という仕事を通して、どのような出会いがあるのか。
ざっくりとまとめていくと次のような方たちとの出会いがあります。

店員

料理を受け取るときの、各店舗のスタッフさんとの出会いがあります。

特に飲食店のスタッフさんと言葉を交わす場面が多い仕事ですから、飲食店の方との出会いは恵まれてるほうだと思います。

何度も何度も顔を合わしているうちに、二言三言話すようになり、今度一緒に食事でも・・・みたいな流れになるケースも、多くはありませんが、なくはありません。

その結果、店員さんとデートに行ったり、交際に至ったというケースも見聞きすることがあります。

配達員

配達員同士の出会いもあります。
情報交換から意気投合して友達や恋愛に発展するケースは、結構よくある話です。

僕が知る中で、パターンとして最も多いのはこの配達員同士の出会いだと思います。

配達員同士で友達になることはもちろん、配達員同士で結婚に至るケースもありますので、実を結びやすい出会いは配達員同士の出会いと言えるかもしれません。

お客さん

配達先のお客さんと知り合いになり・・・というケースも稀ですがあります。

もしかしたら、配達員には出会いがあるよね?とおもっている方の多くは、この出会いを期待しているかもしれませんが、個人差が最もでる出会いだと思います。

お客さんから逆ナン(ナンパ?)されるケースを聞いたことはありますし、そういう実績を積み上げている配達員を知っています。

ただこれはごくごく一部です。
かなり少数ですし、リスクが非常に高い出会いでもあります。

その他

上記のどれにも該当しない出会いというものもあります。

例えば、公園で休憩するときに同じベンチに座った人と話した。
これも出会いですよね。

ウーバーイーツの仕事をしてなければ出会ってない人ですから、それもウーバーイーツを通して得られた出会いといっていいと思います。

ウーバーイーツの配達業務が出会いの現実

ウーバーイーツという仕事を通して、多くの方との接点が生まれるのは事実です。

単純な出会いの数という意味においては、かなり多い部類に入る仕事だと思います。

ただ、その出会いの数がそのまま友達や恋愛に発展する数として比例するのかというと、そうでもないと気がします。

出会いの数を、次につなげる事ができる人かどうかが大切なんじゃないかな?と思います。

 

むしろ、距離感や立場を理解していないと痛い目に遭うこともありますので、出会いが欲しくて仕方がない出会い厨にはむしろ不向きな仕事と言えるかもしれません。

それはこんな理由からです。

私語を挟む余裕がない

誰かとの接点が多いのは事実なのですが、雑談をするための余裕がそれほどない仕事なのです。

それが「面倒な人間関係がない仕事」というウーバーイーツの配達員という仕事のメリットにも繋がっている部分はあります。

 

実際、仕事の依頼を受けるのはアプリ上ですし、商品を受け取るときは番号を伝えて受け取るだけですし、渡す時は玄関で渡すか、置き配するのみです。

ほとんど会話らしい会話が発生しませんので、出会いがあるようで、次につながりにくいのです。

通報されたらアウト

お客様への配達の際の受け渡しや、店員さんとの受け渡し。
そこで不快な思いをさせた場合は、ウーバーイーツへ通報が行くこともあります。

その通報内容によってはウーバーイーツから警告や注意が届くこともありますし、場合によっては事件対応部署が、事件として対応するようになっています。

 

僕がウーバーイーツを始めた頃に、とある配達員が、受け渡しの際に指を触ったりタッチが多くて怖かったというお客様からの通報があったとのことでアカウント停止になっていました。

その後調査を経て疑惑は晴れたようですが、そのレベルの通報があると即座にアカウントを止めて対応にあたるぐらいにウーバーイーツは敏感に対応します。

 

不快な思いをさせると最悪通報からアカウント停止になる。

そのような事を踏まえると、お客様や店員との接点をいきなり出会いに結び付けようとする発想は、そこで出会いのチャンスを摘むことにもなりかねないのです。

良くも悪くも注目度・関心度が高い

ウーバーイーツという仕事や働き方は、昨今非常に注目を集めています。
ワイドショーなどでも時々取り上げられています。

非常に注目度が高い仕事ではありますが、取り上げられる話題がネガティブなものが多いので、どうしても、マイナスなイメージを持っている人が少なくありません。中にはウーバーイーツの仕事は底辺だと揶揄するかたもいます。

 

そのような中で、出会いにつなげようとする行動を起こしたとしても、「やっぱりウーバーイーツの仕事をする人は・・・」というマイナスのイメージを大きくさせることに繋がりかねません。

マイナスなイメージを抱く相手と仲良くしたい人はそうそういませんから、軽率な行動を起こさないこと=出会い厨のようなことをしないほうが、賢明なのです。

ウーバーイーツの配達業務を出会いにつなげる上でのポイント

ウーバーイーツという仕事は出会いに恵まれているようで、それほど恵まれているとも思えないのが、配達員として経験を積んできている僕の実感です。

とはいえ他者と触れ合う頻度が多い仕事ですから、出会いが生まれないわけがありません。

 

また、ウーバーイーツの仕事のもつ特性が有利に働くこともあり、そこを上手に活用すれば、恋愛や友情に発展するのは自然な流れと言えるかもしれません。

例えば、次のような点はウーバーイーツの配達員の持つ出会いに有利なポイントだと思いますし、こういうマインドを持つ人はかなり出会いをモノにできているな・・・と思うポイントもあります。

何度も何度も接触できることを活かす

人は何度も接点を持つ人に対して好感を持つと言います。(心理学の単純接触効果
逆に言えば、一度会っただけでは好感は抱きにくいのが人間でもあります。

その点、ウーバーイーツの仕事は、稼働するエリアがいつも同じなら、よく料理を受け取りに行く店の店員さんや、同エリアを拠点にしている配達員などとの接点が何度も自然と生まれます。

そこから知り合いとなり・・・という発展の仕方は、むしろ自然な流れといえると僕は思います。

仕事を真面目にやることの優位性を活かす

ウーバーイーツの配達員に限った話ではありませんが、仕事を真面目にやればやるほど、仕事上での出会いはいい方向に転がっていきます。

この仕事をまじめにするということは、たくさん稼働するということです。

たくさん稼働しますから、店員さんや配達員と顔見知りになる可能性が高まります。場合によって常連のお客さんと知り合いになったりすることも可能性としてはありえなくもありません。

また、真面目に稼働していますから、そこで信用や信頼も少なからず得ているはずです。

顔見知りになり、信用も信頼も得ているのなら、そこから次のステップへ進むのはそれほど難しいことではありません。

同業同士の出会いも仕事を真面目にしていることが重要

同業の配達員との出会いも、仕事を真面目にやっていることがカギを握っています。

稼働中によく見かける顔であるとかで知り合いになる機会も増えますし、仲間が困っている時にスマートに助けることができたことが出会いに繋がることもあります。

事実、同業の配達員同士で結婚に至ったケースを見ると、相手の仕事をしている姿にときめいた瞬間ってのがほぼ必ずあります。

真面目に仕事をしていると、おのずと恋愛のチャンスが増しやすいのがこの仕事の特徴です。

スマートな一歩を踏み出せるのか否か

配達員という仕事を通して出会いにつなげることができるのか否かを決定的に左右しているのは、距離感を間違えずに次の一歩を上手に踏み出せるかどうかにかかっています。

ここを少しでも間違えると、この仕事そのものを続けられなくなります。

 

例えば、配達員同士なら、よく見かけて挨拶だけはするとかから顔見知りになり…という展開が一番自然です。

しかし、出会い最優先で気持ちが焦るあまり、TwitterでDMを送りまくったり、女性配達員だとわかるとやたらと話しかけたり…というケースは、99%嫌われて終わります。

今の距離感に合った交流の仕方ができることが最低限のルールであり、マナーなんです。

 

それが対店員さん、対お客さんであっても同じです。

対お客さんに関しては、少しでも個人的に距離を詰めようとしている感じを相手が察して嫌悪感を抱き、それをウーバーイーツにクレームでも入れようものなら、事件として対応部署が動きだします。

距離感に合ったアプローチができるのかどうかは、このような仕事で出会いのチャンスを掴めるのかどうかにおいてはとても大切です。

つまり・・・

ウーバーイーツの仕事を、出会いを最優先の目的で始めるならやめたほうがいいというのが僕の意見です。

その目的でスタートしても、志半ばでこの仕事から去らなければいけないのが現実です。

他の仕事でも同じだと思うのですが、結局のところ、仕事の中から出会いにつなげるために大切なのは、その仕事をまじめにやることです。

ウーバーイーツの配達員の仕事をまじめにやっていれば、出会いに繋がる環境はどんどん整っていきます。

 

出会いのチャンスは欲しいけど、仕事を真面目にやるってのはな・・・って事なら、この仕事はオススメしません。マッチングアプリや出会い系サイトに登録して暇な時間を見つけてはやり取りを重ねるほうが生産的だと思います。

仕事を真面目にやるつもりがあるし、その結果として出会いのチャンスがあれば嬉しいな・・・と思うのなら、一歩踏み出してみることをオススメします。

仕事を真面目にやる方には、思っている以上に良い出会いに恵まれる仕事だと僕は思いますよ。

ウーバーイーツの配達パートナー

好きな時間に好きなだけ稼ぐ」を実現できるウーバーイーツ。

  • 時間に縛られない
  • 面倒な上司がいない
  • 自転車かバイクがあればできる
  • 年齢、学歴一切不問
  • 原則、週払い(日払いも可)

そんな働き方ができるウーバーイーツです。
どんな仕事?について経験も踏まえて説明をさせていただきます。

ウーバーイーツ配達員とは
ツイッターやってます

・年齢:40代半ば
・性別:男
・乗り物:原付(レンタル原付)
・地域:大阪市内メイン

運動神経が特別いいわけでもなく、体力も人並みです。

ツイッターやってます
うーどら
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました