現役ウーバーイーツ配達員が感じているこの仕事のメリット4つ

フードデリバリー配達員ブログ
この記事は約8分で読めます。

ウーバーイーツの配達パートナーとしての良さ。

それはどのようなものがあるのか。

ウーバーイーツをまだよく知らない友達に僕がよく聞かれることでもありますし、おそらく、あなたも気になっていることではないでしょうか?

もしかしたら、いろいろな情報をすでに仕入れているかもしれませんが、「多分それ、ウーバーイーツだからこそのメリットではないですよ」と言うと、どう感じるでしょうか?

多くの方がウーバーイーツのメリットとして語っているのはフードデリバリーサービスという仕事のメリットであって、ウーバーイーツとしてのメリットではありません。

ウーバーイーツの配達員ってやったほうがいいのかな?他のフードデリバリーサービスのほうがいいのかな?といったことを自分で判断するためには、ウーバーイーツだからこそのメリットを知っておいたほうが良いと思うのです。

そこで、ウーバーイーツ配達員を1年以上、4,000件以上の配達をこなし、同時にdidiフードサービスの配達員も兼務している僕が感じる、ウーバーイーツのメリットについてまとめてみました。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

フードデリバリーサービスという仕事のメリット

ウーバーイーツという仕事のメリットを知る前に、まずフードデリバリーサービスという仕事のメリットについて、触れさせていただきたいと思います。

一言でそのメリットを言うと、「いつでも誰でも稼げる」ことにあり、このような働き方をギグワークとも呼ばれています。

ギグワークとは

ギグワーカー(英: Gig worker)は、独立業務請負人(独立請負業者、インディペンデントコントラクター、英: indenendent contractor; IC)、オンラインプラットフォーム労働者(英: online platform worker)、契約事務所労働者(英: contract firm worker)、オンコール労働者(英: on-call worker)、および臨時労働者(英: temporary worker)] の総称。

ギグワーカー Wikipediaより

ノルマがない

自分自身で目標としてノルマを立てることはありますが、会社側からノルマが課されることはありません。

そのため、今日はたくさん稼働しようと思えば気が済むまで稼働すればいいですし、今日は面倒だから休みにしようとオフにしたとしても、何も問題はありません。

シフトがない

今日は何時から何時まで出勤しなくては・・・というシフトもありません。

稼働可能時間内なら、いつ稼働しても、いつやめてもOKです。(一部のフードデリバリーサービスは、シフト制のものもあります)

だから自分自身の他の予定を優先しながら仕事をするということも可能です。

学歴や年齢は不問

フードデリバリーの仕事をするために必要なのは、原則として18以上であることと、日本で就労できることの2点のみ。

学歴や年齢上限などの縛りはありません。

ウーバーイーツ配達員という仕事の4つのメリット

フードデリバリーサービスの良さは、とにかく自分自身の主体性を優先しつつ、誰でも気軽に仕事ができることにあります。

そのフードデリバリーサービスにウーバーイーツは含まれていて、競合他社とサービスの向上でしのぎを削っているわけですが、ではウーバーイーツの配達員にはどのようなメリットがあるのか。

特に、ウーバーイーツだからこそのメリットは何かという点に焦点を当ててピックアップしていくと、次のようなものがあります。

依頼数が安定的に多い

ウーバーイーツの高い知名度のお陰もあって、依頼が多く、安定しているという特徴があります。

知名度が高いということは、何か出前を頼もうかな・・・と思った時に選択肢の候補に挙がりやすいということです。それが依頼数に繋がってきています。

実際、同じフードデリバリーとして、出前館やdidi、ウォルト、menu・・・等々色々なものがありますが、知名度という点ではやはりウーバーイーツがダントツですし、僕の実感でもウーバーイーツの依頼数は圧倒的です。

フードデリバリーでちゃんと稼ぐなら、ウーバーイーツに登録するのは絶対といってもいいぐらいです。

加盟店が多い

高い知名度も相まって、ウーバーイーツに加盟するお店がどんどん増えています。

僕がウーバーイーツに参加したころには有名チェーン店と言えば、マクドナルドとケンタッキーぐらいという印象でしたが、今は、吉野家、すき家、松屋、なか卯、コンビニ(ローソン、ファミマ)・・・と本当に多くの店舗が加盟しています。

多くの店舗が加盟しているということは、それだけ依頼が増えやすいということでもあります。
依頼が多いので、様子を見ていた他のお店もウーバーイーツ導入を前向きに考えるようになり・・・と好循環も起きやすくなります。

これもウーバーイーツの大きなメリットです。

分からないことを解決しやすい

わからないことがあった時に”ネットで調べるとなんとかなりやすい感”は他のフードデリバリーにない、ウーバーイーツだからこそのメリットでもあります。

ウーバーイーツの配達員をスタートさせてみて僕が真っ先に感じたのは、「こんなに何も知らない状態でスタートしていいの?」という違和感です。

裏を返せば、日本の企業はそれだけ教育をしっかりと施してから現場に出しているということだと思います。ウーバーイーツは手ぶらで戦地に放り出された感が初めはあります。

そんな時に役立つのがネットの情報です。
ウーバーイーツの配達の仕事で分からないことを検索したら、結構すぐにヒットします。

またツイッターで助けを求めると、どこからともなく配達員アカウントからヒントや答えが寄せられてくることも珍しくありません。

この”ネットに情報が揃っている感”は他のフードデリバリーにない、ウーバーイーツだからこそのメリットでもあります。

認識してもらいやすい

ウーバーイーツというロゴを見ただけで、「あ、ウーバーイーツだ」とすぐに気づいてもらえますし、どんな仕事かも多くの方がすぐにピンと来てくれます。

目立つという点に関しては、デメリットと感じる人も多いかもしれませんが、町中でちびっこたちから「ウーバーだ!」って声をかけてもらったり、「がんばってね!」とか応援してもらえたりもします。

シンプルにそういう応援って嬉しいです。

ウーバーイーツだけが持つメリットがもたらす今後

ウーバーイーツだけが持つメリットを紹介させていただきました。
そのメリットは、今後さらに次のような展開をもたらしてくれると予想されます。

効率の良い配達が増える

今のウーバーイーツ、ラクチンな配達が多いとは決して思いません。
10に1つ、2つは、そこそこの長距離(5キロ以上)を自転車で届けることがあります。

それでも、僕がウーバーイーツを始めたころよりはずいぶんと楽になっています。
昔は1配達あたり10キロ近くというものが頻発していました。夏場は命の危険を感じるほどでしたが、今はそういった案件はグンと減りました。

その要因として大きいのが、加盟店が増えたことと、お客様が増えたことにあります。

加盟店が少ないころは加盟店に料理を受け取りに行くまでの距離が3キロ、5キロということもありましたし、お客様が依頼できるお店が限られるので、5キロ、10キロ先のお店に注文せざるをえないということがよくありました。

しかし加盟店が増えるにつれ、それらの問題がどんどん解消されていっています。

今いる場所から1分、3分程度の距離の加盟店に料理を受け取りに行き、1キロ先、2キロ先のお客様の元へと届けるという効率的な配達ができるようになってきています。

つまり、どんどんラクチンな配達が増えて、稼ぎやすくなっているのです。

これからもこの調子で加盟店が増え、依頼者も同時に増えていくと、さらにコスパの良い配達が増えていくことが予想されます。

それを可能にしているのが、ウーバーイーツの圧倒的な知名度です。

オーダーを期待して加盟する店舗はこれからも増えますし、実際にウーバーイーツの利用者数は圧倒的ですから、オーダー獲得に繋がる可能性は非常に高いです。

その実績がさらなる加盟店増加につながり、加盟店が増えるので注文できる商品のレパートリーが広がってお客様の利用頻度や満足度も高まるという好循環が期待できます。

まとめ

日本のフードデリバリーの代名詞的な存在となったウーバーイーツ。

ウーバーイーツ配達員が迷惑をおかけしたり、事件が起こしたりで決して好ましくない名前の売れ方をした経緯はありますが、知名度は爆上がりしたのは間違いないと思います。

その抜群の知名度によって、様々なメリットが生まれています。
特に大きく重要なメリットが、依頼数が圧倒的に増えたということにあります。

「フードデリバリーと言えばウーバーイーツ」という認識を多くの方が持ってくれたおかげで、たくさんの依頼に繋がっています。

他のフードデリバリーと比較してもダントツです。

そして、その依頼数はこれからもまだ伸びる余地がありますし、配達員が稼ぎやすくなる余地も残されています。

そう言えるのは、次のような理由からです。

ウーバーイーツというサービスが認知されるにつれて、依頼数は増えていきます。
依頼が増えていきますので、加盟したいというお店が増えていきます。

加盟店が増えるとウーバーイーツで買える商品の幅が広がりますので、さらなる利用増につながりますし、近くのお店から近くのお宅への配達が増えるようにもなりますので、コスパよく稼げる可能性を秘めているのです。

そのような事を踏まえても、フードデリバリーで稼ぐなら、ウーバーイーツは絶対に登録をしたほうがいいというのが経験者として思う所です。

タイトルとURLをコピーしました