ウーバーイーツ配達員として稼ぎたい人のための乗り物選び

ウーバーイーツ

どの乗り物を使って稼働するのか

配達員としての稼ぎを左右する大きく重要な選択です。

無尽蔵の体力とアスリート並みの運動能力を秘めている方ならどの乗り物でも稼げますが、人並みの体力と運動神経しかないと思われるなら、乗り物選びがそのまま稼ぎに直結します。

僕自身の経験を通してもそれは断言できます。

 

では、どのような乗り物を選べば良いのか。

結論から言いますと、原付以上の乗り物です。
譲りに譲って、電動アシスト付きの自転車です。

稼ぐなら最低限原付を使って配達することを僕は強く強くオススメします。

 

それはこんな理由からです。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

乗り物がウーバーイーツでの配達に与える影響

なぜ乗り物選びが稼ぐに直結するのかと言いますと、大きく分けて次の2つの理由があるためです。

疲労度合いとその蓄積

1つは疲れ方が違います。

自転車や徒歩で稼働した場合、1日フルタイムで稼働すればクタクタになるほどに疲れます。
その状態が、2日、3日と続くと、稼働どころではない疲労感に苛まれることになります。

原付も疲労感がないわけではありませんが、自転車や徒歩ほどの疲れ方をしませんので、連日の稼働が可能となります。

連日稼働できますから当然稼ぎは伸びます。
そういった点から最低限原付で稼働したほうがいいというのが1点目です。

依頼が来る量

2つ目は依頼が来る量が違うということです。

これは時期やウーバーイーツのAIの方針(?)のようなものが関係していますから断言が難しいところではありますが、今のところ、自転車と原付では完全に依頼が来る量が違います。

自転車が全く依頼がないと嘆いている中でも、原付は比較的安定して依頼がくるという状況が続いています。

なぜそのような事が起きるのかと言うと、原付が自転車よりも長距離の配達をスムーズに行えるという点にあります。AIが中長距離の配達を優先的に原付に振り分けているように感じます。

結果、原付稼働は依頼が安定しやすいという側面があり、稼ぎが安定しやすくなります。

ウーバーイーツの配達業務で使える乗り物

疲労度合いと依頼が来る量という2点において、最低限原付を使って稼働することをオススメしたいというのが僕の結論ではありますが、改めて、どのような乗り物を使って配達業務が行えるのか、また、稼ぎやすさ、稼ぎにくさについて私見を交えて説明をしたいと思います。

徒歩

ウォーカーと呼ばれる、徒歩による配達があります。
一番新しい配達スタイルではありますが、あまり良い評判を聞きません。

徒歩配達には超短距離の配達依頼が届く傾向にありますが、超短距離と言えども徒歩だと結構つかれます。例えば、500メートル先に配達であっても、徒歩で500メートル、荷物を背負って歩くというのはラクチンではありません。

1件や2件ならまだしも、それを1日10件もこなせば、かなりの距離を歩くことになりますから、疲労感は半端ないです。

稼ぐという目的を達成する上では、全くオススメできない配達方法です。

自転車

最も多く目にする配達方法でもある、自転車による配達があります。

自転車と一口に言っても、電動アシスト付きのものもありますし、ロードバイクやクロスバイクのような性能の優れた自転車もありますし、ママチャリもあります。

全てを一緒くたにするのは違うかもしれませんが、一応、それらすべてを体験した僕の私見では、意外と疲れる乗り物であるということ。そして、依頼があまり来ない傾向があるかもしれません。

 

電動アシスト付きの自転車だと体力的にはラクチンなようで、ゼロ疲労ではありません。
やはり長時間、そこそこの距離を乗り続けると身体的疲労は半端ないです。

 

また、自転車稼働をしている配達員が多いためか、依頼が来にくいという傾向にあるように感じます。自転車向けの案件が1あっても、それを受けられる自転車が周辺に3人、4人いるという感じです。

そのため、自転車稼働の配達員は一部の怪物配達員を除いてなかなか稼げていないのが現状です。

バイク(原付)

原付バイクを活用して配達するというスタイルです。
稼ぐなら、最低限このラインから上の乗り物を使うことをオススメします。

身体的な疲労が少な目ですので、連日稼働が可能であること。
また、依頼が安定して飛んできやすい傾向にもあります。

ただ、一般道を自動車などと一緒に走ることになりますので、事故をした時のダメージが大きい事や、違反等での罰則が自転車とは比較にならないほど厳しいという点がデメリットとして存在します。

また、時速30キロが制限速度ですので、モーターが付いている乗り物の中では遅い部類に入ってきます。

バイク(125CC)

125ccの排気量のバイクを使った配達です。
2輪系の配達用乗り物の中ではもっとも高い機動性を誇ります。

原付のような30キロの速度制限もありませんから、自動車と同じ感覚でスイスイと配達できます。

恐らく、現時点で最強の稼働用乗り物に該当すると思います。

ネックを挙げると、やはり事故のダメージが大きい事と、維持費も侮れないことです。

軽貨物自動車

貨物登録した軽バンなどの軽自動車を使っての配達も可能です。

機動性が優れていて、体力的にもきつくなく、事故にあっても車体に守られている分、いくぶんか怪我の程度を抑えられ、全天候に対応できるので、安定した稼ぎを得やすいというメリットがあります。

しかし、駐停車する場所をかなり選ばなくてはいけないという利便性の点、維持費などを踏まえると、それなりのデメリットも抱えている乗り物でもあります。

ただ、僕が知りうる限り、遠方(10㎞超え)の案件が優先的に振られる傾向にあるようですので、1日20件も配達すればそこそこの金額になり得ます。

まとめ

ウーバーイーツの配達員として稼ぎ続けるために必要なのは、”連日稼働が可能”かつ”稼げる”という2つの条件を外すことはできません。

初期投資を低く、維持費も抑えて・・・となると自転車での稼働は合理的なのですが、いかんせん、連日稼働が難しく、稼ぎもイマイチです。

連日稼働が可能で、稼げるという2つの条件を最低限クリアできるのが、原付からです。
ウーバーイーツで週10万円以上を稼ぐなら、最低限でも原付です。

事故リスク、維持費、駐禁リスク等々、気を付けるべきこと、意識すべきことは多々ありますが、それを補って余りあるメリットがあると、僕の経験からも感じています。

ウーバーイーツの配達パートナー

好きな時間に好きなだけ稼ぐ」を実現できるウーバーイーツ。

  • 時間に縛られない
  • 面倒な上司がいない
  • 自転車かバイクがあればできる
  • 年齢、学歴一切不問
  • 原則、週払い(日払いも可)

そんな働き方ができるウーバーイーツです。
どんな仕事?について経験も踏まえて説明をさせていただきます。

ウーバーイーツ
ツイッターやってます

・年齢:40代半ば
・性別:男
・乗り物:原付(レンタル原付)
・地域:大阪市内メイン

運動神経が特別いいわけでもなく、体力も人並みです。

ツイッターやってます
ウーバーイーツ配達員として週8万円稼ぎたい男のブログ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました