週末の副業アルバイトとしてフードデリバリー配達員が優れている理由

ウーバーイーツ配達員をオススメしたい理由

週末に副業をする

そんな社会人が増えてきていますよね。

 

一昔前は社会人として本業がありながら副業なんて・・・という空気がありましたが、今は正反対。国も企業も副業を容認の方向性にどんどん進み、環境もどんどん整ってきています。

そんな中、フードデリバリーの配達員を週末だけの副業として選ぶ人が増えてきています。

 

同じ配達員として週末副業としてフードデリバリー配達員をしている方の話を聞いてみると、なるほどな・・・ととても合理的に感じることが多くあります。

 

数多くの仕事が世の中にはありますが、時間的な拘束がなく、自由に稼ぎたい時に稼げる仕事。
しかも本職に影響を与えずに仕事をすることができる。

そんな仕事はなかなかありません。

 

でも、それらすべてのメリットを持ちわせているのがフードデリバリーの配達員です。

だから、週末だけの副業としてフードデリバリーの配達員を選ぶ人が増えてきていますし、僕も次のような理由から、週末の副業としてウーバーイーツ配達員などのフードデリバリー配達員も選択肢としてオススメしたいです。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

週末の副業アルバイトのリアル

週末だけの副業としてアルバイトをする人が増えています。

様々な事情や思いがそこにはあると思うのですが、大雑把にくくると、次のような背景があるとされています。

本業の収入の頭打ち

本業の収入がなかなか増えない。
でもお金がないよりもあったほうがいいし、お金がない不安、足りない不安は稼ぐことでしか解決しません。

だから何か副業を・・・ということで始める方が多くいます。

 

本職で時間の多くを取られ、身体も心も疲れが残っている中、それを癒すための週末を労働に充てる・・・という自分に鞭を打つスタイルで働かれている方が少なくないのが現状です。

副業OKの方向性

国が副業を認める方向に舵を切ったことで、副業OKの会社が増えてきていますし、中には週末だけ起業する人も増えてきています。

これは、しっかり稼いで従業員に還元・・・という流れで所得を増やすことが難しいと国も企業も認めているということでもあります。

 

また、飲食業などに代表される慢性的に人手が足りない業界も世の中にはあります。
そういった業界が受け容れるという形で社会人の副業のマッチングが成立しているのが現状です。

週末の副業アルバイトの問題点

社会人として働きつつ、週末は副業でも稼ぐ。
収入が増えて、お金の不安は消えるのでは?という見方もできますが、次のような問題点もあるようです。

時間の自由が奪われる

副業と言っても仕事は仕事です。
そして、たいていの仕事は時間を拘束されます。

 

例えば飲食店のホールなどに週末だけバイトに入るとなれば、必ずシフトを出して、そのシフト通りに出勤するという最低限の約束が成されます。

応じられなければアルバイトを首になることもあります。

 

本業が急に大変になったからシフトに穴を開けますなんてことは、なかなか許されるものではありません。

逆に、今日は暇だから帰ってくださいということも起こりえます。

 

そういった時間の融通に関しては問題点としてつきまといます。

週末の副業アルバイトとしてのフードデリバリ配達員

週末だけの副業的アルバイトをする社会人は増えてきています。
その中でフードデリバリーの配達員をする人が増えています。

2年以上、ウーバーイーツ配達員をやっているとそれをヒシヒシと感じます。
週末は明らかに配達員が増えますし、話をしてみるとやはり本業を持っているとのこと。

そういう働き方ができるのがウーバーイーツなどのフードデリバリーの強みですし、あなたも次のようなことを望まれるなら、週末の副業として選択肢に入れてみては?とも思います。

時間に縛られない

大きなメリットの1つは、時間の制約がないということです。

フードデリバリー会社によりけりな部分がありますが、僕がメインでやっているウーバーイーツは、営業時間内ならいつどこで稼働してもいい!という特徴があります。

 

今日は体がだるいのでやめよう・・・もOK、本業が大変だからしばらくは副業はしない!と判断して稼働しないのもアリ。

当然、今はヒマだから稼働してガッツリ稼ごう!!もアリです。

 

また、今日はヒマだから稼働しよう・・・と稼働していたら、急に本業の対応をしなければいけなくなった!って時にも、今請け負っている配達を終わらせて今日は稼働終了!としてしまってもOKです。

時間に縛られない働き方ができますから、本業が他にある方にとても相性がいい仕事です。

年齢や学歴が問われない

副業と言えども、その人の年齢を採用基準に入れていることもあれば、学歴を重視していることもあります。

例えば、飲食業などの接客が求められる仕事は、見た目要素はやはり重要になってきますし、週末だけ塾講師や家庭教師をやるにしても学歴がなければできません。

 

副業と言えども、その入り口では年齢や学歴などの履歴書的要素が判断材料として使われますが、そのようなものがフードデリバリーの配達員は求められることがまずありません。

年齢は下は18歳、上は上限なしというケースも多く、学歴は不問です。

 

実際に年齢や学歴が理由で登録できなかったという話は聞いたことがありません。

ちゃんと稼げる

誰でもできて、時間の制約がない・・・そんな仕事なら稼げないでしょ?と思われるかもしれませんがそんなことはありません。

副業として週末だけ稼働して月に20万程度を稼ぐ人はザラにいます。

それだけ稼げれば副業として十分ではないでしょうか?

 

注意点として挙げるなら、個人差は必ずあるということです。

配達件数を多く回った人ほど稼げるのがフードデリバリー配達員の仕事ですから、体力がある人、土地勘のある人、また、稼げる時期と稼げない時期などが収入に影響を与えます。

時間を多く費やせば比例して収入が増える仕事ではありません。

 

ただ、副業として時間の融通を効かせながら、年齢や学歴も問われない仕事で、週末だけで月20万円稼げる仕事は他にないんじゃないでしょうか?

そんなわけで・・・

社会人の週末副業としてフードデリバリーの配達員という選択肢を選ぶ方が増えてきているということを、僕が感じていることを踏まえて書かせてもらいました。

何か週末にできる副業を探しているのなら、一度検討してみては?と思います。

 

もちろん、まったく面倒な事や問題点がないわけではありません。

事故のリスクはつきまといますし、年末調整などの税務関係は自分でしなければいけませんし、時給制ではありませんから稼げる時期は稼げるが、そうじゃない時は稼げないというネックもあります。

しかし、これらは他のアルバイトをしてもある程度は同じです。

事故のリスクはありますし、税務処理は自分でしなければいけませんし、時給制であっても暇な時期はシフトを減らされますので、どの仕事でも同じです。

 

でも、時間の融通が利きつつシッカリ稼げる副業は?となると、なかなか他には見当たらないと思います。

また、そんな仕事を一つでも確保しておくと、良い相乗効果も期待できます。

 

例えば、パワハラなどのハラスメントで精神が壊れても本業にしがみつかなければいけない・・・なんてことはなくなります。他の仕事(フーデリ配達員)でしばらく食いつなげる算段がつくのですから。

実際にストレスでいっぱいだった仕事と縁を切り、配達員の仕事をしながら次を探している人もいます。

 

収入源が複数あることは自分を守ることになります。

そういう意味でも、フードデリバリー配達員という仕事を持っておくことはオススメしたいな・・・と思う今日この頃です。

ウーバーイーツの配達員というお仕事。
それってどんな仕事?の大雑把な所から、細かい部分までを、ウーバーイーツの配達員を2年以上経験している僕の経験を踏まえて説明をさせていただきます。 ウーバーイーツの配達員とは? 飲食店に入った出前の注文。 その商品を受け取り、お客様の元...
ウーバーイーツの配達パートナー

好きな時間に好きなだけ稼ぐ」を実現できるウーバーイーツ。

  • 時間に縛られない
  • 面倒な上司がいない
  • 自転車かバイクがあればできる
  • 年齢、学歴一切不問
  • 原則、週払い(日払いも可)

そんな働き方ができるウーバーイーツです。
どんな仕事?について経験も踏まえて説明をさせていただきます。

ウーバーイーツ配達員をオススメしたい理由
ツイッターやってます

・年齢:40代半ば
・性別:男
・乗り物:自転車(レンタルの電動自転車)
・地域:大阪市内

運動神経が特別いいわけでもなく、体力も人並みです。

ツイッターやってます
うーどら
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました