3Dプリントが地域製造を再構築し職人技術を蘇らせる可能性

製造

Just like his beloved grandfather, Avi Reichental is a maker of things. The difference is, now he can use 3D printers to make almost anything, out of almost any material. Reichental tours us through the possibilities of 3D printing, for everything from printed candy to highly custom sneakers.

最愛の祖父と同じように、アヴィ・ライヒェンタールはものづくりに精通しています。

違いは、現在では 3D プリンターを使用して、ほぼあらゆる素材からほぼあらゆるものを作成できることです。 Reichental は、プリントされたキャンディーから高度にカスタマイズされたスニーカーに至るまで、あらゆるものについての 3D プリントの可能性について私たちを案内します。

タイトル What’s next in 3D printing
3Dプリンティングの次は何ですか
スピーカー アヴィ・ライヒェンタール
アップロード 2014/09/19

「3Dプリンティングの次は何ですか(What’s next in 3D printing)」の文字起こし

My grandfather was a cobbler. Back in the day, he made custom-made shoes. I never got to meet him. He perished in the Holocaust. But I did inherit his love for making, except that it doesn’t exist that much anymore. You see, while the Industrial Revolution did a great deal to improve humanity, it eradicated the very skill that my grandfather loved, and it atrophied craftsmanship as we know it.

But all of that is about to change with 3D printing, and it all started with this, the very first part that was ever printed. It’s a little older than TED. It was printed in 1983 by Chuck Hull, who invented 3D printing. But the thing that I want to talk to you about today, the big idea that I want to discuss with you, is not that 3D printing is going to catapult us into the future, but rather that it’s actually going to connect us with our heritage, and it’s going to usher in a new era of localized, distributed manufacturing that is actually based on digital fabrication.

So think about useful things. You all know your shoe size. How many of you know the size of the bridge of your nose or the distance between your temples? Anybody? Wouldn’t it be awesome if you could, for the first time, get eyewear that actually fits you perfectly and doesn’t require any hinge assembly, so chances are, the hinges are not going to break?

But the implications of 3D printing go well beyond the tips of our noses. When I met Amanda for the first time, she could already stand up and walk a little bit even though she was paralyzed from the waist down, but she complained to me that her suit was uncomfortable. It was a beautiful robotic suit made by Ekso Bionics, but it wasn’t inspired by her body. It wasn’t made to measure.

So she challenged me to make her something that was a little bit more feminine, a little bit more elegant, and lightweight, and like good tailors, we thought that we would measure her digitally. And we did. We built her an amazing suit. The incredible part about what I learned from Amanda is a lot of us are looking at 3D printing and we say to ourselves, it’s going to replace traditional methods. Amanda looked at it and she said, it’s an opportunity for me to reclaim my symmetry and to embrace my authenticity. And you know what? She’s not standing still. She now wants to walk in high heels.

It doesn’t stop there. 3D printing is changing personalized medical devices as we know them, from new, beautiful, conformal, ventilated scoliosis braces to millions of dental restorations and to beautiful bracings for amputees, another opportunity to emotionally reconnect with your symmetry. And as we sit here today, you can go wireless on your braces with clear aligners, or your dental restorations. Millions of in-the-ear hearing aids are already 3D printed today. Millions of people are served today from these devices. What about full knee replacements, from your data, made to measure, where all of the tools and guides are 3D printed? G.E. is using 3D printing to make the next generation LEAP engine that will save fuel to the tune of about 15 percent and cost for an airline of about 14 million dollars. Good for G.E., right?

And their customers and the environment. But, you know, the even better news is that this technology is no longer reserved for deep-pocketed corporations. Planetary Resources, a startup for space explorations is going to put out its first space probe later this year. It was a fraction of a NASA spaceship, it costs a fraction of its cost, and it’s made with less than a dozen moving parts, and it’s going to be out in space later this year. Google is taking on this very audacious project of making the block phone, the Ara. It’s only possible because of the development of high-speed 3D printing that for the first time will make functional, usable modules that will go into it. A real moonshot, powered by 3D printing.

How about food? What if we could, for the first time, make incredible delectables like this beautiful TED Teddy here, that are edible? What if we could completely change the experience, like you see with that absinthe serving that is completely 3D printed? And what if we could begin to put ingredients and colors and flavors in every taste, which means not only delicious foods but the promise of personalized nutrition around the corner?

And that gets me to one of the biggest deals about 3D printing. With 3D printing, complexity is free. The printer doesn’t care if it makes the most rudimentary shape or the most complex shape, and that is completely turning design and manufacturing on its head as we know it. Many people think that 3D printing will be the end of manufacturing as we know it. I think that it’s the opportunity to put tomorrow’s technology in the hands of youngsters that will create endless abundance of job opportunities, and with that, everybody can become an expert maker and an expert manufacturer.

That will take new tools. Not everybody knows how to use CAD, so we’re developing haptics, perceptual devices that will allow you to touch and feel your designs as if you play with digital clay. When you do things like that, and we also developed things that take physical photographs that are instantly printable, it will make it easier to create content, but with all of the unimagined, we will also have the unintended, like democratized counterfeiting and ubiquitous illegal possession.

So many people ask me, will we have a 3D printer in every home? I think it’s the wrong question to ask. The right question to ask is, how will 3D printing change my life? Or, in other words, what room in my house will 3D printing fit in?

So everything that you see here has been 3D printed, including these shoes at the Amsterdam fashion show. Now, these are not my grandfather’s shoes. These are shoes that represent the continuation of his passion for hyper-local manufacturing. My grandfather didn’t get to see Nike printing cleats for the recent Super Bowl, and my father didn’t get to see me standing in my hybridized 3D printed shoes. He passed away three years ago. But Chuck Hull, the man that invented it all, is right here in the house today, and thanks to him, I can say, thanks to his invention, I can say that I am a cobbler too, and by standing in these shoes I am honoring my past while manufacturing the future. Thank you.

「3Dプリンティングの次は何ですか(What’s next in 3D printing)」の和訳

私の祖父は靴屋でした。昔は、オーダーメイドの靴を作っていました。私は彼に会うことはありませんでした。彼はホロコーストで亡くなりました。しかし、私は彼の作ることへの愛を受け継ぎました。ただし、それはもはやほとんど存在しません。産業革命は人類を大きく向上させましたが、私の祖父が愛したスキルを根絶やしにし、私たちが知っている職人技を衰退させました。

しかし、それはすべて3Dプリントで変わるでしょう。すべてはこれから始まります、これが最初に印刷された部品です。これはTEDよりも少し古いです。これは1983年にチャック・ハルによって印刷され、3Dプリントを発明した人物です。しかし、今日話したいこと、皆さんと議論したい大きなアイデアは、3Dプリントが私たちを未来に飛躍させるということではなく、実際には私たちを私たちの遺産とつなげ、デジタル製造に基づいた新しい時代の地域性のある分散型製造を導入するということです。

役立つものを考えてみてください。皆さんは自分の靴のサイズを知っていますね。でも、自分の鼻の橋のサイズやこめかみの間の距離を知っている人はいませんか?誰かいますか?もし初めて、完璧にフィットし、ヒンジの組み立てが不要で、ヒンジが壊れる心配がないアイウェアを手に入れることができたら素晴らしいと思いませんか?

しかし、3Dプリントの影響は私たちの鼻の先をはるかに超えます。私が初めてアマンダに会ったとき、彼女は下半身が麻痺していてもすでに立ち上がって歩けるようになっていましたが、彼女はスーツが不快だと言いました。それはEkso Bionicsによって作られた美しいロボットスーツでしたが、彼女の体にインスパイアされていませんでした。彼女の体に合わせて作られていませんでした。

だから彼女は私に、もう少し女性らしく、もう少しエレガントで軽量なものを作ってくれるようにと挑戦しました。そして、私たちはいい仕立て屋のように、彼女をデジタルで計測することにしました。そして私たちは計測しました。彼女に素晴らしいスーツを作りました。アマンダから学んだ驚くべきことの一つは、多くの私たちが3Dプリントを見て、これは伝統的な方法を置き換えると考えていると言っています。しかし、アマンダはそれを見て、「これは私が対称性を取り戻し、私の本物らしさを受け入れる機会だ」と言いました。そして、彼女は立ち止まりません。彼女は今、ハイヒールで歩きたいと思っています。

そこで終わりではありません。3Dプリントは、私たちが知る個人用医療機器を変えています。新しい、美しい、適合性のある、通気性のある側彎症用のブレースから、何百万もの歯科修復治療や義足用の美しい装着具まで。対称性との感情的な再接続の機会です。そして、私たちが今ここに座っている間に、クリアアライナーでワイヤレスのブレースや歯科修復治療が可能です。何百万もの耳の中に装着される補聴器がすでに3Dプリントされています。何百万人もの人々がこれらの装置を利用しています。フルニー置換手術はどうですか?あなたのデータから、測定され、すべてのツールやガイドが3Dプリントされたもの。G.E.は、燃料を約15%節約し、航空会社のコストを約1400万ドル節約する次世代のLEAPエンジンを製造するために3Dプリントを使用しています。G.E.にとっては良いことですね?

そして、彼らの顧客や環境にとっても。しかし、もっと嬉しいニュースは、この技術がもはや資金力のある大企業に限定されていないことです。宇宙探査のスタートアップであるPlanetary Resourcesは、今年後半に初の宇宙探査機を打ち上げます。それはNASAの宇宙船の一部であり、そのコストの一部であり、十数個の動く部品で製造されています。そして、今年後半に宇宙に飛び立つでしょう。Googleは、非常に野心的なプロジェクトであるブロックフォン、Araを開発しています。これは、初めて機能的で使用可能なモジュールを製造するための高速3Dプリントの開発によって可能になっています。3Dプリントによって可能にされた本当のムーンショットです。

食べ物はどうですか?美しいTEDテディのような信じられないほどの美味しいものを、初めて食べられるようになったらどうでしょうか?完全に3Dプリントされたアブサンの提供のように、経験を完全に変えることができたらどうでしょうか?そして、材料や色、味をすべての味に入れることができるようになったらどうでしょうか?これは、おいしい食べ物だけでなく、個々の栄養摂取の約束でもあります。

それが3Dプリントに関する最も大きな取引の1つにつながります。3Dプリントでは、複雑さが無料です。プリンターは、最も原始的な形状でも、最も複雑な形状でも、関係ありません。これは、設計と製造を完全に逆転させるものです。多くの人々が、3Dプリントが私たちが知っている製造業の終わりになると考えています。私は、それが明日の技術を若者の手に届け、仕事の機会を無限に生み出す機会であると考えています。そして、それによって、誰もがエキスパートのメーカーとエキスパートの製造業者になることができます。

新しいツールが必要です。CADを使い方を知っている人は皆ではありませんので、私たちは触覚技術、デジタルの粘土で遊ぶかのようにデザインを触って感じることができる感覚デバイスを開発しています。そうすることで、物理的な写真を撮って即座に印刷できるものを開発したり、コンテンツを作成することが簡単になりますが、想像を絶することだけでなく、意図しない問題も発生するでしょう。民主化された偽造や普遍的な不正所持などがその一例です。

たくさんの人が私に尋ねます。「将来、家庭ごとに3Dプリンターが普及するのでしょうか?」と。私は、それが尋ねるべき間違った質問だと思います。正しい質問は、「3Dプリントが私の人生をどのように変えるか?」です。つまり、私の家のどの部屋に3Dプリンターが適しているか、ということです。

ここで見ているすべてのものは、3Dプリントされたものです。アムステルダムのファッションショーで披露されたこれらの靴も含まれます。これらは私の祖父の靴ではありません。これらは、彼の情熱を継承した超ローカルな製造の継続を表す靴です。私の祖父は、最近のスーパーボウルでナイキがクリートを印刷するのを見ることはありませんでした。そして、私の父は私がハイブリッド化された3Dプリントの靴で立っているのを見ることができませんでした。彼は3年前に亡くなりました。しかし、すべてを発明した男、チャック・ハルは今日ここにいます。彼の発明のおかげで、私も靴職人であると言えます。そして、これらの靴に立っていることで、私は過去を称えつつ、未来を製造しています。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました