姪との絆とアイデンティティを守るための瞬間とその重要性

自己啓発
Ash Beckham recently found herself in a situation that made her ask: who am I? She felt pulled between two roles — as an aunt and as an advocate. Each of us feels this struggle sometimes, she says — and offers bold suggestions for how to stand up for your moral integrity when it isn’t convenient.

アッシュ・ベッカムは最近、「私は何者だ?」と自問せざるを得なくなる状況に陥った。

彼女は、叔母として、そして擁護者としてという 2 つの役割の間で板挟みになっていると感じていました。 私たち一人一人が時々この葛藤を感じると彼女は言い、都合が悪いときに道徳的誠実さを守る方法について大胆な提案をします。

タイトル いつ態度を取るべきか、そしていつ態度を緩めるべきか
When to take a stand — and when to let it go
スピーカー アッシュ・ベッカム
アップロード 2015/07/11

「いつ態度を取るべきか、そしていつ態度を緩めるべきか(When to take a stand — and when to let it go)」の文字起こし

This summer I was back in Ohio for a family wedding, and when I was there, there was a meet and greet with Anna and Elsa from “Frozen.” Not the Anna and Elsa from “Frozen,” as this was not a Disney-sanctioned event. These two entrepreneurs had a business of running princess parties. Your kid is turning five? They’ll come sing some songs, sprinkle some fairy dust, it’s great. And they were not about to miss out on the opportunity that was the phenomenon and that was “Frozen.” So they get hired by a local toy store, kids come in on a Saturday morning, buy some Disney swag, get their picture taken with the princesses, call it a day. It’s like Santa Claus without the seasonal restrictions.

And my three-and-a-half-year-old niece Samantha was in the thick of it. She could care less that these two women were signing posters and coloring books as Snow Queen and Princess Ana with one N to avoid copyright lawsuits.

According to my niece and the 200-plus kids in the parking lot that day, this was the Anna and Elsa from “Frozen.” It is a blazing hot Saturday morning in August in Ohio. We get there at 10 o’clock, the scheduled start time, and we are handed number 59. By 11 o’clock they had called numbers 21 through 25; this was going to be a while, and there is no amount of free face painting or temporary tattoos that could prevent the meltdowns that were occurring outside of the store.

So, by 12:30 we get called: “56 to 63, please.” And as we walk in, it is a scene I can only describe you as saying it looked like Norway threw up. There were cardboard cut-out snowflakes covering the floor, glitter on every flat surface, and icicles all over the walls. And as we stood in line in an attempt to give my niece a better vantage point than the backside of the mother of number 58, I put her up on my shoulders, and she was instantly riveted by the sight of the princesses. And as we moved forward, her excitement only grew, and as we finally got to the front of the line, and number 58 unfurled her poster to be signed by the princesses, I could literally feel the excitement running through her body. And let’s be honest, at that point, I was pretty excited too.

I mean, the Scandinavian decadence was mesmerizing.

So we get to the front of the line, and the haggard clerk turns to my niece and says, “Hi, honey. You’re next! Do you want to get down, or you’re going to stay on your dad’s shoulders for the picture?’

And I was, for a lack of a better word, frozen.

It’s amazing that in an unexpected instant we are faced with the question, who am I? Am I an aunt? Or am I an advocate? Millions of people have seen my video about how to have a hard conversation, and there one was, right in front of me. At the same time, there’s nothing more important to me than the kids in my life, so I found myself in a situation that we so often find ourselves in, torn between two things, two impossible choices. Would I be an advocate? Would I take my niece off my shoulders and turn to the clerk and explain to her that I was in fact her aunt, not her father, and that she should be more careful and not to jump to gender conclusions based on haircuts and shoulder rides —

and while doing that, miss out on what was, to this point, the greatest moment of my niece’s life.

Or would I be an aunt?

Would I brush off that comment, take a million pictures, and not be distracted for an instant from the pure joy of that moment, and by doing that, walk out with the shame that comes up for not standing up for myself, especially in front of my niece.

Who was I?

Which one was more important? Which role was more worth it?

Was I an aunt? Or was I an advocate?

And I had a split second to decide.

We are taught right now that we are living in a world of constant and increasing polarity.

It’s so black and white, so us and them, so right and wrong.

There is no middle, there is no gray, just polarity.

Polarity is a state in which two ideas or opinions are completely opposite from each other; a diametrical opposition.

Which side are you on?

Are you unequivocally and without question antiwar, pro-choice, anti-death penalty, pro-gun regulation, proponent of open borders and pro-union?

Or, are you absolutely and uncompromisingly pro-war, pro-life, pro-death penalty, a believer that the Second Amendment is absolute, anti-immigrant and pro-business?

It’s all or none, you’re with us or against us.

That is polarity.

The problem with polarity and absolutes is that it eliminates the individuality of our human experience and that makes it contradictory to our human nature.

But if we are pulled in these two directions, but it’s not really where we exist — polarity is not our actual reality — where do we go from there?

What’s at the other end of that spectrum?

I don’t think it’s an unattainable, harmonious utopia, I think the opposite of polarity is duality.

Duality is a state of having two parts, but not in diametrical opposition, in simultaneous existence.

Don’t think it’s possible?

Here are the people I know:

I know Catholics who are pro-choice, and feminists who wear hijabs, and veterans who are antiwar, and NRA members who think I should be able to get married.

Those are the people I know, those are my friends and family, that is the majority of our society, that is you, that is me.

Duality is the ability to hold both things.

But the question is: Can we own our duality?

Can we have the courage to hold both things?

I work at a restaurant in town, I became really good friends with the busser.

I was a server and we had a great relationship, we had a really great time together.

Her Spanish was great because she was from Mexico.

That line actually went the other way.

Her English was limited, but significantly better than my Spanish.

But we were united by our similarities, not separated by our differences.

And we were close, even though we came from very different worlds.

She was from Mexico, she left her family behind so she could come here and afford them a better life back home.

She was a devout conservative Catholic, a believer in traditional family values, stereotypical roles of men and women, and I was, well, me.

But the things that bonded us were when she asked about my girlfriend, or she shared pictures that she had from her family back home.

Those were the things that brought us together.

So one day, we were in the back, scarfing down food as quickly as we could, gathered around a small table, during a very rare lull, and a new guy from the kitchen came over — who happened to be her cousin — and sat down with all the bravado and machismo that his 20-year-old body could hold.

And he said to her, [in Spanish] “Does Ash have a boyfriend?”

And she said, [in Spanish] “No, she has a girlfriend.”

And he said, [in Spanish] “A girlfriend?!?”

And she set down her fork, and locked eyes with him, and said, [in Spanish] “Yes, a girlfriend. That is all.”

And his smug smile quickly dropped to one of maternal respect, grabbed his plate, walked off, went back to work.

She never made eye contact with me.

She left, did the same thing — it was a 10-second conversation, such a short interaction.

And on paper, she had so much more in common with him: language, culture, history, family, her community was her lifeline here, but her moral compass trumped all of that.

And a little bit later, they were joking around in the kitchen in Spanish, that had nothing to do with me, and that is duality.

She didn’t have to choose some P.C. stance on gayness over her heritage.

She didn’t have to choose her family over our friendship.

It wasn’t Jesus or Ash.

Her individual morality was so strongly rooted that she had the courage to hold both things.

Our moral integrity is our responsibility and we must be prepared to defend it even when it’s not convenient.

That’s what it means to be an ally, and if you’re going to be an ally, you have to be an active ally:

Ask questions, act when you hear something inappropriate, actually engage.

I had a family friend who for years used to call my girlfriend my lover.

Really? Lover?

So overly sexual, so ’70s gay porn.

But she was trying, and she asked.

She could have called her my friend, or my “friend,” or my “special friend” —

or even worse, just not asked at all.

Believe me, we would rather have you ask.

I would rather have her say lover, than say nothing at all.

People often say to me, “Well, Ash, I don’t care.

I don’t see race or religion or sexuality.

It doesn’t matter to me. I don’t see it.”

But I think the opposite of homophobia and racism and xenophobia is not love, it’s apathy.

If you don’t see my gayness, then you don’t see me.

If it doesn’t matter to you who I sleep with, then you cannot imagine what it feels like when I walk down the street late at night holding her hand, and approach a group of people and have to make the decision if I should hang on to it or if I should I drop it when all I want to do is squeeze it tighter.

And the small victory I feel when I make it by and don’t have to let go.

And the incredible cowardice and disappointment I feel when I drop it.

If you do not see that struggle that is unique to my human experience because I am gay, then you don’t see me.

If you are going to be an ally, I need you to see me.

As individuals, as allies, as humans, we need to be able to hold both things:

both the good and the bad, the easy and the hard.

You don’t learn how to hold two things just from the fluff, you learn it from the grit.

And what if duality is just the first step?

What if through compassion and empathy and human interaction we are able to learn to hold two things?

And if we can hold two things, we can hold four, and if we can hold four, we can hold eight, and if we can hold eight, we can hold hundreds.

We are complex individuals, swirls of contradiction.

You are all holding so many things right now.

What can you do to hold just a few more?

So, back to Toledo, Ohio.

I’m at the front of the line, niece on my shoulders, the frazzled clerk calls me Dad.

Have you ever been mistaken for the wrong gender?

Not even that.

Have you ever been called something you are not?

Here’s what it feels like for me:

I am instantly an internal storm of contrasting emotions.

I break out into a sweat that is a combination of rage and humiliation, I feel like the entire store is staring at me, and I simultaneously feel invisible.

I want to explode in a tirade of fury, and I want to crawl under a rock.

And top all of that off with the frustration that I’m wearing an out-of-character tight-fitting purple t-shirt, so this whole store can see my boobs, to make sure this exact same thing doesn’t happen.

But, despite my best efforts to be seen as the gender I am, it still happens.

And I hope with every ounce of my body that no one heard — not my sister, not my girlfriend, and certainly not my niece.

I am accustomed to this familiar hurt, but I will do whatever I need to do to protect the people I love from it.

But then I take my niece off my shoulders, and she runs to Elsa and Anna — the thing she’s been waiting so long for — and all that stuff goes away.

All that matters is the smile on her face.

And as the 30 seconds we waited two and a half hours for comes to a close we gather up our things, and I lock eyes with the clerk again; and she gives me an apologetic smile and mouths, “I am so sorry!”

And her humanity, her willingness to admit her mistake disarms me immediately, then I give her a: “It’s okay, it happens. But thanks.”

And I realize in that moment that I don’t have to be either an aunt or an advocate, I can be both.

I can live in duality, and I can hold two things.

And if I can hold two things in that environment, I can hold so many more things.

As my girlfriend and my niece hold hands and skip out the front of the door, I turn to my sister and say, “Was it worth it?”

And she said, “Are you kidding me? Did you see the look on her face? This was the greatest day of her life!”

“It was worth the two and a half hours in the heat, it was worth the overpriced coloring book that we already had a copy of.”

“It was even worth you getting called Dad.”

And for the first time ever in my life, it actually was.

Thank you, Boulder. Have a good night.

「いつ態度を取るべきか、そしていつ態度を緩めるべきか(When to take a stand — and when to let it go)」の和訳

この夏、私はオハイオに家族の結婚式に戻りました。そこで、『アナと雪の女王』のアナとエルサと出会う機会がありました。といっても、これはディズニー公認のイベントではありませんでした。これは、プリンセスパーティーを運営する二人の起業家のものでした。子供が5歳の誕生日を迎える?彼らが歌を歌い、妖精の粉を振りかけます。とても素晴らしいです。彼らは『アナと雪の女王』の現象を逃すつもりはありませんでした。だから彼らは地元のおもちゃ屋に雇われ、子供たちは土曜日の朝にやってきて、ディズニーのグッズを買い、プリンセスと写真を撮り、それで一日が終わりです。季節限定の制限がないサンタクロースのようなものです。

そして、3歳半の姪、サマンサはその中心にいました。彼女は、これらの二人がポスターやぬり絵本にサインをしていることや、著作権訴訟を避けるためにアナの名前にNが付いていることなど、どうでもよかったのです。

私の姪とその日の駐車場にいた200人以上の子供たちによると、その日のアナとエルサは『アナと雪の女王』のアナとエルサだったということです。オハイオ州の8月の猛暑の土曜日の朝。私たちは10時に到着し、予定の開始時間ですが、私たちには番号59が渡されました。11時までに21から25番までが呼ばれました。これは長い時間になるだろうとわかり、店の外で起こっているメルトダウンを防ぐために、無料の顔絵や一時的なタトゥーなどでも対処できませんでした。

だから、12時半に私たちが呼ばれました。「56から63番までお越しください」と。入店すると、ノルウェーが吐き出したような光景であるとしか表現できません。床はダンボール製の雪の結晶で覆われ、平らな面にはグリッターがまぶしく輝き、壁にはアイシクルがあちこちに飾られていました。私たちは、姪が58番の母親の後ろ姿ではなく、もっといい視点を得るために列に並ぶことを試みました。私は彼女を肩に乗せ、彼女は瞬時にプリンセスたちの姿に夢中になりました。前に進むにつれ、彼女の興奮はますます高まり、ついに列の最前列に到着すると、58番の母親がプリンセスにサインするためにポスターを広げた時、私は彼女の体を通じて興奮を感じました。正直に言って、その時点で私もかなり興奮していました。

北欧の豪華さは魅力的でした。

私たちは列の最前列に到着し、ボロボロの店員が私の姪に向かって言いました。「こんにちは、お嬢ちゃん。次はあなたよ!降りる?それとも写真のためにお父さんの肩に乗っているの?」

そして、言葉を失いました。

予期せぬ瞬間に、私たちは自問する問いに直面します。私は誰なのか?私は叔母なのか?それとも主張者なのか?何百万人もの人々が私の難しい会話の方法についてのビデオを見ており、目の前にはまさにその場面がありました。同時に、私にとって大切なのは生活の中の子供たちであり、私は自分を二つの選択肢、二つの不可能な選択肢の間に置かれた状況に自分自身を見つけました。私は主張者になるのか?私は姪を肩から降ろし、店員に彼女が実際には父親ではなく叔母であることを説明し、彼女に髪型や肩乗りに基づいて性別の結論を急がないように注意を促すべきか ?

そしてそれをする間に、これまでのところ姪の人生で最も素晴らしい瞬間を見逃すことになります。

それとも私は叔母になるのか?

私はそのコメントを無視し、何百万枚もの写真を撮り、その瞬間の純粋な喜びから一瞬も気を散らさずに、特に姪の前で自分自身を守らなかったことに対する恥を抱えて歩み出すのだろうか。

私は誰だったのか?

どちらがより重要だったのか?どちらの役割がより価値があったのか?

私は叔母だったのか?それとも主張者だったのか?

そして、私には一瞬の判断の余地しかありませんでした。

私たちは今、常に増加する極性の世界に生きていると教えられています。

それはとても白黒で、私たちと彼ら、正しいか間違っているか、とても対立的です。

中間がなく、グレーもない、ただの極性です。

極性とは、二つの考えや意見が完全に対照的である状態のことです。直接的な対立です。

あなたはどちらの側に立ちますか?

あなたは無条件に反戦であり、堅実な選択肢、死刑反対、銃規制の推進者、開かれた国境の支持者であり、労働組合の支持者ですか?

それとも、あなたは断固として戦争を支持し、生命を尊重し、死刑支持者であり、第二修正案が絶対であると信じ、移民に反対し、ビジネスの支持者ですか?

全てか、または何もか、私たちはあなたと一緒にいるか、または反対です。

それが極性です。

彼の名前はエディで、エディはホームレスです。

彼の母親は薬物中毒者であり、彼は孤児院で育ちました。エディは、他の人が見落とすものを見つけ、それを生かすのが得意です。私たちはしばしば食べ物を交換し合い、お互いに助け合っています。彼は働き者で、私が働いている店舗でいつも最後まで残ってきれいにします。

先日、エディがひどく悪臭を放っているのを見て、私は心配しました。彼は咳をしており、とても疲れて見えました。私は彼が病気であることを知っていました。私は彼にお金を与え、医者を訪ねるように伝えました。私は心から彼が元気になることを願っています。

私はウェイターで、私たちの関係はとても良かったです。一緒に楽しい時間を過ごしました。

彼女のスペイン語は素晴らしかったです。メキシコ出身だったからです。

実際、その線は逆でした。

彼女の英語は限られていましたが、私のスペイン語よりもはるかに上手でした。

しかし、私たちは類似点によって団結し、違いによって分断されることはありませんでした。

私たちは異なる世界から来ていましたが、とても仲が良かったです。

彼女はメキシコ出身で、家族を置いてここに来て、彼らに祖国でより良い生活を提供できるようにしました。

彼女は熱心な保守的なカトリック教徒であり、伝統的な家族価値観、男性と女性のステレオタイプの役割を信じていました。私は、まあ、私です。

しかし、私たちを結びつけたのは、彼女が私の彼女について尋ねたり、彼女が故郷の家族から持っていた写真を共有したときでした。

それらが私たちを結びつけたものでした。

ある日、私たちは珍しい静けさの中、小さなテーブルの周りに集まって、食べ物を急いで食べていました。そのとき、キッチンから新しい男性がやって来て、彼女の従兄弟であることがわかりました。彼は自信に満ち、マキシモの体が持てる限りのカッコつけをして、私たちのそばに座りました。

彼は彼女に尋ねました、「アッシュに彼氏はいるの?」

彼女は答えました、「いいえ、彼女には彼氏ではなく、彼女には彼女がいるの。」

彼は驚いて、「彼女が?!」

彼女はフォークを置いて彼と目を合わせ、「はい、彼女がいるの。それだけです。」

彼の得意げな笑顔はすぐに母親の尊敬の表情に変わり、彼はお皿を持って去り、仕事に戻りました。

彼女は私と目を合わせませんでした。

彼女は去り、同じことをしました。10秒ほどの会話で、短いやり取りでした。

書面上では、彼女は彼とはずっと共通点がありました。言語、文化、歴史、家族、彼女のコミュニティはここでの彼女の生命線でしたが、彼女の道徳的な羅針盤がそれらすべてを凌駕しました。

しばらくして、彼らはキッチンでスペイン語で冗談を言い合っていました。それは私とは何の関係もなく、それが双子性です。

彼女は、彼女の文化的な遺産よりもゲイに関する正しい態度を選ぶ必要はありませんでした。

彼女は友情よりも家族を選ぶ必要はありませんでした。

それはイエスかアッシュかではありませんでした。

彼女の個々の道徳は非常に強く根付いていたので、彼女は両方のことを持つ勇気を持っていました。

私たちの道徳的な誠実さは私たちの責任であり、それを守る準備をしなければなりません。便利でない場合でもそれを守る必要があります。

それが味方であることを意味し、もし味方でありたいのであれば、積極的な味方でなければなりません:

質問をする、不適切なことを聞いたら行動する、実際に関与する。

私には何年もの間、私のガールフレンドを私の恋人と呼ぶ習慣があった家族の友人がいました。

本当に?恋人?

あまりにも性的で、まるで70年代のゲイポルノのようでした。

でも彼女は努力していたし、質問をしました。

彼女は彼女を私の友人と呼んでもよかったし、または「友達」と呼んでもよかったし、または「特別な友達」と呼んでもよかった —

それどころか、最悪なのは、まったく尋ねられないことです。

信じてください、私たちは尋ねてほしいです。

彼女が何も言わないよりも、彼女が恋人と言ってくれる方がいいです。

人々はよく私に言います。「まあ、アッシュ、私は気にしません。

人種や宗教、性的指向を見ないようにしています。

私にとっては関係ありません。それを見ていません」

でも私は、同性愛嫌悪や人種差別、排外主義の反対は愛ではなく、無関心だと思います。

もし私のゲイであることを見ないなら、あなたは私を見ていません。

私が誰と寝ているかがあなたにとって重要でないなら、私が深夜に彼女の手を握って歩いているとき、人々の集まりに近づくときにどのように感じるか想像できないでしょう。手を握りしめたいと思うのに、それをもっと強く握るか、手を離すかを決めなければならない瞬間を。

そして、そのまま通り過ぎて手を離さなくてすむ小さな勝利を感じること。

手を離すときの信じられないほどの臆病さと失望を感じること。

もしあなたが私がゲイであるために私だけの人間の経験に固有の苦闘を見ないのであれば、あなたは私を見ていません。

もしあなたが味方でありたいのであれば、私を見てほしいのです。

個々の人として、味方として、人間として、私たちは両方を持つことができるようになる必要があります。

良いことと悪いこと、簡単なことと難しいこと。

二つのものを持つことを学ぶのは、甘いものだけでなく、砂利からです。

もし双対性がただの第一歩ならどうでしょう?

同情心や共感、人間の相互作用を通じて、私たちは二つのものを持つことを学ぶことができるでしょうか?

二つのものを持つことができれば、四つも持つことができ、四つを持てば八つも持て、八つを持てば何百も持てるでしょう。

私たちは複雑な個人であり、矛盾の渦です。

皆さんは今、たくさんのものを抱えています。

あなたはもう少し多くのものを抱えるために何ができるでしょうか?

さて、トレド、オハイオに戻ります。

私は列の前に立ち、姪が肩に乗っています。混乱した店員が私を父と呼びます。

間違った性別と間違われたことがありますか?

それどころか。

あなたが本当の自分ではないと呼ばれたことがありますか?

私にとってはどう感じるかを説明しましょう:

私は一瞬で相反する感情の内部の嵐になります。

怒りと屈辱の組み合わせの汗が出てきます。店の全員が私を見ているような気がしますが、同時に透明な存在でもあります。

怒りの爆発や岩の下に這いつくばることがしたいです。

それに加えて、このようなことが起こらないように、私はキャラクター外のきつくフィットした紫色のTシャツを着ていることに対する不満があります。

しかし、私が自分の性別として見られるよう最善を尽くしても、それはまだ起こります。

そして、私の姉妹でも、彼女でも、特に姪が聞いていないことを心から願っています。

この馴染みのある傷を受け入れていますが、私は愛する人々をそれから守るために必要なことは何でもします。

しかし、それから私は姪を肩から下ろし、彼女はエルサとアナに駆け寄ります?彼女がずっと待ちわびていたこと?そして、それらのことはすべて消え去ります。

大事なのは彼女の顔に浮かぶ笑顔だけです。

そして、2時間半待った30秒が終わると、私たちは荷物をまとめ、再び店員と目を合わせます。彼女は謝罪の笑顔を浮かべて、「ごめんなさい」と口にします。

彼女の人間性、彼女が間違いを認める意志が、私をすぐに和ませます。それから私は、「大丈夫です。それは起こります。でも、ありがとう」と言います。

そして、その瞬間に気づきます。私は姪かアドボケートのどちらかである必要はありません。私は両方でいられます。

私は双対性の中に生きることができ、二つのものを抱えることができます。

そして、その環境で二つのものを抱えることができれば、もっとたくさんのことを抱えることができます。

私の彼女と姪が手をつなぎながらドアの前を飛び出す中、私は姉妹に向かって、「それは価値があったかな?」と言います。

そして彼女は言います。「冗談でしょ?彼女の顔を見た?これが彼女の人生で最も素晴らしい日だったのよ!」

「暑さに2時間半、高価なぬり絵の本、それは既にコピーを持っていたのに、その価値があった」

「それは、あなたが父と呼ばれることさえ価値があった」

そして私の人生で初めて、それは実際にそうでした。

ありがとう、ボルダー。良い夜を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました