あなたの情熱をキャリアに変える方法

仕事

What’s your passion? Social entrepreneur Noeline Kirabo reflects on her work helping out-of-school young people in Uganda turn their passions into profitable businesses — and shares the two questions you can ask yourself to begin doing the same.

あなたの情熱は何ですか?社会起業家ノエリン・キラボは、ウガンダの学校に通っていない若者たちが情熱を収益性の高いビジネスに変えるのを支援した自身の活動を振り返り、同じことを始めるために自分自身に問いかけることができる 2 つの質問を共有します。

タイトル 2 questions to uncover your passion – and turn it into a career
あなたの情熱を明らかにし、それをキャリアに変えるための2つの質問
スピーカー ノエリン・キラボ
アップロード 2020/04/24

「あなたの情熱を明らかにし、それをキャリアに変えるための2つの質問(2 questions to uncover your passion – and turn it into a career)」の文字起こし

When you have a job that covers your basic needs and allows for some extra spending, it’s assumed you’d be happy or fulfilled. Leaving such a job to pursue a passion seems unthinkable. Yet, six years ago, that was my dilemma. Despite having a comfortable job and life, I felt unfulfilled. There was a misalignment between my daily activities and what truly mattered to me. So, I made the bold decision to quit and explore bringing my passion into my daily routine.

Finding your passion isn’t straightforward, even for those with financial security and degrees. At 30, I talked about turning my passion into a career, which raised eyebrows. Some said, “You don’t talk about passion until you’ve made enough money or until retirement.” There’s a notion that only the rich or retired can afford the luxury of introspection and fulfillment.

Many of us are conditioned to see life as a survival race. In Africa, we’re taught to excel in school, get a job, and stick with it, regardless of satisfaction. As a dropout, I knew every opportunity was a privilege. Quitting my job was risky, given the limited options presented to me in Africa – vocational training or settling for any job offer.

Disappointed by the lack of options in vocational institutions, I explored online courses and built my CV. After eight years of employment, I realized there must be more to life than routines. In 2014, I founded Kyusa to empower out-of-school youth to turn their passions into successful businesses.

Passion, often misunderstood, is the collection of life experiences that bring deep fulfillment. To identify it, introspection is key. We ask two reflective questions: What would you do with unlimited time and money? What brings you deep joy and fulfillment? Many struggle to answer because they’ve never paused to consider. Identifying what truly brings fulfillment guides us towards our passion.

And just in case you’re wondering what your answers are to those two questions, I invite you to sit with these questions later and just reflect about it. However, I am also aware that passion alone cannot guarantee success in life. And I should note that not every passion can become a career. For passion to become a career, it must be coupled with the right set of skills, conditioning, and positioning.

So when we get our young people to look inward, we also ask them what skills do you have, what talents do you have, what experience do you have that you can use to build a niche in the marketplace. But more than that, we also look at the market trends because it doesn’t matter how much you love and enjoy it. If nobody wants it or is willing to pay for it, it can’t be a career. It’s just a hobby. And the third thing we look at is how do you position yourself? Who are you targeting? Who do you want to sell to? Why would they want to buy from you? And so the combination of the three is what enables you to move from just a passion to a business.

And many of our young people have been able to turn their ideas and burning desires into profitable businesses or social enterprises, and they’re not just creating jobs, but they are solving societal challenges. I’ll share with you two examples.

One of them is Esther. I met Esther two years ago. She had been out of school for two years, and she had been deeply affected by her dropping out. As a result, she had experienced severe depression to a point where she attempted to take her own life several times. Her friends and family didn’t know what to do for her. They simply prayed for her. When I met Esther and I started to converse with her, I asked her a simple question. I said, “If you had all the time and the money in the world, what would you do?” Without thinking or hesitation, her eyes lit up and she began to tell me how she wanted to change the lives of young people. She wanted to restore hope and dignity to other teenagers by helping them make informed decisions about life. I was certain of the fact that this burning desire in her was unquenchable. And so we worked with Esther to put a framework around this desire. Today, she runs a social enterprise in her village, raising awareness about substance abuse, mental health, sexual reproductive health, and is helping other school dropouts acquire vocational skills, so they can make a living for themselves. Esther turned 20 this year, and for the last two years, she has organized an annual teen fest that brings together over 500 teenagers.

Young people that are able to network and collaborate on different projects, but more importantly to meet professionals they would otherwise never have met. This is all engineered by a girl that believed the world had no room for her, that without education she would never amount to anything. But by looking inward and tapping into a burning desire, putting structure around it, it has become a model that not only changed her life but is transforming the lives of hundreds of young people every year.

My other example is Musa. Musa is a natural artistic guy. He’s the kind that would look at any design and replicate it with ease. And so he seeks to recognize that ability in him. When I met Musa, he was doing all kinds of crafts — bags, belts, wallets — but it was more of a part-time thing. Or sometimes, if he was really broke and needed to make quick money, then he would come up with a design and sell it. But he had never thought of it as a business. We started working with Musa, helping him shift his mindset from a hobby to a business and beginning to rethink how he can make products that he could sell and even be able to scale. Musa makes some of the most amazing bags I’ve ever seen, and over the last one year, Musa’s business has grown. He has been recognized in different places. Currently, he’s talking about exporting to developed countries. Musa, like any other dropout, believed that without academic credentials, he wouldn’t amount to anything. He thought the talent he had was nothing simply because he did not have an academic paper to define him. But by looking inward and finding that what he had was the greatest asset and supporting him to turn it into a business, he’s not just living — he’s thriving.

The thing about looking inward is that it can be scary, especially if you’re doing it for the first time. But the truth is you never truly start living until you learn to live from the inside out. And in unlocking potential, we need to look inward to identify the things that give us a deep sense of fulfillment, the things that give us the deepest joy, and then weave them into the patterns of our daily routines. In so doing, we cease to work and we start to live. And the thing about living is that you never have to retire or to resign.

And so as you think about unlocking potential for ourselves, for our young people, for our children, let’s not condition them to look outward but condition them to look inward to tap into who they are and bring that self into what they do every day. When you cease to work and you live, when passion becomes a career, you don’t just excel, you become unstoppable.

Thank you.

「あなたの情熱を明らかにし、それをキャリアに変えるための2つの質問(2 questions to uncover your passion – and turn it into a career)」の和訳

生活を維持し、請求書を支払いながらもまだ使えるお金が残ると、人々は幸せで充実していると思われがちです。しかし、私は違っていました。快適な仕事に就いていたし、快適な生活も送っていましたが、私にはもっとしたいことがありました。日頃の活動と心を深く動かされることとの間にズレを感じ、仕事を辞めてパッションを追求する決断をしました。

自分のパッションを見つけるのは簡単ではありません。お金や学位を持っていても、パッションを特定することは難しいのです。30歳の時、私はパッションを見つけてそれをキャリアにしようと口にしましたが、周りからは「パッションを語る前に十分に稼がないと(笑)少なくとも引退する準備が出来てからだね」と言われました。

しかし、私はこれに疑問を感じました。なぜなら、パッションはお金持ちや引退後にしか経験できない楽しみではないはずだからです。多くの人々は、「人生は生存競争だ」と捉え、生き残ることに全力を尽くすべきだと思い込まれています。しかし、私は中退者であり、自分には何の権利もないと分かっていました。どんなチャンスも特権であり、仕事を辞めることは大きなリスクでした。

アフリカでの選択は2つありました。まずは職業訓練校に進むこと。それとも、ただとにかく働くこと。どんな過酷な状況でも、ただ働くことです。多くのアフリカの若者が、良い条件を求め過ぎて人身売買に巻き込まれることもあるでしょう。私は最初の選択肢を選びました。いくつかの職業訓練校を見て回り、自分に合うコースを見つけ、夢や希望を追い求めました。

しかし、その訓練校には私と同じような志を持つ人はいないことに気づき、がっかりしました。教育制度は予め定められたパターンに沿って育てるもので、それに適応しないとはみ出し者と見なされます。学校で得たのは、ただ与えられた枠内で物事を考えることだけ。しかし、私は中途半端なことは嫌いで、新たな可能性を見出しました。何にでもなれるし、何でも学べることに気づいたのです。無料のオンライン・コースを利用してスキルを磨き、仕事に就いて8年間働きました。

8年が過ぎ、自分に問いかけました。「これだけが人生か?」日常のモノトーンなルーチンだけでは満足できません。そこで、2014年にKyusaという団体を立ち上げました。学校に行っていない若者と共に活動し、彼らに自信を与え、彼らの情熱をビジネスに変えることを目指しています。

情熱とは何か、という話になると、よく質問されることがあります。「情熱って何?どうやって見つければいいの?」。簡単に言えば、情熱とは人生の経験から心からの満足感を得ることです。情熱を見つけるためには、自分自身と向き合うことが必要です。ですから、自分に2つの質問を投げかけます。

最初の質問は、『世界中の時間とお金を手に入れたら何をして過ごしますか?』です。これは簡単な質問だと思うかもしれませんが、答えるのに苦労する人が多いです。なぜなら、考えたことがないからです。

2つ目の質問は、『あなたは何に幸福感を感じますか?』または『心から充実感を感じるのはどんなことですか?』です。『どんなことで幸せを感じるか』は誰もが知っているように思えますが、実は、幸せをもたらすものが何か全く分からない人が沢山います。生活のルーチンに追われているうちに、立ち止まって心の内側を覗いたことがないからです。

心から充実感を感じる物事、深い喜びを感じる物事を見つけることが、自分のパッションの道標になります。そして、もし先ほどの2つの問いに答えあぐねるなら、これらの問いについて後程じっくりと考えてくださいと言いますが、パッションだけで人生で成功する保証はありません。

そして、パッションが必ずしもキャリアに繋がるわけでもありません。パッションをキャリアにするためには、適切な技能や条件、差別化などを組み合わせる必要があります。若い人に自分の内面を見つめるように言う時には、どんなスキルがあり、どんな才能があり、どんな経験があるのかも聞き、市場で適所を構築するために役立てます。

しかし、それ以上に大切なのは、市場のトレンドを見ることです。どんなに好きで楽しくても、誰も欲しいと思わなかったりお金を払ってくれなかったりすれば、キャリアにはなりません。単なる趣味に留まります。

3つ目に検討するのは、差別化です。ターゲットは誰なのか?誰に売りたいのか?どうしてあなたから買いたいと思うのか?つまり、この3つが組み合わさることにより、パッションがビジネスになるのです。

多くの若者が自分のアイデアや本当にしたいことを収益性のあるビジネスや社会事業に活かしています。これによって、単に雇用を創出するだけでなく、社会問題を解決しているのです。2つの事例をご紹介します。

まずは、エスターです。彼女に出会ったのは2年前でした。彼女は学校を辞めて2年が経ち、中退したことで深く悩んでいました。その結果、重いうつ状態になり、何度も自殺を試みるほどでした。友人や家族はどうすべきか分からず、彼女のためにただ祈るばかりでした。

私はエスターに会って、彼女と話を始めた際に簡単な質問をしました。『もし世界中の時間とお金を手に入れたら何をしますか?』彼女は考えることも躊躇うこともなく、目を輝かせて語り始めました。彼女は若い人々の人生を変えたいと、10代の人々の希望と尊厳を取り戻したいと強く願っていました。

彼女の強い思いを感じ、私は彼女と力を合わせて、彼女の意欲に枠組みを作りました。現在、彼女は自分の村で社会事業を営んでいます。薬物乱用や精神衛生、性と生殖に関する健康の認識を広め、学校を中退した人々の職業に必要な技術習得を支援し、自活できるようにしています。

エスターは今年20歳になり、この2年間は年に1回、10代向けのイベントを企画し、500人を超える10代の若者が一堂に会します。

若い人々が色々なプロジェクトでネットワークを広げ、協働し、何よりも他では出会えないような専門家に会えるのです。世界に居場所がないと信じていた少女が、一人でこれをすべて企画しました。教育を受けていなかった彼女は何も出来ないと思っていたのです。しかし、自分の内面を見つめ、強い意欲を引き出し、その意欲に枠組みを与えることにより、お手本を作り、彼女自身の人生のみならず、毎年何百人もの若者の人生を変えているのです。

もう1人の事例は、ムサです。ムサは生まれながらのアーティストです。彼はどんなデザインも見るだけで簡単に真似できます。だから、その自分の能力の価値を認めようとしています。私が会った時のムサは、色々な工芸品を作っていました。バッグ、ベルト、財布などです。でも、パートタイムのような感じでした。本当にお金が無くなり、直ぐに必要な時には、デザインを思いついてはそれを売っていました。しかし、ビジネスという捉え方はしたことがありませんでした。

ムサとの協力を開始し、趣味からビジネスに考えを変える手助けをし、売れる製品をどう作るかを改めて考え始めました。事業規模の拡大の仕方もです。ムサが作るバッグは、私がこれまで見た中で何本かの指に入る素晴らしさです。

この1年間、ムサのビジネスは成長しました。各地で認められ、今や先進国への輸出も考えています。ムサもまた中退者だったので、学歴がない自分は何も出来ないと信じていました。『自分には才能なんてない』と考えていました。卒業証書がないために自分はダメなんだと思っていたのです。しかし、内面を見つめ、すごい能力があると気づき、彼を支援してそれをビジネスにしました。彼は生計を立てるどころか大繁盛しているのです。

自分の内を見つめることは怖いかもしれません。初めての時はなおさらです。でも、本当の意味で生き始めるためには、内に秘めた本心を表に出して生きる術を学ぶしかないのです。可能性を解き放つためには、自分の内に目を向け、心からの充実感を与えてくれるものを特定する必要があります。最も深い喜びは何なのか、それを決まりきった日常に織り込みます。そうするなかで私たちは働くのを止め、生き始めるのです。生きていくっていうことには退職も辞職もありません(笑)(拍手)

自分自身や若い人達、子供達の可能性を解き放つことを考える時、外を見るのではなく内を見ることを身につけ、本当の自分の力を日頃の生活に生かしましょう。仕事をするのを止め、生きることを始め、パッションがキャリアになれば、周りから抜きん出るどころか、あなたは誰にも止められません。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました